2018-01

スポンサーリンク
1.1 李氏朝鮮の国王

純祖(スンジョ)民衆が疲弊する暗黒時代の始まり

純祖(スンジョ)は李氏朝鮮の23代国王。イ・サンの最後の方で世子として登場し、雲が描いた月明かりでは王様として登場する純祖。 王としての力はなく、外威(王妃や大妃の親兄弟・親戚)が権力を独占する世の中になりました。一部の権力者が政治を独占...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

神徳王后康氏(カン氏)朝鮮最初の王妃は太宗によって降格になった

神徳王后康氏は李氏朝鮮最初の王妃です。  李成桂には二人の妻がいました。2番の妻が康氏です。李氏朝鮮を建国したときには1番目の妻・韓氏は亡くなっていたからです。 自分の息子を王にしようとしました。韓氏の息子、李芳遠たちによって神徳王后の...
1.3 李氏朝鮮の王子・王女

イ・ヨン(孝明世子)雲が描いた月明りに登場の王子とは

雲が描いた月明かりに登場するイ・ヨンは実在の人物。孝明世子(ヒョンミョンセジャ)といいます。 孝明世子は聡明な人物で王になれば名君になっただろうと言われる人です。 「雲が描いた月明かり」はすべて作り話でドラマにあるようなエピソー...
4.4 元・モンゴル帝国

タナシルリ(ダナシュリ)・奇皇后を虐待した元の皇后

タナシルリ(ダナシュリ)はモンゴル帝国(大元)15代皇帝トゴン・テムルの皇后。 トゴン・テムルの妃は奇皇后が有名です。タナシルリ(ダナシュリ)は奇氏が皇后になる前に、第一皇后だった実在の女性です。 当時、皇帝を凌ぐ権力をもっていたエル・...
4.4 元・モンゴル帝国

奇皇后・元の第一皇后になった実在の高麗人

  奇皇后は高麗出身の女性で元の皇后になった実在する人物です。歴史上は「完者忽都皇后奇氏」とも書きます。 元(モンゴル帝国)の15代皇帝・恵宗トゴン・テムル(順帝ともいいます、ドラマ「奇皇后」ではタファン)の妃になりました。 元出...
0 ドラマが分かる歴史の知識

太王四神記に登場するチュシンの国はどんな国?

ペ・ヨンジュン主演の太王四神記には「チュシンの国」という古代国家が登場します。 朝鮮の歴史にもない架空の国です。 でも太王四神記オリジナルの設定ではなく元ネタがあるのです。 チュシンの国について 太王四神記に登場する「チュシン」とは、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました