李氏朝鮮の妃・側室

韓流時代劇「オクニョ」では文定大妃が奉恩寺(ポンウンサ)を改築すると言い出して、その資金を巡って問題がおこります。明宗の反対にも関わらず文定大妃は寺の改築を強行しようとします。それだけ文定大妃にとって奉恩寺は大切な寺でした。

李氏朝鮮の王子・王女

延齡君(ヨンリョングン)は粛宗の6男、末息子です。

生存した三人の息子(景宗・英祖・延齡君)の中で、粛宗がもっとも愛した息子だといいます。若くして亡くなりましたが、長生きしていれば後継者争いに加わっていたかもしれません。

李氏朝鮮の妃・側室

廃妃尹氏(ペビ・ユン氏)は李氏朝鮮史上初めて廃妃になった王妃です。嫉妬深い女性と伝わっています。成宗が女好きだったこともあり、嫉妬はたえなかったのでしょうが。王妃は嫉妬を見せてはいけませんでした。尹氏は廃妃になり、毒薬を飲むことになり ...

李氏朝鮮の国王

睿宗(イェジョン)は李氏朝鮮大8代国王。世祖・首陽大君の次男です。在位期間が2年足らずと短い王でした。その間にはナム・イの反乱事件なども起きています。

睿宗が若くして亡くなったせいで、後の仁粋大妃が力を持つ原因になります。 ...

李氏朝鮮の国王

宣祖(ソンジョ)は李氏朝鮮第14代国王です。

宣祖時代におきた大きな事件は日本と朝鮮の戦争です。韓国では壬辰倭乱・丁酉再乱、日本では朝鮮出兵、文禄・慶長の役と呼ばれます。

この戦いで宣祖は国王として何をしたので ...

李氏朝鮮の国王

宣祖(ソンジョ)は李氏朝鮮第14代国王です。

跡継ぎのいない明宗の養子となり王になりました。李氏朝鮮史上、庶子で王になった最初の人です。そのため宣祖には正当な後継者ではないというコンプレックスがありました。

宣 ...

李氏朝鮮の人々

光海君を扱ったドラマでは必ずといっていいほど登場する金尚宮。キム・ゲシやキム・カヒという名前で呼ばれることが多いです。

光海君と親しい関係になったとか、王妃を凌ぐ権力を持っていたとか様々な噂が残っています。

ド ...

李氏朝鮮の妃・側室

仁穆王后(インモク王妃)は李氏朝鮮 第14代国王・宣祖の2番めの妃。

宣祖との間に息子が生まれました。しかしそれが不幸の始まりでした。息子と父は光海君と大北派によって廃され、殺害されてしまいました。自身も大妃の身分を奪われ ...

李氏朝鮮の妃・側室

懿仁王后(ウィイン王妃)は李氏朝鮮14代宣祖の王妃。宣祖の王妃というと2人めの仁穆王后(インモク王妃)が有名です。一人目の懿仁王后は子供がなかったため。宣祖からは冷たくされていました。

史実の懿仁王后(ウィイン王妃)はどん ...

オクニョ

 

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第26話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第26話 あ ...

PAGE TOP