1.3 南北朝

1.3 南北朝

楊 爽:隋文帝 楊堅の弟は死霊の祟りで死んだ?

楊 爽(よう そう)は北周~隋の時代の武将。 隋初代皇帝・楊堅の弟です。 末弟で20歳近くも歳が離れていました。そのため楊爽の活躍は隋の建国後に集中します。隋建国後の突厥との戦いでは指揮官をつとめました。ところが若くして病気で死亡してし...
1.3 南北朝

宣帝・宇文贇 は北周の滅亡を早めてしまった皇帝

宣帝・宇文贇(うぶん せん)は北周の第5代皇帝です。 歴史上は酒色に溺れ、暴力をふるう悪い皇帝として知られています。 宣帝の死後。1年で北周は滅びました。 宣帝時代に権力を握っていた楊堅が下剋上して隋を建国したからです。 史実の宇文...
1.3 南北朝

順陽公主 (宇文氏)北周武帝の妹は独孤伽羅と仲が悪い

順陽公主 (宇文氏)は北周武帝の妹。 楊堅(よう けん)の弟・楊瓚(よう さん)の妻です。 中国ドラマ「独孤皇后」では 宇文珠(うぶん じゅ)の名前で登場します。 「順陽公主」と呼ばれる皇女は歴史上何人かいます。 この記事で紹介する...
スポンサーリンク
1.3 南北朝

楊瓚・隋文帝 楊堅の弟は兄に殺された?

楊瓚(よう さん)は北周~隋の時代の武将。 隋初代皇帝・楊堅の弟です。 北周皇帝からの信頼が厚く、北周武帝の妹と結婚していました。北周王朝を倒して自分の国を建国した兄とは仲がよくありません。 最後は兄とでかけた先で急死してしまいます。...
1.3 南北朝

阿史那皇后・突厥から異文化を運んできたテュルクの姫

阿史那(アシナ)皇后(武徳皇后)は北周の武帝・宇文邕(うぶん よう)の正室。 テュルク系遊牧民の国・突厥出身です。 鮮卑系国家・北周と突厥の同盟のため、武帝に嫁ぎました。国と国の同盟のための結婚です。 史実の阿史那(アシナ)皇后はどん...
1.3 南北朝

宇文会・宇文護の息子は親の七光りで出世した?

宇文会は北魏の大宰相・宇文護の息子。 宇文護は日本ではほとんど知られていませんでした。蘭陵王のドラマでは敵国のボス的扱いです。ドラマ「独孤伽羅」「独孤天下」などでは皇帝以上の権力を持つ宰相として描かれます。 宇文護は優れた政治家でしたが...
1.3 南北朝

独孤善・独孤伽羅の兄は宇文護に疎まれて失業

独孤善は西魏~北周の武将。 独孤信の次男。 北周の明敬皇后(ドラマでは般若)の異母兄。 隋の文献皇后(伽羅)の異母兄です。 独孤信には息子が何人かいました。 父親や姉妹は有名ですが、息子はほとんど知られていません。 独孤...
1.3 南北朝

趙貴・宇文泰に信頼された苦労人

趙貴(ちょう き)は北魏~北周の武将。 北魏で反乱が起きたとき的に捕まりましたが、賀抜岳(がばつ・がく)に助けられ賀抜岳のもとで戦います。賀抜岳の死後は宇文泰(うぶん・たい)の配下になります。 北魏は西魏・東魏に分裂し争いが絶えない世の...
1.3 南北朝

楊忠・隋文帝の父は勇猛な将軍だった

楊忠は古代中国・北魏~北周の武将。 隋の初代皇帝・文帝(楊堅)の父親です。 いくつもの戦いで功績を上げた勇猛な将軍でした。 虎と戦ったという武勇伝もあります。 史実の楊忠はどんな人物だったのか紹介します。 楊忠の史実 いつの時代...
1.3 南北朝

王女未央の時代・馮太后の生きた中国南北朝時代

「王女未央」の舞台は南北朝時代の中国。 日本では馴染みの薄い時代ですが、意外なことにこの時代の中国文化は日本に大きな影響を与えています。朝鮮半島から伝わったといわれる仏教・文化・技術もこの時代の中国のものです。 ドラマで描かれる町並みや...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました