聖王 ・日本に仏教を伝えた百済王は新羅との戦いで戦死

聖王は百済の26代国王。

聖王は死後に贈られた名前。生前は明王と呼ばれていたようです。

百済は高句麗に対抗するために新羅や倭国との同盟を行っていましたが、聖王の時代もひきつづき同盟関係を維持しました。

日本に仏教を伝えた王として知られます。

史実の聖王はどんな人物だったのか紹介します。

聖王 (ソンワン)の史実

いつの時代の人?

生年月日:不明
没年月日:554年
在位期間:524~554年

諡号:聖王 (ソンワン、せいおう)
日本では「聖明王、明王」。
中国・梁では「明」とよばれます。

姓:扶餘(ぷよ)
名前:明禯(ミョンノン)

父:武寧王
子:

百済の26代国王。
日本では飛鳥時代、継体天皇から欽明天皇の時代になります。

おいたち

 

524年。父の武寧王が死去すると即位。

新羅との同盟関係を強化しようとします。

中国南朝の梁から持節・都督・百済諸軍事・綏東将軍・百済王の称号を与えられました。

529年。高句麗の安臧王(あんぞうおう)が百済に攻めてきました。百済軍は高句麗軍と戦いましたが敗退。2000人の死者を出すなど大きな被害を受けました。

538年。首都を熊津(ウンジン、忠清南道公州市)から泗沘(サビ、忠清南道扶余郡)に移しました。国の名前を「南扶余」にしました。

540年。燕會将軍に命じて高句麗の牛山城を攻撃させましたが敗退しました。

伽倻をめぐって新羅と嫌悪になり、倭国(やまと)との連携を強めます。

541年。梁に朝貢して、仏教の経典、工匠、絵師などが与えられました。

541年と544年。任那復興を名目に倭国の軍事援助を求めました(これが日本書紀にある任那復興会議)。倭国に対して、百済が中心になって伽耶諸国をまとめるのを認める代わりに、倭国が軍隊を派遣するというものです。しかし倭国からの援軍が来たのは547年でした。

高句麗相手に単独で立ち向かえない百済は新羅に協力を求めました。

548年。高句麗は濊と協力して獨山城を攻撃してきました。新羅は3000の援軍を送ってきました。百済・新羅連合軍は高句麗軍に勝利しまいた。

551年。達己将軍と兵一万を送り漢山城を奪回しました。百済は6の群、新羅は10の群を得ることができました。新羅の真興王は更に領土を拡張しようと戦争を続けました。高句麗は突厥とも戦争していたので南の守りが手薄になっていたのです。

聖王は新羅の真興王に高句麗の首都・平壌を攻めることを提案します。ところが真興王は百済の提案を拒否。百済を裏切って高句麗と同盟を結びました。

553年。新羅が漢山城を新羅に奪われてしまいます。百済が高句麗から奪った領土の殆どを新羅に奪われてしまいました。

聖王は新羅と和睦したくて百済の軍の前進を止め、王女を新羅に送り政略結婚を進めようとしました。しかし新羅との戦争になってしまいます。

そこで日本に援軍を求め新羅に戦いを挑みます。

554年。聖王は昌王子(後の威徳王)に兵を与えて新羅を攻撃させます。昌王子が指揮する百済軍に加え、伽倻と日本から来た援軍が加わり新羅軍の管山城(忠清北道沃川郡)を攻撃。管山城を陥落させました。

聖王は奮闘した昌王子をねぎらうため、あるいは戦後処理のため側近と50騎ばかりの護衛兵をつれ管山城に向かいました。ところが狗川(忠清北道沃川郡)あたりで伏兵に襲われ命を落としました。

死後、聖王の諡がおくられました。

王が前線で命を失うという大事件に百済は衝撃を受けます。以後は百済は高句麗との戦いを止めて新羅との戦いに全力をかけることになります。

中国の梁に朝貢して仏教や工芸・絵画の技術を導入。聖王は轉輪聖王(インドで理想的な王を意味する言葉)を目指して積極的に仏教を広めました。国内だけでなく同盟国の日本に対しても仏像や経典を輸出しました。これらは軍事援助の見返りとして贈られたものでしょう。

テレビドラマ

ソドンヨ SBS 2005年 演:アン・ソックァン
帝王の娘スベクヒャン 2013年 MBC 演:チョ・ヒョンジェ

3.2 百済

Posted by Fumiya


PAGE TOP