2.2 高麗の重臣や人々

廉興邦(ヨム・フンバン)は高麗の重臣。

恭愍王に仕え、若くして学問に優れ改革を目指す人物でした。元や異民族から高麗を守るために戦いました。

しかし恭愍王の死後、親元派の李仁任(イ・イニム)が力をつけると李仁任の ...

1.4 李氏朝鮮の重臣

李成桂の登場するドラマには必ずといっていいほど登場する李之蘭(イ・ジラン)。李成桂とは義兄弟の契を結んだ武将でした。

女真族出身で戦に強い武将です。李成桂とともに多くの戦を経験し、李成桂が「戦いで李之蘭より良い者はいない」 ...

2.2 高麗の重臣や人々

李芳雨(イ・バンウ)は李氏朝鮮を建国した太祖・李成桂の長男。

高麗への忠誠心が厚かった李芳雨は、父・李成桂が高麗王を排除し王の座につくと、父親に反発しました。都を離れ、田舎で隠居生活をおくってしまいます。

史実 ...

1.2 李氏朝鮮の妃・側室

神徳王后康氏は李氏朝鮮最初の王妃です。

 李成桂には二人の妻がいました。2番の妻が康氏です。李氏朝鮮を建国したときには1番目の妻・韓氏は亡くなっていたからです。

自分の息子を王にしようとしました。韓氏の息子、李 ...

2.1 高麗の国王と王族

禑王(ウ王)は高麗の33代国王です。父・恭愍王の死後、若くして王になりました。

当時の高麗王朝は混乱の時期でした。元が倒れ明が新しくできたことで、高麗国内も元派と明派に分裂していました。古くから力を持っていた重臣たちと新し ...

2.2 高麗の重臣や人々

李仁任(イ・イニム)は高麗末期の政治家。李成桂(イ・ソンゲ)の最大の政敵とされ、奸臣ともいわれます。

李仁任は権門勢族とよばれる高麗に仕えた貴族の首領でした。高麗末期には権門勢族は富や権力を独占し高麗朝廷は腐敗が進んでいま ...

1.1 李氏朝鮮の国王

定宗は李氏朝鮮王朝の2代目の国王。李芳果(イ・バンカ)といいます。

李芳果は勇敢な武将でしたが、普段は温厚で野心のない人でした。父のためには勇敢に働きますが、自分で権力を持とうとは思わない武将だったのです。

と ...

1.1 李氏朝鮮の国王

高麗を倒し、李氏朝鮮最初の王になった李成桂(イ・ソンゲ)。高麗時代は伝説的な活躍をみせた将軍でした。チョン・モンジュやチョン・ドジョンといった思想家やイ・バンウォンら息子たちとともに革命を起こします。やがて高麗王朝を倒し朝鮮王朝の最初 ...

2.1 高麗の国王と王族

恭譲王(コンヤン王)は高麗最後の王様です。王族とは言え王座とは縁のない生活をしていましたが、イ・ソンゲ達に担がれて国王になりました。しかしその王座も短期間で終わってしまいます。高麗王朝最後の王という不名誉な立場になってしまっただけでな ...

1.1 李氏朝鮮の国王

太宗(李芳遠:イ・バンウォン)は李氏朝鮮の3代目国王。父・李成桂(イ・ソンゲ)を助けて高麗を倒し李氏朝鮮王朝の建国に成果をあげました。しかしその後、重臣、兄弟と対立。多くの者を処刑します。多くの犠牲を出して自らは3代目国王・太宗となり ...

PAGE TOP