スポンサーリンク

「金瞳」とは何?どうして不吉なの?

0 ドラマが分かる歴史の知識

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(原題:延禧攻略)」では金瞳が話題になりました。

愉貴人の生んだ第五皇子・永琪が黄色の目をもって生まれたので騒ぎになりました。それを知った高貴妃は不吉な「金瞳」だというのです。「金瞳」は不吉な色。子供は間引かれ、それを産んだ者も処刑されるといいます。

永琪の場合は目だけではありません。全身が不気味な色だったので処刑されそうになりました。

なぜ「金瞳」で処刑されなければいけないのでしょうか?

スポンサーリンク

金瞳(きんどう)とは

金瞳(きんどう)とはヒトの虹彩の色が黄色っぽくみえること。金眼ともいいます。

アジア人は茶色が多いです。目の色はメラニン色素の量で決まります。メラニン色素が少なくなったところに、色素が混ざると明るい色の虹彩に見えることがあります。

金瞳(きんどう)といわれる目の色は、医学的にはアンバー(琥珀)に分類される虹彩の色。黄色や金色に見えることもあります。リポクロームという色素が虹彩に溜まるとアンバーアイになることがあります。動物では猫や鳩、猛禽類にみられます。欧米では「狼の目(Wolf eyes)」ともいわれます。

人間の場合はリポフスチンという色素が溜まると黄色に見えることもあります。栄養不足、加齢、肝臓、心臓の障害などでもリポフスチンが溜まることがあります。

金眼は不吉

先天的な色素の量や、病気や栄養障害でおきることのある金眼です。

なぜ処刑の対象になってしまったのでしょうか?

古代中国では「金瞳」は自然にはない瞳と考えられ、妖魔や異人種と考えられました。「悪魔の目」なのです。

古来より世界各地で淡い瞳を持つ者は「霊が見える」とか霊的な力を持つとされることがよくありました。

ヨーロッパでは青い瞳は高貴な瞳とされましたが。淡く青い瞳が、神秘的で霊的なものとつながっているように見えたからです。ヨーロッパでは民族によって瞳の色が違うことはよくあります。だから瞳の色が違うから不吉とはあまり言われません。

でもアジア圏は違います。ほとんど茶色の瞳をもっています。人類の進化の歴史をたどるともともとヒトは茶色の瞳でした。アジア人はその影響が強く残っているのです。

でも茶色の瞳が「普通」になりすぎると違う瞳の色は「人以外の者」「普通とはちがう邪悪なもの」と考えられました。

金瞳は妖魔の子という中国の迷信もそのひとつです。

新生児黄疸

劇中では第五皇子は「新生児黄疸」と診断され。「金瞳」ではないことがわかりました。

「新生児黄疸」は血液中のピリルビンの増加でおこります。目や皮膚、全身が黄色くなる症状です。新生児黄疸は10日くらいで正常にもどることが多いといわれます。しかしピリルビンの量が多すぎると脳に残って学習障害や運動障害がおこるといわれます。

重瞳

よく似た言葉に重瞳(ちょうどう)があります。

これは「多瞳孔症」といわれます。ひとつの瞳の中で瞳孔が2つあることです。極稀に存在するようです。ひどすぎると物が二重に見えるなどの弊害があります。現代では手術で治るといいます。

重瞳は、中国では「貴人の相」といわれ歴史上の偉人が「重瞳」の設定になったることもあります。秦末の武将で漢を作った劉邦と戦った項羽は「重瞳」といわれます。

日本でも漢籍(中国の古典)の影響で歴史上の偉人を「重瞳」として描くことがあります。

普通のヒトとは違う身体的特徴をもった人は、並外れて優れた人か、異常な人かのどちらかに言われてしまいます。

でも人の能力や性格が変わるわけではありません。

単なる迷信です。

「普通じゃないものは排除する」という人間の性質がそうさせているのですね。

そういった迷信をドラマに織り込んで描いたのが「瓔珞」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました