4.2 南北朝

スポンサーリンク
4.2 南北朝

赫連皇后(太武皇后) 匈奴の王女から鮮卑の皇后に

赫連皇后(かくれんこうごう)は北魏の皇后。 第3代皇帝・太武帝の正室です。 おくりな(諡号)は「太武皇后」。 歴史上は太武皇后と呼ばれることが多いです。 史実の赫連皇后はどんな人物だったのか紹介します。 赫連皇后(太武皇后)の史...
4.2 南北朝

拓跋翰 は 皇帝候補に選ばれた直後に暗殺された

拓跋翰(たくばつ かん)は、拓跋鮮卑が作った国・北魏の皇族。 北魏第3代皇帝・太武帝の三男です。 太武帝の死後。臣下たちによって次の皇帝候補に担がれたことがありました。ところが仲の悪かった宗愛によって殺害されてしまいます。 史実の拓跋...
4.2 南北朝

宗愛 中国史上唯一の2人の皇帝を暗殺した宦官

宗愛は北魏の宦官。 太武帝と拓跋余の2人の皇帝を暗殺、皇太子を結果的に死に追いやった人物です。 長い中国の歴史でも、2人の皇帝を暗殺した宦官は他にいません。 史実の宗愛はどんな人物だったのか紹介します。 宗愛の史実 いつの時代の人...
スポンサーリンク
4.2 南北朝

景穆恭皇后 閭氏 は 皇太后争いで犠牲になった拓跋濬の生母

恭皇后 閭(りょ)氏 は北魏の皇帝・文成帝の生母。 ドラマ「王女未央」では拓跋濬の母親・太子妃のモデルになった人物です。 夫の 拓跋晃(たくばつ こう)が景穆皇帝と呼ばれるため、閭氏は景穆恭皇后と呼ばれることもあります。 史実の景穆恭...
4.2 南北朝

拓跋晃(景穆太子)拓跋濬(文成帝)の父は期待された皇太子だった

拓跋晃(たくばつ こう)は 太武帝(たいぶてい)の長男、北魏の皇太子でした。 拓跋濬(文成帝)の父親になります。 本来なら拓跋晃が次の皇帝になるはずでしたが若くして死亡してしまいます。 歴史上の拓跋晃(たくばつ こう)について紹介しま...
4.2 南北朝

太武帝 華北を統一した武闘派皇帝のあっけない最期

太武帝(たいぶてい)は北魏の第3代皇帝。 本名は 拓跋燾(たくばつ とう)。 北魏は十六国時代に鮮卑系の拓跋氏が作った国。三国時代の曹氏が作った魏(曹魏、前魏ともいいます)ではありません。 太武帝は積極的に遠征を行い、北魏の領土は倍に...
4.2 南北朝

文帝・楊堅は隋の初代皇帝

文帝・楊堅は隋の初代皇帝です。 隋を建国して300年ぶりの統一された中華王朝を作りました。そのため漢民族だといわれることもありますが、祖先は遊牧民族の鮮卑系だとされています。 史実の楊堅はどんな人物だったのか紹介します。 楊堅の史実 ...
4.2 南北朝

陸 令萱(陸貞)は北斉の宮廷で大きな力をもった悪女だった

ドラマ「独孤伽羅・皇后の願い」で伽羅の友人として登場する陸貞は、北周に実在した陸 令萱がモデルになっています。 歴史上の陸 令萱は北周の宮中で皇帝の乳母として権力を集めた悪女といわれます。 史実の陸 令萱ははどんな人物だったのか紹介しま...
4.2 南北朝

楊麗華:楊堅と独孤伽羅の娘は夫と親に翻弄された

楊麗華は随の初代皇帝・楊堅と独孤伽羅の娘です。 北周皇帝・宣帝と結婚して皇后になりましたが。宣帝の時代には皇后が4~5人もいました。苦労の耐えない皇后生活でしたが自分から他の皇后や側室と争うことはなかったと言われます。 父・楊堅が北周を...
4.2 南北朝

宇文護:皇帝を操った独裁者は北周を発展させた功労者だった

宇文護は北周の皇族であり重臣。 皇帝以上の権力をもっていました。 対立する重臣を排除したり、意のままにならない皇帝を廃して独裁を行いました。 しかし最後は、武帝に暗殺されてしまいます。 史実の宇文護はどんな人物だったのか紹介します...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました