花散る宮廷の女たち

1.5 清の重臣・役人・男達

納蘭 明珠・康煕帝を支えた重臣は汚職で失脚

納蘭 明珠(ナーラン・ミンジュ)は清朝の大臣。 満洲人の名門・葉赫那拉(イェヘナラ)氏の出身です。 4代皇帝・康煕帝に仕えて信頼されました。 明珠は大きな力を持ち派閥を作りました。 ところが康熙帝の信頼をよいことに役に立ちから賄賂を...
1.5 清の重臣・役人・男達

納蘭 性徳(容若)清朝最高の詩人は康煕帝の側近だった

納蘭 容若(のうらん・ようじゃく)は清朝の政治家。 清朝で最高の詩人といわれます。 4代皇帝・康煕帝に仕えました。 清朝でも最高の詩人として有名です。 本名は 性徳(せいとく/満:シンデ)。 容若(ようじゃく)は本名以外に付け...
1.2 清の皇后妃嬪皇太后

恵妃 烏拉那拉氏・康煕帝の後宮で力を持っていた妃

恵妃 烏拉那拉氏は清朝の第代皇帝・康煕帝こうきていの側室。 「皇帝の恋」では恵妃 納蘭氏。 「宮廷女官 若曦」や「花散る宮廷の女たち」では 恵妃。 「宮廷の茗薇」では 納蘭貴妃 として登場します。 どのドラマでも主人公を妨害する悪役...
1.3 清の皇子・男の皇族

四皇子 胤禛 が皇帝になるまでの道のり

愛新覚羅 胤禛(いんしん)は清朝の皇子。 康熙帝の第四皇子(四阿哥)。 後の第5代皇帝 雍正 です。 母親の身分が低く王位後継者ではなかったと言われます。 王子同士の王位継承社争いに勝ち抜いて皇帝になりました。 史実の胤禛はどんな...
1.3 清の皇子・男の皇族

ドラマ若曦・茗薇・麗 の元ネタになった清朝皇子の争い

清王朝の康煕帝時代は、清が大きく発展した時代です。その康煕帝時代には皇子たちが後継者の座を巡って争う大きな事件がありました。 その争いを 九王奪嫡きゅうおうだっちゃく といいます。 この出来事では多くの犠牲者が出ました。それだけにドラマ...
1.3 清の皇子・男の皇族

康熙帝の皇子たちの激しい後継者争い「九王奪嫡」

清王朝の康煕帝時代は、清が大きく発展した時代です。 康煕帝は歴代中国皇帝の中でも特に優れた皇帝といわれました。ところがその康煕帝にも大きな悩みがありました。後継者問題です。 康煕帝には30人以上の息子がいました。その中で成人したのは24...
1.3 清の皇子・男の皇族

第三皇子 胤祉・康煕帝に可愛がられ学問好きな皇子はなぜ雍正帝に排除された?

愛新覚羅 胤祉は清朝の皇子。 第4代皇帝康煕帝の第三皇子です。 康煕帝の時代に学問好きで書籍の編纂などで活躍した皇子です。あまり野心がなく皇帝になろうとしませんでした。 ところが雍正帝の時代に幽閉され命を失ってしまいます。 史実の胤...
1.5 清の重臣・役人・男達

ソンゴトゥ(索額図)康煕帝を助けた功労者が罪人になったわけ

ソンゴトゥ(索額図)は清朝の政治家。 第4代・康煕帝に仕えた重臣です。 索額図はさまざまな功績をあげた有能な臣下でした。康煕帝からも信頼されていました。ところが康煕帝との意見の違いや、皇太子をめぐる派閥争いなどで康煕帝の信頼を失います。...
1.5 清の重臣・役人・男達

ロンコド(隆科多)康煕帝の信頼が厚かった忠臣はなぜ雍正帝に排除された?

ロンコド(隆科多)は清朝の政治家。 第4代皇帝康煕帝から雍正帝の時代に活躍しました。 康煕帝の後半におきた後継者争いには加わらず康熙帝の信頼を得ました。 康熙帝の死後、その遺言を伝え雍正帝の即位を実現させましたが。その決定には様々な噂...
1.2 清の皇后妃嬪皇太后

徳妃 烏雅氏(孝恭仁皇后)実の息子・雍正帝との仲は悪かった

徳妃 烏雅(ウヤ)氏は清朝の第4代皇帝・康煕帝こうきていの側室。 息子の雍正帝が即位したので死後、孝恭仁皇后の称号が贈られました。 ドラマに登場するときは「徳妃」か「皇太后」で登場することが多いです。 雍正帝の母親なのですが、あまり親...
1 清・金

第八皇子 胤禩 は皇太子の座を狙っていた

愛新覚羅・胤禩は清朝の第4代皇帝・康熙帝の第8皇子。八阿哥とも書きます。 当時の朝廷内でも有力な皇位後継者と考えられ「八賢王」と呼ばれていました。胤禩を支持する派閥ができていたほどでした。 しかし皇帝になることはできず。雍正帝の時代...
1.3 清の皇子・男の皇族

第一皇子 胤禔は 康煕帝を激怒させて自宅軟禁にされてしまった

愛新覚羅・胤禔は清朝の皇族です。 第4代皇帝・康煕帝の長男です。 母が側室だったので皇太子にはなれませんでした。戦で手柄をたて重臣たちからの評判もよかったのですが。 母の地位が低いせいか自分が次の皇帝になるのを諦め、八皇子・胤禩と...
タイトルとURLをコピーしました