李氏朝鮮の王子・王女

譲寧大君(ヤンニョンテグン)は李氏朝鮮4代国王・世宗の兄です。

幼い頃に世子になり本来なら譲寧大君が次の王になるはずでした。しかし問題行動が多いと重臣たちから訴えられ世子の地位を奪われてしまいます。

史実の譲寧 ...

李氏朝鮮の王子・王女

安平大君は李氏朝鮮4代国王・世宗の三男。兄は5代国王文宗、7代国王世祖(首陽大君)です。

文宗の息子、端宗を補佐して政治に関わりましたが、兄・首陽大君との争いに破れて処刑されてしまいます。

政治的に関心があった ...

李氏朝鮮の国王

燕山君は李氏朝鮮の最悪の暴君といわれる国王です。

母が王妃にもかかわらず廃妃になり死亡するという複雑な生い立ちと、育った環境から偏屈な性格になってしまったのは仕方ないかもしれません。治世の全てが荒れていたわけではありません ...

李氏朝鮮の人々

韓国時代劇「逆賊・民の英雄ホン・ギルドン」ではギルドンは洪僉知(ホンチョムジ)を名乗ります。

僉知(チョムジ)というのはヒーローを意味する言葉ではありません。役人の役職名です。

僉知とは何なのか。ギルドンはなぜ ...

李氏朝鮮の人々

韓国時代劇に登場するオム・ジャチには二人います。

一人は世宗~端宗時代の宦官。こちらは実在の人物です。

一人は「逆賊」に登場する燕山君時代の役人です。こちらは架空の存在ですが、モデルになった人物はいます。嚴貴孫 ...

李氏朝鮮の妃・側室

章敬王后は李氏朝鮮第11代国王・中宗の二人目の王妃です。

中宗には3人の王妃がいました。即位してわずか7日で廃妃になった端敬王后と、長い間権力を持っていた文定王妃(大妃)の間にはさまれてあまり有名ではありません。

李氏朝鮮の王子・王女

普城大君は李氏朝鮮の王族。後に王になって「中宗」と呼ばれます。

普城大君は王妃から産まれた嫡流の血筋でしたが、普城大君が産まれたときには既に世子として燕山君がいたので王になるはずではありませんでした。

ところが ...

高麗

高麗と朝鮮王朝は文臣が力を持つ国でした。武臣はいても地位は低いままでした。高麗の18代毅宗の時代。待遇に不満を持った武臣が反乱を起こし武臣政権を作りました。役100年続く武臣政権の始まりです。日本の幕府と違って高麗の武臣政権のトップは ...

高麗

金俊(キム・ジュン)は高麗の武人でした。もともとは奴婢でしたが、出家して僧侶になり。優秀さを認められた金俊は推薦で武官になります。当時の高麗は朝鮮半島でも珍しい武官が権力を持っていた時代。武臣政権の時代です。

金俊は、とき ...

大陸の国々

慕容宝(ぼよう ほう)は後燕の2代皇帝。

後燕は4世紀ごろに中国大陸に存在した国。遼東半島から現在の北京のあたりを領土に持つ国です。正式な国号は「燕」。後世の歴史家が同じ名前の国と区別するため慕容氏の作った国は「後燕」と呼 ...

PAGE TOP