1.3 南北朝

楊瓚・隋文帝 楊堅の弟は兄に殺された?

楊瓚(よう さん)は北周~隋の時代の武将。 隋初代皇帝・楊堅の弟です。 北周皇帝からの信頼が厚く、北周武帝の妹と結婚していました。北周王朝を倒して自分の国を建国した兄とは仲がよくありません。 最後は兄とでかけた先で急死してしまいます。...
0 ドラマが分かる歴史の知識

宇文家の歴史・宇文護や邕の祖先は匈奴から鮮卑になった

宇文氏は古代中国の名門貴族です。 北魏・西魏で皇帝を補佐、北周の基礎を作った宇文泰。 北周の皇帝(天王)になった宇文覚・毓・邕たち。 北周で皇帝を凌ぐ力を持っていた宇文護。 日本ではあまり知られていませんでしたが。中国ドラマ「独孤伽...
1.3 南北朝

阿史那皇后・突厥から異文化を運んできたテュルクの姫

阿史那(アシナ)皇后(武徳皇后)は北周の武帝・宇文邕(うぶん よう)の正室。 テュルク系遊牧民の国・突厥出身です。 鮮卑系国家・北周と突厥の同盟のため、武帝に嫁ぎました。国と国の同盟のための結婚です。 史実の阿史那(アシナ)皇后はどん...
スポンサーリンク
0 ドラマが分かる歴史の知識

独孤伽羅の祖先は匈奴の名門だった

独孤氏は北魏から唐の時代に活躍した古代中国の名門貴族です。 独孤信は北魏~北周で皇帝一族を支える有力な重臣でした。 独孤信の娘は 北周の第2代皇帝 明帝(宇文毓)の正室 明敬皇后 隋の初代皇帝 文帝(楊堅)の正室、2代 煬帝(...
1.3 南北朝

宇文会・宇文護の息子は親の七光りで出世した?

宇文会は北魏の大宰相・宇文護の息子。 宇文護は日本ではほとんど知られていませんでした。蘭陵王のドラマでは敵国のボス的扱いです。ドラマ「独孤伽羅」「独孤天下」などでは皇帝以上の権力を持つ宰相として描かれます。 宇文護は優れた政治家でしたが...
1.3 南北朝

独孤善・独孤伽羅の兄は宇文護に疎まれて失業

独孤善は西魏~北周の武将。 独孤信の次男。 北周の明敬皇后(ドラマでは般若)の異母兄。 隋の文献皇后(伽羅)の異母兄です。 独孤信には息子が何人かいました。 父親や姉妹は有名ですが、息子はほとんど知られていません。 独孤...
1.3 南北朝

趙貴・宇文泰に信頼された苦労人

趙貴(ちょう き)は北魏~北周の武将。 北魏で反乱が起きたとき的に捕まりましたが、賀抜岳(がばつ・がく)に助けられ賀抜岳のもとで戦います。賀抜岳の死後は宇文泰(うぶん・たい)の配下になります。 北魏は西魏・東魏に分裂し争いが絶えない世の...
6.1 ドラマ人物紹介

独孤皇后 の登場人物紹介とネタバレ

中国ドラマ「独孤皇后・乱世に咲く花」は北周~隋を舞台にした時代劇。 主人公は独孤 伽羅(どっこ から) 伽羅を主人公にしたドラマには「独孤伽羅」があります。時代も内容もよく似ています。「独孤伽羅」が伽羅の三姉妹を中心にしたドラマだったの...
2.2 李氏朝鮮の妃・側室

元嬪(ウォンビン)洪氏 は洪国栄の野望に押しつぶされた?

元嬪(ウォンビン)洪(ホン)氏は李氏朝鮮の第22代国王・正祖の側室。 正祖の信頼の厚い重臣・洪国栄(ホングギョン)の妹です。 兄の洪国栄が宮廷内で絶大な権力を持っていたころ。13歳で入宮しました。ところが若くして死亡してしまいます。 ...
2.2 李氏朝鮮の妃・側室

孝懿王后(ヒョイ)王妃 金氏・正祖(イサン)の正室は優等生

孝懿(ヒョウィ、ヒョイとも)王后 金(キム)氏は李氏朝鮮の王妃。 第22代国王・正祖の正室です。 頭のよい女性だったと言われ、儒教社会では模範的な妻とされました。 その一方では個人的は幸せだったとはいえないエピソードもあります。 史...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました