永璋・乾隆帝の第三皇子は葬儀の失態で後継者候補から脱落

乾隆帝皇子1.3 清の皇子・男の皇族

循郡王 永璋(えいしょう)は清朝の皇子。

第6代皇帝・乾隆帝の第三皇子です。

最初は後継者候補として期待されていたようですが。若いときの失態が理由で後継者候補から外されてしまいます。

さらには30代で肺の病気で死亡しました。

実在した履郡王・永璋はどんな人だったのか紹介します。

履郡王・永璋 の史実

いつの時代の人?

生年月日:1735年7月15日
没年月日:1760年8月26日
享年:36

姓:愛新覚羅(あいしんかくら、満洲語:アイシンギョロ)
名:永璋(えいしょう)
称号:循郡王
父:乾隆帝(けんりゅうてい)
母:純貴妃 蘇氏

同母弟:六皇子・荘親王永瑢
同母妹:四公主・和碩和嘉公主

正室:嫡福晋 科爾沁・博爾濟錦氏
側室:側福普・完顔氏、瓜爾佳氏、某氏

子供
男子1人、女子1人

永璋が生きたのは清王朝の第6代皇帝・乾隆帝の時代です。

日本では江戸時代になります。

おいたち

永璋(えいしょう)は雍正13年 (1735年)7月に誕生しました。

父は宝親王・弘曆(後の乾隆帝)。
母は格格・蘇氏(後の純貴妃)。

弘曆の三男。
蘇氏にとっては初めての男子です。

1735年(雍正13年)10月。雍正帝が死去。
父の弘曆が皇帝に即位しました(乾隆帝)。

母・蘇氏は純妃になりました。蘇氏の家柄は低かったので息子がいるのが「妃」になった大きな理由のようです。

1743年(乾隆8年)。同母弟・永瑢が誕生。

母・蘇氏は純貴妃になりました。

1745年(乾隆10年)。同母妹・和碩和嘉公主が誕生。

皇后の葬儀で失態・乾隆帝の信用をなくす

1748年(乾隆13年)。富察皇后が死去しました。

長男・永璜と三男・永璋が富察皇后の葬儀で重要な役目を任されました(次男はすでに死亡)。

ところが、2人は葬儀で失礼な達度をとってしまいました。

中国や朝鮮では葬儀の出席者は悲しそうに振る舞わなくてはいけません。嘘でもいいので泣かないと「不孝者、薄情者」と言われてしまいます。

ところが一皇子・永璜と三皇子・永璋は泣かなければいけないところで悲しそうにしませんでした。

実の母でないのですから仕方ないのかもしれませんが。皇后は立場上すべての皇子たちの母です。しかも富察皇后には生きている息子がいませんから、長男・永璜と三男・永璋が代表して悲しまないといけません。

乾隆帝は永璋を見て「かつて私は三阿哥(三皇子)に希望があると思った。だが今になって三阿哥には満足できないことがわかった。14歳だというのに無知だ」と怒りました。

さらに。

「私は12歳のとき皇祖(康煕帝)が亡くなった時、親孝行を果たすことができた。お前は14歳にもなってそれができないのか。親不孝者が皇位を継げると思うのか、この2人(永璜と永璋)には皇帝を継がせることはできない」

と言われてしまいます。

乾隆帝は富察皇后を非常に愛していました。だから富察皇后が亡くなったときの落ち込みようも非常に大きかっったのです。

それだけなら良かったのですが。

なんと周囲の者が富察皇后の死を悲しんでいないと重い罰を与えました。

永璋への仕打ちもそのひとつでした。14歳という若さでやってしまった失敗のために皇帝の座を継ぐ資格がなくなってしまうとは非常に厳しい仕打ちです。

でも逆に言えば、永璋は普段から乾隆帝からの評価は高くなかったのでしょう。

一度の失態でもそれを上回る有能さを見せることができれば乾隆帝の評価も変わったでしょう。母の純貴妃が寵愛を集めていれば多少の失敗は大目に見てもらえるかもしれません。

このころはまだ第五皇子の評価もそれほど高くはなかったので第三皇子にもまだチャンスはあったのです。

循郡王になる

それでも15歳のとき。父・乾隆帝から「循郡王」の称号が与えられました。

清朝では皇子のすべてが親王や郡王になれるわけではありません。郡王になれるのも一部だけです。康煕帝は永璋を皇帝の候補者からは外したものの、息子としては大事に思っていたのでしょう。

乾隆帝は永璋に「循郡王」の称号を与えた時「15歳になっても馬に乗って弓矢を撃つことができない。ふだんから熱心に指導してなかったからだ」とも言ってます。

手厳しい表現ですが、永璋はあまり丈夫ではなかったので厳しい練習はできなかったという事情もあるのでしょう。

結核に倒れる

永璋だけでなく、和嘉公主や生母の純貴妃も肺の病気で苦しみました。

1759年(乾隆24年)。避暑山荘(熱河離宮)に滞在していた純貴妃が肺の病気を発病しました。結核だったようです。

乾隆帝は永璋に対して護衛部隊を率いて北京までゆっくりと運ぶように命令しました。その後、乾隆帝と皇太后は木蘭(ムーラン)に移動しました。

その後、永璋も姉妹の和嘉公主と同じ肺の病気を発病しました。母の結核が感染ったようです。

乾隆帝は内務大臣をしている荘親王・允祿(康熙帝の16皇子)に病の治る読経をするように命令。

荘親王・允祿は僧侶チャンキャ・ホトクト(章嘉呼圖克圖)に経典の読経の仕方について相談しました。チャンキャ・ホトクトはチベット仏教の高僧です。チャンキャ・ホトクトは相談を受けると病に効くという経典を選びました。

荘親王と10人の僧侶は永璋の自宅近くの部屋に入り、昼夜をとわず読経しました。しかし回復はしませんでした。

1760年(乾隆25年)6月。母の純貴妃が肺病のため死亡。

1760年(乾隆25年)8月。永璋も肺病で死亡しました。享年26.

症状などから親子ともに結核で亡くなったと考えられています。

永璋は若いときの失敗で次期皇帝の候補から外されました。乾隆帝が期待するような、優秀な皇子ではなかったのかもしれません。乾隆帝には息子が多いので、どんどんふるい落とされていきます。

そして最後は結核で若くして死亡してしまいました。運もなかったかもしれません。

ドラマ

如懿伝 2018年、中国 演:程星源・劉澤宇・何鸞輝

コメント

タイトルとURLをコピーしました