スポンサーリンク

雍正帝・胤禛 過労死で倒れた独裁者

4.7 清・金

胤禛(いんしん)は清王朝の第5代皇帝。

在位期間の元号が「雍正」だったので雍正帝(ようせいてい)と呼ばれます。

母親の身分が低く王位後継者ではなかったと言われます。王子同士の王位継承社争いに勝ち抜いて皇帝になりました。

そのような立場で皇帝になったので逆らうものには容赦のない処分をしました。

史実の雍正帝/胤禛はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

雍正帝/胤禛の史実

いつの時代の人?

生年月日:1678年12月13日
没年月日:1735年10月8日

在位期間:1722年12月20日~1735年10月7日

姓:愛新覚羅(あいしんかくら、アイシンギョロ)
名:胤禛(いんしん、インジェン)
諡号:憲皇帝
廟号:世宗
父:康熙帝
母:徳妃
正室:
孝敬憲皇后 烏拉那拉氏
孝聖憲皇后 鈕祜祿氏
側室:
敦粛皇貴妃 年氏
純愨皇貴妃 耿氏
斉妃 李氏
謙妃 劉氏
寧妃 武氏
懋嬪 宋氏

子:
乾隆帝

彼は清王朝の第5代皇帝です

日本では江戸時代になります。8代将軍 徳川吉宗と同じ時代の人物です。

おいたち

康熙17年(1678年)12月13日。康熙帝の四男として生まれました。

母の徳妃 烏雅(ウヤ)氏は満州族出身ですがあまり高い身分ではありません。

康熙37年(1698年)。鑲白旗旗王になりました。上から三番目の地位です。

康熙48年(1709年)。和碩雍親王になりました。臣下では最も高い地位です。

皇子たちの後継者争い

康熙帝には24人の皇子がいました。その中で成人して後継者争いを行ったのは9人です。

康熙14年(1675年)。皇后が生んだ次男・胤礽(いんじょう)を大変可愛がり皇太子にしていました。

ところが満州族には皇太子という制度は馴染みがありません。手柄を立てていない皇子が跡継ぎになることに反対意見がでます。後継者を目指す皇子の間では闘いが続き、皇太子になった胤礽は孤立して心が荒んでしまいます。さらに皇太子に取り入ろうと賄賂を贈る者がいたりして宮廷が混乱しました。

争いに懲りた康熙帝は皇太子をたてませんでした。しかし康熙帝は14男の胤祕を気にいっていたといいます。

これに危機感を持ったのが胤禛です。

康熙61年(1722年)。康熙帝が病気になりました。

胤禛は父の看病を希望します。自分に不利な遺言がでないように見張るためです。しかし康熙帝は胤禛を都の南にある天壇(天の神を奉る施設)に向かわせます。

胤禛は宮殿の護衛を偽って宮殿の周囲に兵を配置して他の皇子が康熙帝に会えなくしました。

やがて康熙帝が死去。重臣の隆科多(ロンコド)が「伝位于四子」(第4皇子=胤禛が跡継ぎ」と発表します。ロンコドは胤禛とは非常に親しい人物でした。

胤禛は遺言で指名されたので皇帝になりました。しかし当時から「胤禛が皇位を奪った」と噂になりました。

雍正帝の時代

母親の身分が低い雍正帝には味方になる重臣はあまりいませんでした。そこで鑲白旗旗王時代の部下を次々に高い役職につけます。ロンコドを吏部尚書、太保(皇帝の補佐役)にしました。

しかしやがて権力を持ったロンコドが邪魔になります。

雍正5年(1727年)。ロンコドを処刑しました。

さらに王位を争った弟の胤禩、胤禟を監禁。皇子たちに味方する重臣アルスンガとオロンダイを処刑しました。

様々な場所に密偵を放ち、疑わしいものは処罰しました。

大臣達の権限を縮小し、独裁的な政治を行います。

父・康熙帝が行った文人弾圧も行いました。発行禁止になった本もいくつもあります。清朝を批判するものは厳しく処分しました。

中華思想に染まった漢民族は満州族を見下していました。満州族の支配を批判したり、明朝の復活を主張する者もいたのです。そのようなものに対しても厳しく処分しました。

勤勉な皇帝

しかし雍正帝はただの独裁者ではありませんでした。皇帝としての仕事は勤勉に務めました。

大量に送られてくる上奏文は目を通し自分で返事を書きました。満州語の上奏文には満州語で返事を書き、漢文の上奏文には漢文で返事を書きました。大量の仕事を自分で行うため、睡眠時間が1日4時間しかとれないほどでした。

また自ら倹約に務めました。特に重要でない書類には裏紙を使いました。皇帝の最高顧問期間の建物も小屋のようなものでした。

奴隷解放

清の時代には山西の楽戸、浙江の九姓漁戸、安徽の世僕などの奴隷がいました。雍正帝はそのような奴隷制度を廃止して彼らを開放します。

雍正帝が仏教を信じていたのでその影響だと言われています。しかし制度としてはなくなりましたが、人々の間に浸透した差別意識はなかなかなくなりませんでした。

北京語を公用語に

明の時代までは南京の言葉が王朝の標準語でした。清朝では徐々に北京語が中心的な言葉になります。雍正帝はさらに北京語を普及させました。

現在の中国で北京語が中心になっているのも清朝の影響です。

後継者の選び方を変える

雍正帝は皇太子を決めませんでした。皇子が後継者に指名されると皇太子に賄賂を送ったり、取り入ろうと集まる者たちがいます。そのような人たちに影響されて皇太子が堕落するのを防ごうとしたのです。

生前は誰にも後継者を公表しません。雍正帝は有力と思う皇子の名前を紙に書いて額の裏に置いた箱に隠していました。

そのため皇子たちは実績をあげようと努力しました。そのため清王朝は無能な皇帝が少ないといわれます。

過労で死亡

雍正13年(1735年)。死亡しました。

死因は分かりません。

過労死だったとも、ストレスから不摂生な生活をして死を早めたともいわれます。

中国では不老不死を求めて道教に凝った結果。丹薬を服用しすぎて中毒死したとも言われます。

康熙帝の時代には積極的に遠征を行ったので王室の財政は赤字でした。しかし雍正帝は戦争を仕掛けず、内政に力をいれました。そのため雍正帝の時代に赤字を解消して黒字にすることができました。

後の乾隆帝の時代に清王朝は全盛期を迎えたと言われます。でも赤字を解消して朝廷の財政を潤し、後の繁栄の基礎を造ったのが雍正帝なのです。

4.7 清・金
スポンサーリンク
Fumiyaをフォローする
中国韓国歴史ドラマの史実

コメント

タイトルとURLをコピーしました