スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第22話 あらすじとネタバレ

ヘチ 5 ドラマの話題

 

韓国時代劇「ヘチ 王座への道」第22話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第22話 あらすじとネタバレ

反乱軍を鎮圧

イ・インジャとミルプン君たち反乱軍は安城地域を進軍していました。

官軍に潜り込ませた間者から、官軍は稷山に陣を置くと情報を得ていたからです。間者の情報通りなのか、ミルプン君たちが安城についても官軍の姿は見えません。ひっそりしています。ミルプン君の前に偵察に送った馬が戻ってきました。ところが誰も載っていません。するともう一頭の馬も戻ってきました。そこには矢を受けた偵察隊がうつぶせになって乗っていました。イ・インジャとミルプン君が驚いていると矢が降ってきました。ミルプン君たちは裏をかかれたのです。

官軍は部隊内に間者がいることを知り、わざと稷山に陣をおくという情報を流しました。

官軍と反乱軍との間に激しい戦いが始まりました。イ・インジャは後退を命じますが、イ・グァンジャが退路を防ぎます。激しい戦いの末、官軍が勝利しました。

 

英祖が南人派を採用することを決め。ミン・ジノンたち老論派も賛成しました。その知らせが南人派の役人に届くと、彼らは官軍に患者がいることを教えたのです。

本隊の敗北を知った各地の反乱軍も降伏

一方、慶尚道ではチョ・ヒョンミョンの率いる兵が反乱軍に奪われた城を奪回しようと戦っていました。そこにパク・ムンスたちが援軍としてやってきます。本隊の敗北を知った反乱軍は投降しました。

本隊を指揮していたウィ・ビョンジュも捉えられました。しかしイ・インジャとミルプン君は逃亡します。

官軍は王宮に凱旋しました。王は兵たちに感謝の言葉をおくり、犠牲になった兵たちを忘れないと誓います。

寛大な計らいをする英祖

翌朝。英祖は反乱軍の家族と同調者に寛大な計らいをすると発表。反乱軍に加わった者の家族や知人、反乱軍を助けた民を処罰することを禁止。いきすぎた拷問で罪人を死なせることも禁止しました。人々は驚きます。残党が再び決起するのを防ぐためです。

英祖の首を取り損ねたミルプン君は悔しくてたまりません。まだ王座をあきらめることができないミルプン君を見て、ユニョンはあきれ果てます。ユニョンはタルムンのもとに向かいました。どうせ殺されるならタルムンに殺されたいと思ったからです。ユニョンはタルムンに会い、ミルプン君の居場所を伝えました。

タルムンは英祖に会いユニョンから聞いた情報を伝えます。そしてユニョンを殺さないようにしてほしいと土下座しました。ユニョンは命拾いしました。タルムンはユニョンを漢陽の外に逃がします。

ミルプン君を捨てて逃げるイ・インジャだが

パク・ムンスは、イ・インジャたち反乱軍を捕えるため出発しました。

一方、イ・インジャはミルプン君を捨ててようとしていました。南人派の援軍が来るからと嘘を言ってミルプン君を人目に付く場所で待たせ、その間にイ・インジャは逃げました。しかし山道を逃げるイ・インジャは追ってきたパク・ムンスに捕らえられてしまいます。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました