1.8.2 清の皇后妃嬪・女性皇族

李貴人(李常在)ナゼか乾隆帝の生母になった謎の側室

李貴人は清朝の第5代皇帝・雍正帝(ようせいてい)の側室。 李常在ともいいます。 歴史上の李貴人・李常在はとくに目立った存在ではありません。 ところが中国では「乾隆帝の生母」として知られるようになりました。 ドラマ「宮廷の諍い女」「如...
1.8.3 清の人びと

ロンコド(隆科多)康煕帝の信頼が厚かった忠臣はなぜ雍正帝に排除された?

ロンコド(隆科多)は清朝の政治家。 第4代皇帝康煕帝から雍正帝の時代に活躍しました。 康煕帝の後半におきた後継者争いには加わらず康熙帝の信頼を得ました。 康熙帝の死後、その遺言を伝え雍正帝の即位を実現させましたが。その決定には様々な噂...
1.8.2 清の皇后妃嬪・女性皇族

豫妃 博爾濟吉特氏・20代後半で遅い入宮のわけ

豫妃 博爾濟吉特(ボルジギト)氏は清朝の第代6皇帝・乾隆帝けんりゅうていの側室。 モンゴル系遊牧民族出身です。一族が清に服従することになったので入宮しました。 「如懿傳」では 豫嬪 として登場します。 史実の豫妃 はどんな人物だったの...
スポンサーリンク
1.8.2 清の皇后妃嬪・女性皇族

儀嬪 黄氏・乾隆帝の即位後に死亡した側室第一号

儀嬪 は清朝の第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では 怡嬪 「如懿傳」では 儀貴人・黃綺瑩 として登場します。 愛新覚羅 弘暦の親王時代からの側室です。弘暦が皇帝になったあとも存命していました。儀嬪の正式...
1.8 清・金

福晋那拉氏・爾晴のモデルになった傅恒の正妻は不倫した?

福晋 那拉氏(フージン・ナラ氏)は清朝の傅恒(ふこう)の正妻。 福晋(フージン)というのは王族の正妻に与えられる称号です。那拉氏は重臣の正妻ですが死後、特別に与えられました。 傅恒(ふこう)は第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうていのに仕えた重...
1.8.3 清の人びと

葉天士 は努力家で医術に厳しい清朝最高の名医

葉天士は 清朝時代の医者。 中国医学(漢方医学)の発展に貢献しました。人びとからは「天から降りてきた医者」ともよばれ、清朝時代に非常に評判の高かった医師です。 「瓔珞<エイラク>」では 瓔珞に招かれて宮中で治療を行ったりしています。 ...
1.8 清・金

哲憫皇貴妃 富察氏・乾隆帝の即位前に他界した皇貴妃?

哲憫皇貴妃 富察氏は清朝の愛新覚羅 弘暦(乾隆帝)の側室。 乾隆帝の第一皇子の生母です。 弘暦の皇子時代からの側室でしたが、弘暦が即位する2ヶ月前に他界してしまいました。死後、乾隆帝によって皇貴妃の位が与えられました。 史実の哲憫皇貴...
1.8 清・金

乾隆帝の皇后妃嬪年表

清朝の第6代皇帝・乾隆帝(弘暦)にはたくさんの正室や側室がいます。「瓔珞(エイラク)」や「如懿伝」などのドラマにもたくさん登場しますね。 でも登場人物が多すぎていつ誰がどの地位にいたのか分かりづらいです。そこで妃嬪達がどの時期にどの地位に...
1.8 清・金

徳妃 烏雅氏(孝恭仁皇后)実の息子・雍正帝との仲は悪かった?

徳妃 烏雅氏は清朝の第4代皇帝・康煕帝こうきていの側室。 息子の雍正帝が即位したので死後、孝恭仁皇后の称号が贈られました。 ドラマに登場するときは「徳妃」か「皇太后」で登場することが多いです。 雍正帝の母親なのですが、あまり親子の仲は...
1.8.1 清の皇帝・男の皇族

十四皇子 胤禵 雍正帝の同母弟は仲が悪かった

愛新覚羅・胤禵は清朝の第4代皇帝・康熙帝の第十四皇子。十四阿哥とも書きます。 他の皇子とともに第八皇子胤禩を次の皇太子に指示していました。胤禩が康煕帝の信頼を失ったあとは、周囲から後継者候補と考えられるようになります。 雍正帝の同母弟で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました