趙岩(後梁)皇帝を裏切った者の末路は

五代十国7 その他の国や民族

趙岩(ちょう・がん)は中国の唐から五代十国時代。後梁の武将です。

ドラマ「両世歓」に登場する趙岩のモデルにもなっています。

唐の役人でした。

父・趙犨(ちょう・しゅう)や朱全忠とともに反乱軍と戦いました。

唐時代の末期に朱全忠の娘(後の長楽公主)と結婚しました。

朱全忠が後梁を建国すると後梁の重臣になります。

しかし後梁は長くは続きません。後唐に攻められて滅亡します。そのとき趙岩は皇帝を見捨てて逃げました。でも逃げた先で裏切られて殺害されます。

史実の趙岩はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

趙岩の史実

いつの時代の人?

生年月日:不明
没年月日:923年

姓 :趙(ちょう)
名称:岩(がん)

国:唐→後梁
称号:駙馬都尉

父:趙犨(ちょう・しゅう)
母:不明
妻:長楽公主

 

日本では平安時代になります。

 

おいたち

生年は不明。

父は趙犨(ちょう・しゅう)。唐の役人で陳州刺史(陳州の長官)を務めました。

趙岩は次男です。

883年。陳州に黄巣軍が攻めてきました。黄巣(こう・そう)は塩の密売業者で農民たちを扇動して反乱を起こしました。黄巣軍は874年に挙兵して一時は長安を占領するほど勢いがあったのですが、このころは長安を追われて地方に逃げていました。

趙犨は黄巣軍を鎮圧するために戦いました。趙岩は他の兄弟たちと一緒に父の指揮下で戦いました。朱全忠(しゅ・ぜんちゅう)も趙犨たちに協力して反乱軍と戦いました。

その後、唐の朝廷内で朱全忠の力が強くなると、趙犨は次男の趙岩を朱全忠の娘(長楽公主)を結婚させました。

後梁時代

開平元年(907年)4月。朱全忠が唐の哀帝・李柷を無理矢理譲位させて皇帝の座を奪いました。

朱全忠は自分が皇帝になって 朱晃(しゅ・こう)と改名。
「梁」を建国しました。「梁」という名前の国が他にもあるので「後梁」とか「朱梁」と言います。

その後、哀帝は毒殺されました。

妻には「長楽公主」の称号が与えられ。

趙岩には「衛尉卿」の官職と「駙馬都尉」の称号が与えられました。「駙馬」とは「王女の夫」「王家の婿」という意味です。

909年。宿州團練使に任命され。禁軍(宮殿の防衛部隊)の指揮を任されました。

912年。太祖 朱晃が息子の朱友珪(しゅ・ゆうけい)に殺害されました。朱友珪が後梁の2代皇帝になりました。

朱友珪は朱友文(しゅ・ゆうぶん)が太祖 朱晃を殺したと批判。朱友文を処刑しました。

でも多くの臣下たちは朱友珪が太祖・朱晃を殺したのではないかと疑いました。

趙岩は太祖 朱晃の甥・袁象や、将軍の楊師厚一と協力。王族の朱友貞(しゅ・ゆうてい)を担いで反乱を起こし、朱友珪を自害に追い込みました。

朱友貞は後梁の3代皇帝になりました。

末帝・朱友貞の時代

趙岩は朱友貞を皇帝にした功労者として信頼されました。

趙岩は戸部尚書(内務大臣)になりました。

趙岩は、自分の功績と皇帝の親戚の地位を利用して次第に傲慢になっていきます。賄賂を平然と受け取るようになりました。

末帝・朱友貞も姻戚関係のある臣下しか信用しませんでした。趙岩と張漢鼎、張漢傑、張漢倫、張漢融を優遇します。

915年。趙岩の提案で天雄軍(軍閥のひとつ)を弱体化させて2つに分けました。それに反発した天雄軍は普に寝返ってしまいます。

917年。趙岩は、洛陽の近くで天地の神を祀る盛大な儀式を行うことを提案しました。大臣の景祥は儀式には膨大な費用がかかるので反対しました。

墓泥棒だった温韜(おん・とう)を軍の隊長に推薦したりしたこともあります。

後唐との戦い

923年。後梁と敵対していた普王・李存勗(り・そんきょく)が皇帝を自称。「唐(後唐)」を建国しました。

後梁と後唐は黄河付近で戦い、後梁は領土を奪われました。でも、王彦章(おう・げんしょう)の軍が後唐を破り、領土を取り戻しました。

王彦章と仲の悪かった趙岩は外戚の張一族とともに末帝・朱友貞の前で王彦章を激しく批判。王彦章の副官だった段凝(だん・ぎょう)の手柄にするよう何度も言いました。

その結果、末帝・朱友貞は王彦章を左遷してしまいました。

皇帝を裏切って逃亡した先で裏切られる

その後、段凝が率いる後梁軍は後唐軍に敗退。後唐軍は洛陽に向かってきます。

末帝・朱友貞は首都・開封を出て洛陽に逃げようとしましたが、趙岩は「皇帝が逃げたら兵たちが反乱するかもしれない」と言ったので末帝・朱友貞は開封脱出をやめました。

ところが、趙岩本人も逃亡を計画していました。

趙岩は温韜と親しかったので温韜が支配する許州に逃げました。

その後、後唐が開封に攻め込んできて末帝・朱友貞は自害。後梁は滅亡しました。

後梁が滅亡すると趙岩は温韜に裏切られて殺害されました。
温韜は趙岩の首を後唐に届けて後唐に降伏しました。

趙一族は後唐によって粛清されます。

皇帝を裏切った報いが自分に戻ってきた形です。

趙岩は末帝・朱友貞の即位前と即位後で評価が変わってしまいます。

「権力を持ったら人が変わってしまう」典型的な人物です。

テレビドラマの 趙岩

両世歓 2020年、中国 演:劉帥

架空の人物が多い両世歓の中で実名で登場する数少ない人物。
ドラマの中でも「趙岩」の名で登場します。
劇中の年齢は実際よりも若い設定です。

雍帝のもとで働く役人。景辞のよい友人。

鄴王(朱友珪がモデル)が雍帝(太祖・朱晃がモデル)を殺したあと。景辞とともに鄴王を倒し慶王(末帝・朱友貞がモデル)が即位します。

劇中で恋人関係になる長楽公主とは史実でも夫婦。

人物名が変わったりアレンジはされてるものの、大まかな流れは史実に近いです。

ドラマは慶王(末帝・朱友貞)が即位してまもなく終わるので趙岩の良いところだけ描かれます。

両世歓に続編があったらかなり悲惨な内容になったでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました