2.2 高麗の重臣や人々

王式廉(ワン・シンニョム)は高麗の王族で重臣。

太祖・王建の伯父にあたり、王族としても強い影響力を持っていました。王建の死後、後継者争いが起こり、王式廉は王堯(ワン・ヨ、後の定宗)を王にすることに成功。
定宗を操り ...

2.2 高麗の重臣や人々

高麗と朝鮮王朝は文臣が力を持つ国でした。武臣はいても地位は低いままでした。高麗の18代毅宗の時代。待遇に不満を持った武臣が反乱を起こし武臣政権を作りました。役100年続く武臣政権の始まりです。日本の幕府と違って高麗の武臣政権のトップは ...

2.2 高麗の重臣や人々

金俊(キム・ジュン)は高麗の武人でした。もともとは奴婢でしたが、出家して僧侶になり。優秀さを認められた金俊は推薦で武官になります。当時の高麗は朝鮮半島でも珍しい武官が権力を持っていた時代。武臣政権の時代です。

金俊は、とき ...

2.2 高麗の重臣や人々

廉興邦(ヨム・フンバン)は高麗の重臣。

恭愍王に仕え、若くして学問に優れ改革を目指す人物でした。元や異民族から高麗を守るために戦いました。

しかし恭愍王の死後、親元派の李仁任(イ・イニム)が力をつけると李仁任の ...

1.4 李氏朝鮮の重臣, 2.2 高麗の重臣や人々

「チャン・ヨンシル」にはユ・バンテクという役人が登場します。書雲観という天体観測を行う役所の責任者です。

高麗時代から書雲観で働いている人なのですが、朝鮮王朝に不満があり高麗を復興させようとしてるという設定でした。 ...

2.2 高麗の重臣や人々

李芳雨(イ・バンウ)は李氏朝鮮を建国した太祖・李成桂の長男。

高麗への忠誠心が厚かった李芳雨は、父・李成桂が高麗王を排除し王の座につくと、父親に反発しました。都を離れ、田舎で隠居生活をおくってしまいます。

史実 ...

2.2 高麗の重臣や人々

李仁任(イ・イニム)は高麗末期の政治家。李成桂(イ・ソンゲ)の最大の政敵とされ、奸臣ともいわれます。

李仁任は権門勢族とよばれる高麗に仕えた貴族の首領でした。高麗末期には権門勢族は富や権力を独占し高麗朝廷は腐敗が進んでいま ...

2.2 高麗の重臣や人々

千秋太后で、ソ・ヒとともに契丹に立ち向かう頼りになる武将カン・ガムチャン(姜邯賛)は実在の人物。韓国では千秋太后よりも有名な人物だといわれています。

史実のカン・ガムチャンはどんな人物だったのか紹介します。

姜邯賛( ...

2.2 高麗の重臣や人々

ドラマ「千秋太后」に登場するキム・チヤン(金致陽)は実在の人物。

 

ドラマでは高麗滅亡を目指す新羅王族の子孫という設定。千秋太后の愛人となります。歴史上のキム・チヤンは新羅王族の子孫ではありません。千秋太后の ...

2.2 高麗の重臣や人々

↑左端の人がカン・ジョ(康兆)

千秋太后で千秋太后に想いをよせつつ仕える武将として描かれたカン・ジョ(康兆)は実在の人物です。

ドラマでは渤海の子孫という設定でしたが、高麗の名門の家柄です。一族には後高句麗や高 ...

PAGE TOP