獬豸ヘチ(ヘテ)の意味

ヘテ0 ドラマが分かる歴史の知識

韓国ドラマ「ヘチ・王座への道」の放送でにわかに注目されているのが「ヘチ」という言葉。

これは伝説上の動物の名前です。

ヘチとはいったいどういう生き物なんでしょうか?なぜドラマのタイトルになっているのか紹介します。

ヘチとは

ヘチは伝説上の生き物。漢字では 獬豸(かいち)と書きます。朝鮮では獬豸をヘチ、ヘテと発音します。

もともと 獬豸(かいち)は古代中国の伝説上の生き物です。

Xiezhi1

紫禁城の獬豸

胴体は牛または羊。体は黒く、頭には一本の角があります。

獬豸(かいち)は非常に正義感の強い生き物です。不正が許せません。人の争いが起こると正しくない人を角で突き倒し殺します。

この逸話から、正義や公正を意味する生き物になりました。

日本の狛犬に似ていますが別物です。ネット上でもたまに狛犬の元になったと書かれている時があります。でも間違いなんですよ。

狛犬のもとになったのはライオン(獅子)の像。角のある狛犬は古代中国の辟邪(へきじゃ)の像の影響をうけています。辟邪とは魔を払うという意味です。

辟邪の像のモデルになってるのは貔貅(ひきゅう)という一本角の伝説上の動物。貔貅(ひきゅう)は悪い気や悪霊を追い払う伝説上の動物です。風水でもよく使われます。

獬豸(かいち)は悪霊祓いの動物ではなくて、正義を守る動物。役目が違います。

でも江戸時代のそそっかしい文化人が「角のある狛犬は獬豸かもしれない」と書いたことから誤解する人も出てきました。江戸時代の書物に書いてるからといって正しいとは限らないのですね。

似てるからといって同じとは限りません。注意してくださいね。

さて。法を守る正義の動物・獬豸(かいち)は朝鮮にも伝わり獬豸(ヘチ・ヘテ)と呼ばれました。

ところが朝鮮ではなぜか角がない形で像にすることが多いです。

ヘテ

景福宮のヘテ像

なぜ角が亡くなってしまったのかはよくわかりません。書物には角があると書いいます。漢字が読める人は獬豸には角があると知っていたはずです。

でも像にすると角がなくなってしまいました。つまり像を発注した人や作った人は角があるのを知らなかったのでしょう。技術的な問題から角やでっぱりのある石像は作れなかったのかもしれません。

悪人を突き倒す角がなければ獬豸の役目ははたせないのですけど。動物の像のようなものが正義の象徴だと思っていたのでしょう。獬豸の意味が十分に伝わってなかったようです。

なぜ中国や朝鮮では法を守る動物が必要なの?

獬豸は古代中国では法治の精神を意味する言葉として使われました。

実際に法が守られているかどうははともかく。人間社会では法律を守るのが大切です。そうでなければみんなやりたい放題、不正がはびこります。それは昔も今も変わりませんよね。

だから中国や朝鮮では獬豸のような法を守る動物が人気があったのです。

獬豸は日本にも伝わりました。でも人気が出ませんでした。辟邪(角ある狛犬のモデル)のように悪霊をはらうもの、麒麟のように縁起のいい生き物は人気が出ました。法を守る動物といってもいまいちありがたみがありません。

 

逆に言うと。法を破る人が多いから法を守る動物を登場させて戒めにしないといけない。ということかもしれませんね。

「悪戯をすると鬼が来て食べられるよ」というのと同じです。

なぜヘチがドラマのタイトルなの?

韓国ドラマ「ヘチ・王座への道」ではヘチは「司憲府(サホンブ)の役人」を意味します。
司憲府は役人の不正を取り締まる組織です。

司憲府は政治の派閥争いに左右されることなく法を守る人々と考えられています。ヘチの精神を守る役人でありたいという意味が込められています。

ドラマでもヘチの像がいたるところに出てきます。探してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました