章献明粛 皇后・庶民から宋の皇后になった劉娥とは?

宋2 明・宋

章献明粛(しょうけんめいしゅく)皇后は宋の3代皇帝 真宗 趙恒の正室。

名前は 劉娥(りゅう・が)と言われますが。物語で作られた架空の名前です。本当の名前は記録には残っていません。

低い身分から皇子の妾になり後に皇后・皇太后になりました。

皇太后になってからは幼い仁宗のかわりに垂簾聴政をしました。

権力欲が強かった部分はあるものの、漢の呂后や唐の武則天のように残虐なことはしていませんし。武則天のように実の子を廃して皇帝の座を奪うようなこともしていません。

そのため「呂武(呂后と武則天)のような才能はあるが、呂武ほど悪ではない」とも言われました。

時代が違えば有能な政治家になったかもしれない人物です。

史実の章献明粛 皇后はどんな人物だったのか紹介します。

 

スポンサーリンク

章献明粛(しょうけんめいしゅく)皇后の史実

いつの時代の人?

生年月日:968年2月9日
没年月日:1033年4月30日

姓 :劉(りゅう)氏
名称:不明 
 名前は「娥(が)」といわれることもありますが、記録には残っていません。

国:宋(北宋)
地位:美人→修儀→徳妃→皇后→皇太后
称号:章献明粛 皇后

父:劉通
母:龐氏
夫:龔美(劉美)、真宗 趙恒

子供:なし
養子:仁宗 趙禎

彼女は宋(北宋)の3代皇帝 真宗の正室。
4代皇帝 仁宗の養母です。

日本では平安時代の人物になります。

 

章献明粛 皇后の相関図

おいたち

劉氏の家族は太原(現在の山西省太原市)に住んでいましたが、祖父の劉延慶は益州華陽県で暮らしていたといいます。

父は北宋の武官・劉通。加州刺史でした。
祖父は右驍衛 大将軍・劉延慶といいます。劉氏は劉通の長女か次女のどちらか。劉氏の幼いころ、父の劉通は北漢との戦いで戦死。母も死亡しました。

両親を失った劉氏は母方の家に引き取られ祖母に育てられました。祖母は劉氏を娯楽施設に入れて劉氏は歌女になりました。

というのが宋史に書かれている内容です。

劉氏は結婚後も歌や太鼓が上手かったことが知られています。かなり訓練を受けているはずです。売られてきたか身寄りのない身分の低い人物だったのではないか?武将の家族というのは皇子に取り入るための作り話ではないか?とも言われます。

やがて劉氏は銀細工師の龔美と結婚しました。

龔美と劉氏の夫婦は都の開封府(かいほうふ)にやってきました。しかし生活は苦しく夫の龔美は劉氏を売って別の女と結婚しようと考えました。

酷い話ですが、実際に昔の中国では娘や妻を売る人がいました。

そのころ。襄王 趙元侃(ちょう・げんかん、後の真宗)は「蜀の婦人は多才で知恵があるからぜひ迎えたい」と周囲に語っていました。

襄王 趙元侃に使えていた役人の張耆(ちょう・き)は、龔美の話を聞き劉氏を見に行きました。劉氏を見た張耆は気に入って劉氏を襄王 趙元侃に紹介。襄王 趙元侃は龔美から劉氏を買いました。

襄王 趙元侃は美しくて賢い劉氏を大変気に入りました。でも公式な結婚ではないので世間には隠していました。

また前夫の龔美も襄王 趙元侃と親しくなりました。

ところが趙元侃の乳母・秦国夫人は厳しい人でした。皇子が歌女を買ってきて妾にしているのが嫌で劉氏を嫌っていました。

あるとき。趙元侃の父・太宗が趙元侃が痩せているのを見て不思議に思い、秦国夫人にその理由を聞きました。秦国夫人は劉氏のせいだと言いました。そこで劉氏の存在が皇帝にバレてしまいます。

太宗は皇子の趙元侃が勝手に卑しい身分の女を囲っていると知り劉氏を追い出すように命令しました。趙元侃は劉氏と別れたくありませんが、父の命令には背けないので張耆の家に匿い時々密かに会っていました。

その後、趙元侃は太宗が選んだ名門・潘美の娘と結婚します。

張耆は劉氏が趙元侃のお気に入りだと知っているので劉氏を丁寧にもてなしました。また劉氏との関係を疑われたなくないので張耆は家では暮らさず、王府で寝泊まりしました。

995年。襄王 趙元侃は皇太子になり、趙恒(ちょう・こう)と改名しました。

真宗 趙恒の即位で側室になる

997年。宗太宗が死去。皇太子の趙恒が皇帝に即位しました。真宗の誕生です。

真宗は即位すると劉氏を後宮に迎えました。でもすでに皇后や妃が決まっていたので、最初は劉氏には位がありませんでした。

劉氏は後宮で他の妃嬪達と寵愛を争うことはありませんでした。当時、真宗の後宮で最も寵愛を集めていたのが楊氏(後の楊淑妃)です。劉氏は楊氏の姉妹のような関係になり楊淑妃とは争おうとはしませんでした。

景徳元年(1004年)。劉氏は「美人」(四品)に昇格しました。

前の夫を取り立てる

劉氏は前夫の龔美を自分の「兄」ということにして「劉美」と名乗らせ仕官させました。自分を売った元夫を採用させるのは不思議な気もしますが。今となっては皇帝の側室でいい暮らしが出来ていますし。二人の間には他人がわからない事情があったのかもしれません。また、劉氏には兄弟や家族がいませんから自分の手足になる「駒」のような存在が欲しかったのかもしれません。

劉美人と直接関わりはありませんが。この年に契丹(遼)と戦争があり、宋と契丹の間に「澶淵の盟」という和平条約が結ばれました。

皇后候補になるものの反対される

景徳4年(1007年)。郭皇后が病死。真宗の息子もみな病死しています。

真宗は劉美人を皇后にしようとしました。でも寇准、李迪、向敏中、王旦たち重臣は「劉氏の家柄が低いので国母になれない」と反対しました。重臣の趙安仁は前の宰相・沈倫の孫・沈才人を皇后に推薦しました。でも真宗は不満でした。このとき王欽若が趙安仁は私利私欲のために沈才人を推薦していると嘘の証言をして沈才人の昇格はなくなりました。

このとき寇准が劉氏の皇后擁立に反対したので、後に二人の対立の原因になります。

侍女 李氏の息子を養子にする

その後も劉美人は寵愛を受けましたが懐妊はしませんでした。

1007年。劉美人は「修儀」になりました。

1010年。劉修儀の侍女・李氏が真宗の寵愛をうけ息子・趙禎(後の仁宗)を出産。

真宗は趙禎を劉氏の息子にしました。真宗は劉氏が妊娠した記録まで作らせて劉氏が生んだことにしました。

でも実際に趙禎を育てたのは楊淑妃でした。

真宗と劉氏は趙禎の生母が李氏なのは秘密にしました。趙禎も劉氏が生母で楊氏が育ての母だと思っていました。

趙禎の生母・李氏はその後、女の子を出産しましたが娘は幼くして死亡。李氏は一生、趙禎の母とは認められませんでした。李氏は息子を巡って劉修儀と争うことはせず、劉修儀の保護をうけて生きる道を選びました。

皇后の時代

劉修儀は頭が良くて歴史や書物に詳しく政治のこともよく知っていました。

1012年。劉修儀は「徳妃」になりました。

9月にはかつて沈才人を皇后に推薦していた趙安仁が失脚。

12月。真宗は劉氏を皇后にしました。

真宗は劉皇后を政治に参加させました。

1018年。趙禎が皇太子になりました。

1020年。真宗は病気で政治が難しくなり、政務や臣下達の上奏は劉皇后が決裁するようになりました。劉皇后は宰相の丁謂(てい・い)のアドバイスを受けながら政務を行いました。

寇準(こう・じゅん)との対立

ところが寇準、王旦、向敏中は劉皇后の政治介入と丁謂が力を持つのを嫌いました。

寇準は「丁謂、錢惟演は裏切り者で少主(皇太子)の助けにはならない」と真宗に訴えました。そこで真宗は皇太子に監国(皇帝代理)を任せ寇準に補佐させようとしました。

劉皇后はその動きを知り、先手を打って寇準の太子太伝(皇太子の世話役)を解任。その後、丁謂が「寇準は謀反に加担した」と濡れ衣をきせて地方に左遷させました。

寇準はかつて劉皇后の皇后即位に反対しました。また、劉皇后の一族が違法行為を行ったとき、真宗が劉皇后のメンツを考えて放免しました。寇準はそれに反対しました。

そのため劉皇后と寇準は仲がよくありません。また寇準は頑固なので敵が多いです。寇準は契丹との戦争では徹底抗戦を主張。とにかく戦争をしたがるので周りからは「寇準は戦争を利用して自分が権力を持とうとしているのではないか」と噂されました。劉皇后は文官たちを信頼していたので、そんな寇準の態度にも不信感を持っていたのかもしれません。

寇準も国を考えての言動ですが。この時期、真宗の代わりに劉皇后が決裁を行っていたのは寇準には不運でした。

その後、真宗が危篤になると皇太子・趙禎のいる資善堂で朝議が行われ、劉皇后が補佐するようになりました。

年末には臣下たちに「皇后がいるから心配ない」と書き残したといいます。

乾興元年(1022年)2月。真宗が死去。趙禎が皇帝に即位しました。仁宗の誕生です。

劉皇后が皇太后になりました。

劉皇后は幼い仁宗にかわって垂簾聴政を行います。

続きはこちら↓

摂政皇太后として国を動かした後半生の紹介

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました