密豊君(イ・タン)は李麟佐の反乱で担がれ処刑された

1.3 李氏朝鮮の王子・王女

密豊君(ミルプングン)李坦(イ・タン)は昭顕世子の子孫です。

密豊君(ミルプングン)は景宗の時代に外交使節になって朝廷のために働いていました。しかし英祖の時代になって少論派の李麟佐(イ・インジャ)が反乱を起こします。密豊君は李麟佐たちに担がれてしまいました。しかし反乱は鎮圧され、密豊君は自決に追い込まれます。

史実の密豊君はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

密豊君(イ・タン)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1698年
没年月日:1728年

名前:李坦(イ・タン)
称号:密豊君(ミルプングン)
父:臨昌君
母:凝川郡夫人咸陽朴氏
妻:郡夫人淸風金氏
側室:郡夫人林川趙氏

子供
長男:觀錫
次男:商原君、粛宗の息子・延齡君(イ・フォン)の養子になったものの、父が李麟佐の乱に参加したため処刑されました。
三男:恒錫
四男:謙錫
五男:益錫

彼は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の主に19代粛宗~21代英祖の時代です。

日本では江戸時代の人になります。

おいたち 

1698年(粛宗24年)に生まれました。
父は臨昌君。昭顕世子の孫です。
つまり、密豊君は昭顕世子(ソヒョンセジャ)殯宮姜氏(ピングンカン氏)のひ孫です。

昭顕世子は16代国王・仁祖の長男でした。清で人質生活をおくったあと朝鮮に戻りましたが帰国直後に死亡しています。昭顕世子の死には謎が多く暗殺説もあります。

昭顕世子の死後。妻の殯宮姜氏は仁祖を毒殺しようとしたという罪を着せられて処刑されます。

昭顕世子と殯宮姜氏には息子が三人いました。すべて流罪になりました。長男と次男は流刑先で死亡しました。しかし三男の慶安君だけは生き残りました。

慶安君は18代国王・顕宗の時代に許されて王族として暮らし、結婚もして子供も生まれました。慶安君は1665年に死亡しました。しかし家が貧しく葬儀をだせないほどでした。気の毒に思った顕宗は慶安君の子らのために家を建て土地を与えました。

その慶安君の孫が密豊君 李坦(イ・タン)です。つまり密豊君は昭顕世子のひ孫です。本来なら正当な王族として優遇されていてもおかしくない血筋です。

粛宗家系図

密豊君の系譜

嬪宮姜氏の名誉回復

1718年。粛宗は晩年になって嬪宮姜氏を無罪だと認め”愍懐”という称号を与えました。姜氏の扱いは既に王族の身分を回復していた密豊君にとって最後の不安材料でした。

祖父・慶安君の母・嬪宮姜氏の名誉回復が実現しました。このとき密豊君は20歳でした。もともと西人派や老論は昭顕世子の一族の名誉回復には熱心でした。この時代に名誉回復されたのも老論の働きかけがあったからでしょう。

慶安君や父・臨昌君も顕宗が建てた家で暮らしました。しかし粛宗の時代に土地を没収されてしまいます。原因は不明。不祥事があったのかもしれません。

外交使節になって清に行く

1723年(景宗3年)。密豊君は謝恩使になって清に行きました。

1726年(英祖2年)。謝恩兼冬至使になって清に行きました。

清に使節として行くなど、王族の一員として働いていたようです。

反乱に担ぎ出された密豊君(イ・タン)

1728年(英祖4年)。英祖に不満を持つ少論派と南人派たちが反乱を起こしました。首謀者は少論派の中でもとくに過激な李麟佐(イ・インジャ)です。

李麟佐は「英祖は粛宗の息子ではない。景宗を暗殺した」などと言って英祖が正統な王ではないと主張しました。そして「密豊君が正当な王」といって担ぎ出して王にしようとしたのです。

密豊君は昭顕世子の子孫。粛宗の時代には過去に不当な扱いをうけた王族の名誉回復がされた時機でした。昭顕世子の子孫は由緒正しい王族と思われていたのです。

反乱には密豊君の長男・觀錫も参加しました。

密豊君がどの程度王座に興味があったのかはわかりません。

しかし李麟佐の乱は鎮圧されます。密豊君は捕まって英祖のもとに送られました。

密豊君の最期

しかし密豊君を待っていたのは賜死(しし)。つまり毒を飲んで命を断つことです。謀反ですから斬首になってもおかしくはありません。事実、李麟佐は斬首になっています。ですが密豊君は王族です。英祖としても王族にそのような不名誉な死に方をさせるわけにはいかなかったでしょう。

王族らしく死ねたのがせめてもの情けでしょうか。

また、ある説では自決したともいいます。

密豊君は悲劇の王族の末裔から一転して謀反者になってしまいます。

謀反者になった密豊君の息子も処刑されました。こうして細々と続いていた昭顕世子の家系は途絶えてしまいます。

しかし、1864年(高宗1年)。密豊君の名誉が回復しました。

TVドラマ

テバク SBS、2016年 演:ソ・ドンウォン
ヘチ SBS、2019年 演:チョン・ムンソン

コメント