スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第5話 あらすじとネタバレ

ヘチ 5 ドラマの話題

 

韓国時代劇「ヘチ 王座への道」第5話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第5話 あらすじとネタバレ

景宗の時代になって1年

世子イ・ユンが即位。景宗の治世になって1年がたちました。
ある日、典獄署から罪人が脱獄しました。老論のミン・ジノンやキム・チャンジュンは景宗を批判します。少論のイ・グァンジャやチョ・ヒョンミョンが王を庇います。景宗をかばう少論と、朝廷での実権を握ろうとする老論の争いが激しくなっていました。景宗は何も言えません。

ある夜、ヨニン君は道端で酔いつぶれていました。タルムンはヨニン君を見つけると自分が経営している妓房につれていきました。2人は親しくなっていました。ヨニン君は司憲府のウィ・ビョンジュとも親しくしていました。

典獄署から罪人を逃したのはウィ・ビョンジュで、それを指示したのが老論でした。ヨニン君は典獄署の管理をする少論のチョ・テグを追い落とすための作戦だろうと考え調べていたのです。

ミルプン君が清から帰ってくる

ヨジは司憲府を追い出されてある家で働いていました。ヨジが家に戻るとパク・ムンスの姿がありました。その日はハン・ジョンソクの命日です。ハン・ジョンソクが死んだのはヨニン君のせい、しかもヨニン君はウィ・ビョンジュと親しくしている。ヨジとパク・ムンスはヨニン君が裏切ったと思っていました。彼らは自分たちで事件の真実をあかそうと動き出していました。そのころ、司憲府監察ユン・ヒョクは科挙に不正がはびこると調べていました。

ミルプン君が清から帰ってきました。清の使節を出迎えるように指名されたのはヨニン君でした。ヨニン君はひさしぶりにミルプン君と会います。ミルプン君は王になるために帰ってきたというのです。ヨニン君は司憲府に行きウィ・ビョンジュに会いました。ミルプン君が帰ってきたとことをミン・ジノンに知らせる用に伝えました。ヨニン君が司憲府を出ると後をつけているものを見つけました。ヨニン君が取り押さえるとそれはヨジでした。ヨジはハン・ジョンソクの死について調べていました。ヨニン君は身なりの者が来る前にヨジを逃しました。

コメント