4.2 隋唐 皇后・側室・公主

4.2 隋唐 皇后・側室・公主

唐代宗の娘・わがまま昇平公主がヒロインの京劇「打金枝」

中国には昇平公主を主人公にした「打金枝」という劇があります。 「打金枝」は京劇でもおなじみです。 「打金枝」のヒロインは唐の代宗の娘・昇平公主。 京劇以外にも様々な演劇で演じられていて、様々なバーションがあります。 もとは清朝時代に...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

華陽公主・病で若くして亡くなった唐代宗の最愛の娘

華陽公主(かようこうしゅ)は8世紀の唐の皇族。 11代皇帝 代宗の娘です。 母は貞懿皇后 独孤氏。 独孤氏は生前は貴妃だったので皇后になったのは死後です。 唐の代宗の娘といえば、昇平公主 が有名です。昇平公主 の夫婦喧嘩は京劇の演目...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

臨海公主・名門 河東裴氏に嫁いだ 唐高祖・李淵の娘

臨海公主(りんかいこうしゅ)は唐の時代の皇族。 初代皇帝 高祖 李淵(りえん)の十六女です。 臨海公主は名門の裴律師(はい・りつし)と結婚しました。 裴律師の父・裴寂(はい・せき)は李淵と親しく。唐の建国に貢献。宰相も務めました。 ...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

王皇后・唐高宗の正室は武則天に敗れて処刑された

王皇后は唐の第3代皇帝 高宗 李治の正室。 李治が王子時代から妻でした。 でも高宗 李治からはあまり愛されず、高宗は側室の蕭淑妃や武則天を寵愛していました。 やがて高宗の寵愛を独り占めする武則天や彼女を支持する派閥によって。王皇后は廃...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

巣王妃 楊氏(楊妃)夫を李世民に殺され妾になった隋の皇族

巣王妃楊氏は隋から唐時代の王族。 隋の皇室のいち員でした。 最初は斉王 李元吉と結婚したのですが。玄武門の変で李世民は李元吉を処刑。 李元吉の妻の楊氏を自分の妾にしました。 太宗 李世民は巣王妃楊氏を大変気に入っていて。 長孫皇后が...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

昇平公主・唐代宗に可愛がられ夫婦喧嘩が歴史に残った皇女

昇平公主(しょうへいこうしゅ)は唐の公主(皇帝の娘)。 9代皇帝・代宗の娘。 10代皇帝・徳宗の妹。 父や兄から可愛がられた公主でした。 夫の郭曖(かく・あい)は、安史の乱で活躍した郭子儀(かくしぎ)の息子。 昇平公主と郭曖は夫婦...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

武太后(武則天)が権力を握って皇帝になるまでのいきさつ

武則天は中華王朝史上ただ一人の女帝です。 則天武后(武則天)は14歳のとき太宗 李世民の後宮に入宮。 太宗の死後、高宗の側室になり。他の妃嬪や皇后を追い落として自分が皇后になりました。 武則天を皇后にするのは高宗の意思も強く働きました...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

則天武后(武則天)は唐高宗を操り国を動かした

則天武后(武則天)は中国史上唯一の女帝。中国三大悪女の一人ともいわれます 則天武后(武則天)は14歳のとき太宗 李世民の後宮に入宮。「武媚」の名を与えられましたが、寵愛は受けていません。太宗の死後、武媚は他の妃嬪とともに寺に入れられました...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

武則天(武媚娘)が 太宗の後宮に入って高宗の皇后になるまでの道のり

武則天は中国史上唯一の女帝。 武媚娘(ぶ・びじょう)、武媚(ぶ・び)ともよばれます。 唐の第2代皇帝・太宗 李世民の後宮に入りましたが、太宗の後宮では寵愛を受けていません。 ところが皇太子の李治と親密になり。太宗の死後は一時的に寺に入...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

城陽公主(唐太宗の娘)夫は兄と謀反を起こし、自分は蠱毒事件を引き起こして地方に左遷

城陽公主(じょうようこうしゅ)は唐の2代皇帝 太宗 李世民の娘。 母は長孫皇后。 皇太子・李承乾、魏王・李泰、唐高宗・李治の同母姉妹です。 将軍・杜如晦の息子・杜荷と結婚しました。 ところが杜荷は兄とともに謀反をおこしてしまい処刑さ...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

「大唐流流」歆楠公主のモデル 清河公主と豫章公主

中国ドラマ「大唐流流」には 歆楠公主(読み方:きんなんこうしゅ)という皇帝の娘が登場します。 主人公・盛楚慕の弟・盛楚令のことが好きで。 最初はヒロイン・傅柔を恋のライバルと勘違いしますが。あとで仲良くなって協力したりします。 歆楠公...
4.2 隋唐 皇后・側室・公主

「大唐流流」王太妃のモデル 万貴妃(唐高祖)

中国ドラマは「大唐流流」には「王太妃」という人物が登場します。前の皇帝の側室です。 王太妃になったのは万貴妃です。 万貴妃は唐の建国者 高祖・李淵の側室。 明の成化帝の側室にも「万貴妃」と呼ばれる人はいますけれど別人です。 高祖・李...
タイトルとURLをコピーしました