十三皇子怡親王 胤祥 は雍正帝から頼りにされた勝ち組皇子

康煕帝の皇子1.8.1 清の皇帝・男の皇族

愛新覚羅・胤祥(いんしょう)は清朝の第4代皇帝・康熙帝の第十三皇子。十三阿哥とも書きます。

異母兄の第四皇子 胤禛(いんしん)を助け。胤禛が皇帝になったあとも大臣の一人になって皇帝を支えました。

雍正帝の時代には何人かの兄弟が地位を失いました。でも胤祥は粛清されることなく生き延びました。雍正帝からは怡(い)親王の位を与えられ、頼りにされていた皇族でした。

怡親王・胤祥はどのような人物だったのか紹介します。

怡親王・胤祥 の史実

いつの時代の人?

生年月日:1686年11月16日(康熙25年10月1日)
没年月日:1730年6月18日(雍正8年5月4日)
享年:45(数え歳)

姓:愛新覚羅(あいしんかくら、満洲語:アイシンギョロ)
名:胤祥(いんしょう、満洲語:インシャン)
称号:怡親王
地位:鉄帽子王

父:康煕帝(こうきてい)
母:敬敏皇貴妃 章佳(ジャンギャ)氏

同母妹:第13皇女・和碩温恪公主、第15皇女・和碩敦恪公主

正室:嫡福普・兆佳(ジョギャ)氏
側室:側福普
 富察(フチャ)氏
 烏蘇(ウス)氏
 瓜爾佳(グワルギャ)氏
妾:庶福晋
 石佳(シギャ)氏
 納喇(ナラ)氏

子供
男子9人、女子4人

胤祥が生きたのは清王朝の第4代皇帝・康煕帝から5代・雍正帝の時代です。

日本では江戸時代になります。

おいたち

1686年(康煕25年)11月16日。

父は康煕帝。
母は側室の章佳氏

康熙帝の十三男です。
清朝では「十三阿哥」とも呼ばれました。阿哥(アグ)は満洲語で王子・息子の意味。清朝では「皇子」の意味で使われました。

1687年(康煕26年)。同母妹の 第13皇女・和碩温恪公主が誕生。

1691年(康煕30年)。第15皇女・和碩敦恪公主が誕生。

1699年(康煕38年)。母・章佳氏が死亡。章佳氏には死後「敏妃」の称号が与えられました。

生母・章佳氏の死後。徳妃・烏雅(ウヤ)氏に育てられました。

徳妃は第四皇子・胤禛(いんしん)の生母です。

そのため、胤祥は子供の頃から胤禛に従っていました。

成人した胤祥は駐京禁軍(近衛兵)に配属されました。

宮殿を守る軍の指揮権をもつことになります。

康熙帝の晩年には後継者を巡って王子たちの争いが起こりました。

詳しくはこちらをどうぞ。
康熙帝の皇子たちの激しい後継者争い「九王奪嫡」

この争いで胤祥は一緒に育った胤禛を助けました。この争いの中で胤祥がもつ近衛兵の指揮権は胤禛にとっても大きな助けになりました。

1722年(康煕61年)。康煕帝が死去。第四皇子・胤禛が皇帝(雍正帝)になりました。

雍正帝の時代

名前を 允祥(いんしょう)に改めました。

中華王朝では皇帝と本名と同じ漢字を使ってはいけません。雍正帝と同じ「胤」の字を使ってはいけないことになったからです。当時、生きていた兄弟は「胤」を「允」に変えています。

雍正帝から和碩怡親王(わせきいしんのう)の地位を与えられました。「親王」は皇族に与えられる最高の位です。

四人の総理事務大臣の一人に任命されました。清朝でもっとも地位の高い大臣の一人です。

允祥が任されたのは管理三庫大臣です。国の財政を管理する財務大臣のようなものです。任期は3年です。国の財政を担当する戸部の総裁として汚職のとりしまりを強化しました。中国の王朝ではもともと汚職は多いのですが、康煕帝時代の晩年には戸部は温床になっていました。それに気がついた雍正帝は戸部の立て直しを允祥に任せたのです。允祥は汚職を減らすことに成功。允祥の働きに雍正帝は満足しました。

雍正帝は感慨深げに大臣たちにこのように言ったことがあります。

「朕はお前たちを信用して役目を与えているが、怡親王への信頼は百千人の大臣に勝る」

「怡親王は康熙帝の時代から謙虚で誠実な人物だった。一族の質素さも国民はよく知っている」

それほど頼りにしていました。

康煕帝の葬儀や雍正元年に死去した孝恭仁皇后 烏雅氏の葬儀を担当しました。

1725年(雍正3年)。大臣の任期を終えると新しい役職が与えられ加議政大臣、理営田水利、領圓明園的八旗禁軍、弁理胤禛藩邸、霊廟の管理、軍需物資の準備の仕事を担当。これらの仕事には一時的なものもありますが。多くの仕事が割り当てられました。

その後も允祥の働きは雍正帝から高く評価され、加増されたり感謝状が贈られました。

また允祥の息子の一人も郡王に推薦されましたが、允祥は断りました。

1730年(雍正8年)。允祥が病気になると雍正帝はお見舞いに行きました。

しかしその年、允祥は病死します。雍正帝は非常に嘆き悲しんで3日間仕事を休んで喪に服しました。

そして雍正帝はこのような言葉を残しています。

「允祥は逝ってしまった、私は悲しみの中心にいる。食べたり飲んだりしても味がない。眠ることもできない。允祥とともに生きたこの8年が私には1日のようだ。古来よりこれほど徳と思いやりがある王はいなかった」と言いました。

そして名前を「允祥」から「胤祥」に戻しました。もともと雍正帝の兄弟には「胤」の文字が使われていましたが、雍正帝即位後は使えなくなっていました。雍正帝の兄弟で「胤」の使用が許可されたのは「胤祥」だけです。

雍正帝と胤祥は兄弟でしたが、他の兄弟たちと違って胤祥は胤禛と張り合おうとせず弟分に徹していました。その関係は皇帝と臣下の関係になっても代わりません。皇子時代よりもさらに忠実な臣下になったといえます。

中国王朝の長い歴史の中でもこれほど絆が深い皇帝と臣下は珍しいです。

鉄帽子王に任命

死後。胤祥の子孫は「鉄帽子王」の特権を与えられます。
清朝では「親王」などの肩書はそのままでは子に継承できません。子は親の1ランク下の肩書が与えられます。

でも「鉄帽子王」に任命されると子は降格なしで親の肩書を名乗ることができます。世襲制の肩書なのです。

「怡親王」は清朝で12あった「鉄帽子王」の一人でした。

「怡親王」は初代・胤祥から始まり清朝の終わりまで続きました。

胤祥の子孫たちは代々「怡親王」を名乗ることができました。

雍正帝がどれほど胤祥を頼りにしていたかがわかります。

ドラマ

宮 パレス 〜時をかける宮女〜 2010年、中国  演:田振崴
宮廷女官 若曦 2011年、中国 演:袁弘
宮廷の茗薇 〜時をかける恋 2019年、中国 演:王安宇(ワン・アンユー)

「九王奪嫡」を扱ったドラマは多いです。でも中心になるのは四皇子 胤禛やライバルの八皇子 胤禩など。十三皇子 胤祥は脇役が多いです。

「宮廷の茗薇」は珍しく十三皇子 胤祥がヒロインの相手役でした。

「瓔珞」に登場する 怡親王・弘曉 は胤祥 の息子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました