0 ドラマが分かる歴史の知識

スポンサーリンク
0 ドラマが分かる歴史の知識

秘密の扉 で描かれた貰冊店、朝鮮の貸本事情

韓国時代劇「秘密の扉」には”貸本”が登場します。貸本業が大きな題材になってます。 ドラマの中では庶民がハングルで書かれた小説を読んでる様子が描かれます。 李氏朝鮮時代の貸本とはどんなものだったのか紹介します。 貸本業とは まず貸本と...
0 ドラマが分かる歴史の知識

官服・女官の服の色の違い・身分がわかる朝鮮時代の服の色。

韓国時代劇には色とりどりの服装を来た役人たちが出てきます。 服の色はどんな意味があるのでしょうか。 李氏朝鮮王朝の大臣や役人は官服を来ています。官服とは宮廷で働く時に着る制服のようなものです。 官服には位の違いによって色が決められて...
0 ドラマが分かる歴史の知識

司憲府(サホンブ)とはどのような組織?

司憲府(サホンブ)とは李氏朝鮮や高麗に存在した組織。 中央と地方の行政を監督する部署です。 地味な部署のように思われますが、意外と重要な組織です。 司憲府(サホンブ)とは 歴史 似たような役目の組織はもともとは古代中国にありました...
スポンサーリンク
0 ドラマが分かる歴史の知識

朝鮮王朝の側室の順番は?内命婦(ネミョンブ)のしくみ

韓国時代劇を見ているとたくさんの側室が登場します。 いろいろな呼び方があってだれがどのくらい偉いのかわかりづらいですよね。 宮廷では日本の大奥さながらに女性たちの争いが起こります。大奥は徳川幕府の呼び方、皇室・王室用語では 後宮(あとみ...
0 ドラマが分かる歴史の知識

仮面の王イ・ソン のモデルになった?実在の世子と王・王妃たち

韓国時代劇「仮面の王イ・ソン」は李氏朝鮮のお話。でも架空の王様という設定です。 ところが世子の名前は「イ・ソン」。 李氏朝鮮には実際に「イ・ソン」という名前の世子がいました。 架空の舞台といいながらも歴史上は同じ名前の世子がいるんです...
0 ドラマが分かる歴史の知識

太王四神記に登場するチュシンの国はどんな国?

ペ・ヨンジュン主演の太王四神記には「チュシンの国」という古代国家が登場します。 朝鮮の歴史にもない架空の国です。 でも太王四神記オリジナルの設定ではなく元ネタがあるのです。 チュシンの国について 太王四神記に登場する「チュシン」とは、...
0 ドラマが分かる歴史の知識

麗・解氏(ヘ氏)が高氏(コ氏)に変わったのは高句麗時代だった?

韓国ドラマ「麗・花萌ゆる8人の皇子たち」では。最終回で「コ氏は高麗時代はヘ氏だった」というセリフが出てきます。 ヒロインの「コ・ハジン」が高麗時代にタイムスリップして「ヘ・ス」の体に乗り移ったのは、祖先だったかもしれないという縁を演出した...
0 ドラマが分かる歴史の知識

李氏朝鮮時代の身分制度・韓流時代劇が楽しめる豆知識

韓流時代劇を見ていると両班や賤民という言葉が出てきます。 李氏朝鮮時代は身分制度の厳しい時代だったので必ず身分が問題になるんですね。でも、現代にはない制度なのでよくわからない部分も多いと思います。 そこでドラマをみるときに役に立つ身分制...
0 ドラマが分かる歴史の知識

大尹(テユン)と小尹(ソユン)・「オクニョ」で争ってる二つの派閥とは?

韓国時代劇「オクニョ・運命の女」では、大尹派、小尹派という言葉がよく出てきます。 大尹派も小尹派も派閥なのです。でも、韓国時代劇でおなじみの南人派、西人派とはちょっと違います。一族のまとまりで分けられた派閥なんです。 大尹派、小尹派とは...
0 ドラマが分かる歴史の知識

義禁府・補盗庁・漢城府は何が違う?韓国時代劇の役所を紹介

韓国時代劇を見てると、義禁府・補盗庁・漢城府といった役所が出てきます。日本人にはなじみのない名前ですよね。いったいどんな仕事をしているのでしょうか?そこで調べてみました。 これらの役所はいずれも宮殿の外にあります。 漢城府(ハンソン...
スポンサーリンク