中国ドラマ「黄泉がえりの皇妃」21・22・23・24・25話あらすじとネタバレ

黄泉がえりの皇妃0 あらすじ

中国ドラマ「黄泉がえりの皇妃 〜鳳凰の涙〜」あらすじとネタバレです。

龍騰大陸という架空の中華世界では大楮(だいちょ)、大蜀、南峪の三国が勢力争いをしていました。

姚莫婉は竇香蘭を呼び出し恨みをぶつけますが、話せば話すほど感情が高ぶり莫心なのかわからなくなってしまいます。竇香蘭は眼の前にいるのは姚莫婉ではなく姚莫心だと知り倒れてしまいます。

姚素鸞は皇帝の子を身籠りました。皇帝・夜鴻弈は喜んで皆に姚素鸞を大事にするように命令します。

夜、姚素鸞は母が亡くなったことを知り打ちひしがれました。姚素鸞は自分の子を使って再び権力を手に入れ姚莫婉を倒そうと決意するのでした。

姚莫婉としても竇香蘭は死んだもののまだ納得がいきませんでした。

 

スポンサーリンク

主なキャスト

夜君清(や・くんせい)
演:陳哲遠(チェン・チョーユアン)
肅親王。大楮皇帝の弟。

姚莫婉(よう・ばくえん)
演:李墨之(リー・モージー)
姚家の三女。

夜鸂奕(や・こうえき)
演:張峻寧(チャン・ジュンニン)
大楮国の皇帝。

姚素鸞(よう・そらん)
演:張璇
大楮皇帝 夜鸂奕の側室、麗妃

姚莫心(よう・ばくしん)
演:程硯萩(チェン・イエンチュウ)
大楚皇后。皇帝 夜鸂奕の妻。

第21話 執念の策謀

 

彩蛍は姚素鸞の行いを恨んでいました。そこで毎日、あるお香の染み込んだ櫛で髪をすいていました。姚素鸞はほとんど毎晩のように悪夢を見るようになり、夢に姚莫心が出てきてうなされるのでした。

そんなとき王沁若は姚素鸞を訪ねました。王沁若は姚素鸞の様子がおかしいのに気が付きます。そこであることをたくらみ、配下の者に宮中の外から堕胎薬と幻覚薬を取り寄せるように命じました。

夜君清、夜鴻弈たちが出席する宮中の宴席の場で王沁若は姚素鸞に薬を飲ませ。姚莫婉は姚莫心に似ていると耳元でささやくのでした。

姚素鸞は幻覚を見て、姚莫婉を指っして姚莫心の名を呼び姚莫婉に掴みかかりました。二人はもみ合っているうちに姚素鸞の下半身からは血が流れ落ち、姚素鸞は流産してしまいます。

 

第22話 将軍の来臨

 

娘の淑妃が牢に入れられました。父親の敦親王は皇帝に娘の命乞いをするのですが淑妃の罪は重く・・・そこで敦親王はある人物を頼ります。

一方。先帝の時代に活躍した将軍に洛浜という人物がいました。でも突然引退して今はひっそりと暮らしています。

洛浜は敦親王から宮中で起きている様々な出来事を聞き。姚莫婉に原因があるのではないかと疑います。そして洛浜は久しぶりに朝廷に復帰します。

洛浜が調べてみると確かに姚莫婉が入宮して以来様々なことが起きていました。姚莫婉と夜君清の噂も聞きました。姚莫婉は夜鴻弈を裏切り夜君清とできているのではないかとも思いました。

洛浜は皇帝・夜鴻弈に姚莫婉が宮中を乱すので手放すように言いますが。夜鴻弈は彼女をかばいます。皇帝の様子をみた洛浜は姚莫婉に心を奪われていると思うのでした。

 

スポンサーリンク

第23話 皇帝の秘密

 

洛浜は姚莫婉さらって殺そうとしましたが。皇帝・夜鴻弈にみつかって阻止されました。

皇帝は洛浜を呼び出して自害するように命じます。しかし洛浜は自害を拒否。夜鴻弈の出生に関わる秘密をうちあけました。夜鴻弈は洛浜の話は嘘だと思いましたが。本当かもしれないとも思いショックを受けました。もしそれが明らかになれば自分の立場は危なくなります。

ところがその話を殷雪が聞いていました。姚莫婉は殷雪からその話を聞くと、これは利用できると思いさらに広めました。

噂は宮中に広まってしまい皇帝・夜鴻弈は動揺して取り締まるように命令します。

噂が広まるにつれて夜鴻弈は不安にとらわれました。自分の立場を守るためには何ふりかまってられません。そこで夜鴻弈は洛浜を太后の位牌の前の呼び出しました。そして洛浜を父と呼び酒を飲ませました。洛浜は夜鴻弈と抱き合い、大楮を守るようにと願いを残して息絶えました。

 

第24話 大蜀の皇太子

 

皇帝は連の町を制圧、弱体化した南峪を一気に攻めようとします。

夜君清が南峪との戦いに出陣。皇帝はこの戦いを利用して夜君清を亡き者にしようと考えていました。

夜君清は敵に包囲されていると知らせが来ますが、皇帝は援軍を出そうとしません。皇帝と姚莫婉が言い争っていると宮殿に悲しい知らせが届きました。

夜君清が戦死したというのです。姚莫婉は最愛の人を亡くして悲しみました。そして姚莫婉は夜君清と一緒に死にたいと思って連城に向かいました。

姚莫婉は苦労の末、連城に到着しました。ところがなんとそこでは奇跡的に生きていた夜君清と出会うのでした。

夜君清は、皇帝・夜鴻弈は自分が死ぬまで追加の兵は送らないだろうと思い、偽の死の報告を送ったのです。

やがて夜君清が生きていることは皇帝にも伝わりました。降伏しなければ連の町を血祭りにあげると言う皇帝に、姚莫婉は大蜀に助けを求めようとするのですが。

 

第25話 命を守る婚礼

 

皇帝は病にかかった大緒の兵を焼き殺しました。酷い仕打ちに激怒するものの気を失ってしまう姚莫婉。

一方、皇帝は夜君清を命令違反を理由に処刑しようとしましたが。死刑執行されようというそのとき。唅月公主と長風公主がやってきて和平の話を持ち出します。長風公主 段婷婷は父の南峪王に和平の手紙を書かせました。南峪王は娘の命を救うため和平に応じることにしました。

大楮と南峪の和議が成立。皇帝・夜鴻弈は先帝もできなかった偉業に満足。皇帝・夜鴻弈は夜君清を南峪の王女と結婚させることにしました。

元気を落とした夜君清が一人で酒を飲んでいると段婷婷がやってきました。彼女はずっと夜君清が好きでした。段婷婷は夜君清に自分のネックレスを贈ろうとしました。南峪では求婚の証でした。夜君清は段婷婷には感謝しつつネックレスの受け取りを拒否しました。夜君清は姚莫婉を深く愛しているからです。

でも段婷婷は夜君清を諦めることはできません。段婷婷は夜君清のために菓子を作り薬を混ぜました。そのケーキを夜君清に食べさせました。

その薬のせいで夜君清は性格が変わってしまいます。姚莫婉に冷たくなり、段婷婷に優しくなってしまいます。

そしてついに段婷婷と夜君清が結婚する日がやってくるのですが。

 

 

・26・27・28・29・30話あらすじとネタバレ

 

・「黄泉がえりの皇妃」あらすじ全話リスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました