PR

風起花抄(ふうきかしょう)ドラマキャスト登場人物紹介

風起花抄 1 ドラマ紹介

中国ドラマ「風起花抄(読み方:ふうきかしょう)宮廷に咲く瑠璃色の恋」の紹介記事です。

唐の貞観11年(西暦637年)。衣装製作の名人安氏は弟子の卓錦娘に陥れられ投獄されました。安氏の娘で当時幼かった瑠璃は宮中の孫徳成に預けられました。

11年後(貞観22年、648年)。琉璃は正体を偽り太医院に所属する医官になり。不祿院で遺体の消毒をする係として働いていました。

ところが宮中で働く瑠璃の素性を疑うものが現れ、彼女の身に危険が迫ります。裴行倹や武媚娘たちに助けられ。一度は宮中を出たものの。仲間を救うため、母・安氏の死の真相を探るため宮中に戻ります。

皇太子には李治が決まっていましたが。曹王・李明はまだ皇帝の座を諦めていません。やがて皇帝・太宗が重病になり。後継者争いも熾烈になってきます。

瑠璃は裴行倹(はい・こうけん)とともに宮中の陰謀に立ち向かい皇太子・李治を助けるのでした。

やがて太宗が死去。李治は皇帝になります。

そのとき瑠璃と裴行倹がとった決断は・・・

 

PR

番組情報

風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~ DVD-SET1

風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~ DVD-SET1

グーリー・ナーザー, ティミー・シュー, シー・シー, ジャオ・シュンラン
16,896円(05/22 12:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

原題:風起霓裳
英語:Weaving a Tale of Love
2021年、中国
全40話

原作小説:「大唐明月」
原作者:藍雲舒

 

主要人物

庫狄琉璃(こてき・るり)/豆医官/玉児

演:古力娜扎(グーリーナーザー)
子役:愛克達阿地力江(アクダ・アディリジャン)

母親から衣装作りや刺繍の才能を受け継ぎました。母が罠にはめられて投獄され。実家の庫狄からも見放された瑠璃は宮廷で成長しました。宮中の不祿院で遺体の消毒と疫病の予防を担当していました。

身の危険が迫りますが裴行倹と知り合い、裴行倹や武媚娘に助けられました。

仲間たちの助けで宮中出て母方の親戚・安おじさんと出会い、安家の経営する衣装店でしばらく働きます。ところが義父、小順子を守るため、母・安氏の死の真相を探るために宮中に戻り尚服局で働くことに。

皇帝が重病になって宮中が混乱。裴行倹と協力して皇太子を支えます。

 

歴史上の華陽夫人・庫狄氏がモデル。

・華陽夫人 庫狄(こてき)氏の詳しい説明はこちら。

 

裴行倹(はい・こうけん)

演:許魏洲(ティミー・シュー)
子役:邊程

大将軍・蘇定方の弟子。
父は武家と交流がありました。武芸だけでなく書道の才能もあります。
長安に来てからは何度も瑠璃を助けました。太宗が重病になると、瑠璃とともに皇太子の李治を助けました。

史実では裴行倹が長安を離れたのは武則天の皇后即位に反対して左遷されたから。ドラマでは?

・裴行倹の詳しい説明はこちら。

 

武媚娘(ぶ・びじょう)/武則天

演:施詩(シー・シー)
子役:蘇巍舞

武才人→武昭儀

後宮に入り 才人(地位の低い側室)になりました。裴家とは交流があり、裴行倹とともに瑠璃を助けました。太宗の死後2年の喪があけると入宮。高宗の側室「武昭儀」になります。

・武則天(武媚娘)の詳しい説明はこちら。

 

李治(り・ち)/皇太子/高宗

演:趙順然(ジャオ・シュンラン)

皇太子 → 唐高宗

唐太宗 李世民の九男。兄が廃されて皇太子になりました。
裴行倹を信頼しています。
父の太宗が重病になり裴行倹を頼りにするようになります。

・高宗 李治の詳しい説明はこちら。

 

庫狄家

庫狄延忠(こてき・えんちゅう)

演:孫瑋(スン・ウェイ)

瑠璃の父親。
意思の弱い人物。
妻の安四娘が弟子に陥れられて罪にとわれたとき。連座で処分を受けるのを避けるため、離縁しました。

曹氏

演:冉倩(ラン・チエン)

現在の庫狄延忠の正妻。
かつては庫狄延忠の妾。安四娘が離縁された後、庫狄延忠の正妻になりました。

 

庫狄珊瑚(こてき・さんご)

演:陳爍(チェン・シュオ)

庫狄延忠と曹氏の娘。
瑠璃の異母妹。
「天下第一針(安氏)の後継者」を自称して曹衣装店を開業。
瑠璃が嫌い。

庫狄五娘

演:白雨

珊瑚の姑母。延忠の妹。
裴都尉府の勝妾(側室ですが事実上の正妻の地位にある人)。

 

如意衣装店

中国版では「如意夾纈店」。夾纈(きょうけち)とは染め物の一種。夾纈は日本では「板染め」と言われます。夾纈は唐時代に流行った染め物。現代では珍しいです。

安四郎

演:阿力木江 吐爾斯拜克(アーリムージアン・トゥーアルスーバイコー)

瑠璃の伯父(母の兄)。
如意衣装店の店主。

「安」は唐で暮らすソグド人(イラン系)が名乗った姓。ウイグル族の役者さんが起用されているのはそのためと思われます。

 

安四娘

演:麥迪娜(マイディーナ)

瑠璃の生母。庫狄延忠の元妻。
安四郎の妹。

卓錦娘に陥れられ投獄。庫狄延忠とも離縁されました。

 

阿霓(あげい)

演:楊雪児(ヤン・シュエ)

如意衣装店の職員。店を任されています。
後に琉璃の侍女。

 

唐の皇室

太宗 李世民(り・せいみん)

演:譚凱(タン・カイ)

第2代皇帝。

 

長孫皇后(ちょうそんこうごう)

既に故人。皇太子の生母。

 

楊妃

演:席與立(シー・ユーリー)

太宗の側室。四妃のひとり。曹王の母。
皇后亡き後、太宗の寵愛を集めている側室。

巣王妃 楊氏(楊妃)の詳しい説明はこちら。

 

曹王 李明(り・めい)

演:張晚意(ジャン・ワンイー)

太宗の十四男。楊妃の子。野心家で皇太子になろうと考え。あの手この手で皇太子を陥れようとします。

史実では曹王・李明の生母 楊氏は巢王 李元吉の妻。李世民は「玄武門の変」で弟の李元吉を殺した後、皇帝に即位。巢王妃だった楊氏を妾にしました。そうして生まれたのが李明。

太宗 李世民の妃・楊妃と巢王妃 楊氏は別人です。小説やドラマでは同一人物にされることもあります。

・曹王 李明の詳しい説明はこちら。

 

臨海大長公主

演:陳雨菲

太宗の妹。李治の叔母。裴行倹の義母。
河東裴公府を仕切っている人物。
裴行倹の前の妻・陸琪娘をいびり殺した過去があります。

・臨海公主の詳しい説明はこちら。

 

朝廷の人々

蘇定方(そ・ていほう)

演:於彦凱

大将軍。
裴行倹に兵法を教えた師匠。

 

卓錦娘

演:李芯逸(リー・シンイー)

尚服局の大家。安四娘(瑠璃の母)の弟子でした。安氏を陥れ死の原因を作りました。

鄧七娘

演:陳瑾如

尚服局の織女。卓錦娘の部下。

 

孫徳成

演:于鴻洲

不禄院の主事内侍。
琉璃を引き取り18歳になるまで育てました。

 

小順子

演:于斌

孫徳成の部下の若い内官。琉璃と一緒に育ちました。
気弱なところがあります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました