瓔珞

あらすじ

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>」6・7・8・9・10話あらすじとネタバレ

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」は 18世紀の大清帝国が舞台。 第6代皇帝・乾隆帝のもと最盛期を迎えていました。 魏瓔珞は姉の復讐のため女官になりました。 ところが瓔珞は錦繍と方女官から侍衛とあいびきしていたと...
あらすじ

瓔珞<エイラク>1・2・3・4・5話あらすじとネタバレ

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」は 18世紀の大清帝国。 第6代皇帝・乾隆帝のもと最盛期を迎えていました。 そんな華やかな時代に宮廷で繰り広げられる争いを描いたのが「瓔珞<エイラク>紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」です...
1.3 清の皇子・男の皇族

永璂|乾隆帝の十二皇子は輝発那拉氏の事実上の廃位で人生が狂わされた

愛新覚羅 永璂は乾隆帝の十二皇子。永璂の爵位は貝勒(ベイレ)。 母は継皇后 輝発那拉(ホイファナラ)氏。那拉(ナラ)氏、烏拉那拉(ウラナラ)氏と呼ばれることもあります。 永璂は皇后の息子として将来を期待されていたはずですが。 母・輝發...
1.2 清の皇后妃嬪皇太后

瑞貴人 索綽羅(ソコロ)氏 は令妃に仕えた薄命の側室

瑞貴人 索綽羅(ソコロ)氏は清朝の第代皇帝・乾隆帝けんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」や「如懿傳」では瑞貴人 索綽羅氏として登場します。 令妃の侍女のような役目で宮中に入ってきて宮中にいた期間も短い。 妃嬪たちの争いにはほ...
1.5 清の重臣・役人・男達

那爾布(ナルブ) 継皇后(嫻妃)那拉氏の父とは?

那爾布(ナルブ)は清朝の役人。 乾隆帝の嫻妃で皇后にもなった輝発那拉(ホイファナラ)氏の父親です 雍正帝時代に満洲鑲藍旗 の 佐領という集団の長官をしていた人物です。大物政治家でも将軍でもありません。 那爾布の娘が皇后になったことで名...
1.5 清の重臣・役人・男達

高恒 高貴妃の兄弟は汚職事件で乾隆帝を激怒させた

高恒 は清朝の第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうてい時代の役人。 慧賢皇貴妃 高氏(高貴妃)の兄弟です。 乾隆帝からも大事にされましたが。塩商人と癒着して巨額の汚職事件を引き起こして処刑されます。 史実の 高恒(こう こう) はどんな人物だ...
1.5 清の重臣・役人・男達

高斌・高貴妃の父は治水の専門家

高斌 は清朝の第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうてい時代の役人。 慧賢皇貴妃 高氏(高貴妃)の父親。 「河道総督」という役職を務め治水対策で成果をあげました。 史実の 高斌(こう ひん) はどんな人物だったのか紹介します。 高斌 の史実 ...
1.2 清の皇后妃嬪皇太后

儀嬪 黄氏・乾隆帝の即位後に死亡した側室第一号

儀嬪 は清朝の第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では 怡嬪 「如懿傳」では 儀貴人・黃綺瑩 として登場します。 愛新覚羅 弘暦の親王時代からの側室です。弘暦が皇帝になったあとも存命していました。儀嬪の正式...
1.6 清の福普・夫人・女達

福晋那拉氏・爾晴のモデルになった傅恒の正妻は不倫した?

福晋 那拉氏(フージン・ナラ氏)は清朝の傅恒(ふこう)の正妻。 福晋(フージン)というのは王族の正妻に与えられる称号です。那拉氏は重臣の正妻ですが死後、特別に与えられました。 傅恒(ふこう)は第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうていのに仕えた重...
1.5 清の重臣・役人・男達

葉天士 は努力家で医術に厳しい清朝最高の名医

葉天士は 清朝時代の医者。 中国医学(漢方医学)の発展に貢献しました。人びとからは「天から降りてきた医者」ともよばれ、清朝時代に非常に評判の高かった医師です。 「瓔珞<エイラク>」では 瓔珞に招かれて宮中で治療を行ったりしています。 ...
タイトルとURLをコピーしました