慈聖光献曹皇后 は神宗皇帝の改革に反対した抵抗勢力のボス

宋2 明・宋

慈聖光献(じせいこうけん) 皇后は北宋の皇后。第4代皇帝 仁宗の正室です。

(そう)皇后とも呼ばれます。

中国ドラマ「明蘭」に登場する皇后(後に皇太后)のモデルになったのが慈聖光献皇后。

ドラマではラスボスのように描かれます。歴史上も様々な事件に関わっている人物です。

史実の慈聖光献 皇后はどんな人物だったのか紹介します。

慈聖光献曹皇后の史実

慈聖光献曹皇后いつの時代の人?

生年月日:1016年
没年月日:1079年11月16日

姓:曹
名:不明
称号:慈聖光献皇后、慶寿太皇太后
地位:北宋の皇后
父:曹玘
母:馮氏
夫:仁宗(北宋・第4代皇帝)

子供:

彼女は北宋・第4代皇帝の妃です。

日本では平安時代になります。

おいたち

1016年。北宋の役人・曹玘の娘として生まれました。

祖父・曹彬(そう ひん)は北宋の建国に貢献した将軍です。

後宮に入る前に李植という男と結婚したといいます。ところが李植は結婚式当日に逃げてしまいました。曹氏は実家に戻りました。

1032年。仁宗の正室・郭皇后と側室が争い、そのまきぞえで仁宗は怪我をしました。仁宗の顔に傷を付けた郭皇后は配位されてしまいます。争いの元になった側室も後宮を追放されました。

1033年。名門・曹家出身の曹氏が皇后に選ばれました。

皇后時代

慈聖光献皇后は優しく慈悲深い性格で質素な生活を送っていました。宮殿の庭に畑を作り穀物を育てたり蚕を育てました。

1048年。宮中の衛兵が反乱を起こしました。

1063年。仁宗が急死。英宗が即位しました。

英宗の時代。皇太后になる

曹皇后は皇太后になりました。

英宗はすでに31歳の大人でしたが即位してまもなく病になります。政治を行うことができなくなったので曹皇太后が政治を行いました。曹皇太后は後宮ではなく、朝廷に出向いて臣下の話を聞きました。

やがて病気が好転すると曹皇太后は引退。英宗が復帰しました。ところが英宗は全快することなく1067年に病死してしまいます。

神宗の時代・改革に反対

英宗の死後。英宗の息子・神宗が即位しました。

神宗は王安石を採用。改革を行おうとしました。王安石は国の組織を効率のいいものにして財政的な負担を減らし、国を発展させようというものでした。ところが大地主や商人、皇族たち既得権の利権を縮小する内容も含まれていました。

朝廷内でも反対するグループがいました。曹皇太后も反対派に味方しました。曹皇太后は神宗に「先祖代々の法律を軽々しく変えるべ出来ではない」と意見しました。

しかし神宗と王安石は抵抗にあいながらも改革を進めます。

1079年。改革に反対していた蘇軾(そ しょく)が投獄されました。蘇軾は有能な政治家でしたが普段から遠慮のない発言が多く死罪を求める声が殺到しました。蘇軾は死を覚悟しました。曹皇太后は蘇軾が功績のある臣下でもあるので罪を軽くするように神宗に言いました。すると神宗は曹皇太后の意見を聞いて黄州への左遷にしました。

1079年冬。曹皇太后は死去。享年64歳。仁宗皇帝とともに永昭陵に葬られました。

TVドラマ

明蘭 2018年、中国 演:楊青

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました