スポンサーリンク

玉楼春(ぎょくろうしゅん)登場人物キャスト紹介

玉楼春1 ドラマ紹介

中国ドラマ「玉楼春(ぎょくろうしゅん)~君に詠むロマンス~」の登場人物・キャストを紹介します。

ドラマの舞台になるのは16世紀の中国・明朝時代。隆慶年間。
13代皇帝 穆宗 朱載坖(しゅ・さいき)の治世。

ヒロイン林少春(りん・しょうしゅん)は、朝廷の高官・林遠道(りん・えんどう)の娘。林遠道は何者かに陥れられ冤罪で処分され、一族は没落しました。

林少春は琵琶を習い、劇団に入り生計をたてていました。

あるとき林少春は名家の主・孫遜(そん・そん)の誕生日を祝う宴席で琵琶を披露しました。その家の四男・孫玉楼(そん・ぎょくろう)は少春に一目惚れ。

一途で誠実な孫玉楼に林少春はこころが揺れますが、彼女が生きる目的は父親の冤罪を晴らすこと。恋愛をしている場合ではないと避けていました。

また、少春の出自を知った孫家の人々も二人の仲を裂こうとします。

しかし紆余曲折の末、少春と孫玉楼は結婚することに。ところが義父の孫遜が自分の父を陥れた黒幕の可能性がでてきて・・・・

 

スポンサーリンク

番組情報

タイトル:玉楼春~君に詠むロマンス~
読み方:ぎょくろうしゅん
原題:玉樓春
英語:Song of Youth
2021年
全43話

ドラマタイトルの「玉楼春」は主役二人の名前「孫玉楼」と「林少」を合わせたもの。

用語解説

内閣(ないかく)

明朝は宰相(丞相)と宰相の役所・中書省を廃止。皇帝が独裁的な政治を行いました。皇帝を補佐するために作られた組織が内閣。内閣で働く重臣を大学士。そのトップを内閣主補といいます。

日本で大臣たちの政府機関を「内閣」とよぶのもここから。ただし現代の内閣と明朝の内閣はやってることも組織も違います。明治時代にヨーロッパ風の政府組織を作った時に「Cabinet」の日本語訳に漢字の「内閣」を使ったというだけです。

 

大学士(だいがくし)

内閣で働く地位の高い役人。皇帝の秘書のようなもの。最初は皇帝にアドバイスしたり、上奏文への返事の草案を作ったりしました。あまり重要ではない上奏文は大学士が処理します。皇帝にやる気がないと大学士の作った草案がそのまま皇帝の命令になってしまうこともあり。次第に力を持つようになりました。

内閣主補(ないかくしゅほ)

内閣で働く大学士のトップ。
丞相のいない明では重臣の最高位。皇帝が政治に無関心だったりやる気がなかったりすると、内閣主補が代わりに政治をします。事実上の宰相です。

 

玉楼春 主要人物キャスト

 

林少春(りん・しょうしゅん)

演:白鹿(バイ・ルー) 
「招揺」路招搖、「万華楼」龍傲一

戸部侍郎 林遠道の娘。
幼い時に高官だった父親が陥れられ一家は没落。少春は柳三絕の劇団に入り、芝居や琵琶で生計を立てています。都で一番の琵琶奏者・虞娘子の弟子。父と一族の名誉を挽回するためだけに生きていましたが、そんな時に玉楼に出会い運命が変わります。

 

孫玉楼(そん・ぎょくろう)

演:王一哲(ワン・イージョー)
「大唐女法医」白義、「大唐流流」陳吉、「瓔珞外伝・金枝玉葉」福康安、

孫家の四男。純粋で心優しい性格。姉の孫有貞は皇帝の側室。そのため孫家は栄えています。林少春に一目惚れして一途に負い続けます。困難を乗り越えて林少春と結婚するのですが。

 

許鳳翹(きょ・ほうぎょう)

演:金晨(ジン・チェン)
「萌妃の寵愛絵巻」步萌、「女医明妃伝」汪美麟

孫家の三男・孫金閣の妻。許雲鶴の娘。
名家の出身。気が強くプライドが高い。自分の地位を高めるためなら手段を選びません。浮気症で怠け者の夫が悩みのタネ。

 

姚滴珠(よう・てきしゅ)

演:鄭湫泓(ジェイド・チェン)
「絶世令嬢」林洛景

許鳳翹の従妹。
率直で真っすぐな性格。最初は玉楼にあまり関心がありませんでしたが、彼のひたむきな姿を見て興味を抱きます。

 

孫家の人々

孫遜(そん・そん)

演:張壘

朝廷の重臣。内閣首輔。

自分の出世にしか興味がなく、結婚を利用してまで出世しようとします。
若い頃、書生をしていて柳三絕とは結婚の約束をしていました。演劇団の柳三絕の資金援助を受けて科挙に臨み入選。その後、出世して大学士(皇帝の秘書)になり。娘の孫有貞が皇帝の側室になって寵愛を集めたので孫家も繁栄。重臣トップ内閣首輔になりました。

 

沈清瑤(ちん・せいよう)

演:温崢嶸

太常寺卿 沈令英の娘。
孫遜の妻。
孫玉楼を溺愛しています。

 

孫世傑(そん・せいけつ)

演:赫雷

當朝一甲狀元/翰林院修撰(從六品)
孫家の長男。呉月紅の夫

 

呉月紅(ご・げつこう)

演:李嘉琦(ジャッキー・リー)
「大唐流流」馬海妞、「成化十四年」東姑

驃騎大将軍 呉達獨の一人娘。
孫家の長男・孫世傑の妻。
孫世傑とは幼い頃からの許嫁で彼だけを愛してきました。
大らかで気骨のある女性で武術の心得があります。

孫俊豪(そん・しゅんごう)

演:周陸啦

孫家の次男。蘇映雪の夫。
温厚で勇敢な武将。
最初は姚滴珠とは深い関係ではありませんでしたが。徐々に二人は親密になり・・・

 

蘇映雪(そ・えいせつ)

演:黄馨瑤

孫俊豪の妻。

翰林学士の娘。
賈逢源と不倫して妊娠。少春の助けで死を免れ孫家を離れました。その後、映雪の妹・蘇映寧と偽って暮らしました。

 

孫金閣(そん・きんかく)

演:昌隆

中尚署尚署令

孫家の三男。
許鳳翹の夫。
怠け者で妻を怖がっています。

梅氏

演:馬小茜

孫遜の妾。

孫小仙

演:黄楊鈿甜

孫遜と梅姨娘の娘。

賈逢源(こ・ほうげん)

演:黄宥明

かつて罪を犯した大臣の息子。
孫遜の弟子になって孫家に寝泊まりします。
蘇英傑を誘惑。

 

林家

林遠道

演:王東

林少春の父。
前帝時代の戸部侍郎。
冤罪により杖刑80回で死亡。資産没収。
一家は没落しました。

林少春の母

演:曾一萱

林遠道の妻。林遠道の死後、自害。

ばあや

演:康群智

林家に仕えていました。林家が陥れられた時。娘を犠牲にして林少春を救い、その後は林少春を育てました。

 

常小雅

演:方楚彤

ばあやの実の娘。
幼い時、林少春の身代わりになって追放。
戻ってきた後、王均と結婚。

 

江陰李氏

江氏

演:娟子

李莫習の母。孫有徳の姑。

 

李莫習

演:唐曉天

李家の長男。若くして死亡。

孫有徳

演:陳都霊

李莫習の妻。
孫貴妃、孫遜の妹。

李想

演:姜寒

李家の次男。
孫有徳の義弟。

喜蘭

演:嗯吶朱莉

李想の妻。

李桜

演:李佳臻

李家の長女。
孫有徳の小姑。

 

百劇館の人々

柳三絕(りゅう・さんぜつ)

演:劉敏

劇団・百劇館の団長。

林少春の師匠。孫遜、沈清瑤とは旧知の仲。
若いころ。孫遜と結婚の約束をして彼を援助していました。ところが孫遜は出世のため沈清瑤と結婚。その後、孫遜の前から姿を消しました。現在は劇団の団長。

 

桃夭

演:王西

劉三樹の最も優秀な弟子の一人でした。
彼は才能のある弟子でしたが。欲しいものを手に入れるため師匠と別れました。

 

柳無双

演:朱致霊

劉三樹の最も優秀な弟子の一人。都で有名な盲目の講談師。
かつて孫有徳を愛していました。しかし孫遜によって仲を引き裂かれました。

 

明朝皇室

先帝 世宗

演:蔣愷

前の皇帝。

 

皇帝 穆宗

演:鄭凱

現在の皇帝。

・隆慶帝 明 穆宗の詳しい説明はこちら。

 

孝安皇后

演:張芷溪

皇帝穆宗の正室。

 

孫有貞/孫貴妃

演:楊蓉

孫玉楼の姉。皇帝の寵愛する側室ですが。やがて仏教に救いを求めるようになります。

 

潘細娘

演:宣璐

姚滴珠と同時期に選秀で入宮。

 

昭和長公主

演:張譯兮

皇帝の妹。

 

南安郡王

演:王建新

郡王
孫遜之の友人。

 

南安縣主

演:陸妍淇

縣主
南安郡王の娘。姚滴珠とは仲がいい。

 

その他

梁京冠

演:王茂蕾

朝廷の重臣。
孫遜の政敵。
賈逢源の伯父。

 

虞娘子

演:許榕真

都一番の琵琶奏者。
林少春の琵琶の師匠。

 

谷野/賈雲鵬

演:邊天揚

盗賊。
かつて罪を犯した大臣の息子。
賈逢源の弟。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました