スポンサーリンク

許浚(ホ・ジュン)は東医宝鑑を完成させた朝鮮三大名医

1.5 李氏朝鮮の人々

許浚(ホ・ジュン)は李氏朝鮮時代の医者で。朝鮮三大名医の一人です。

彼が執筆した「東医宝鑑」は朝鮮一の医学書として評判が高く清や日本でも発行されました。

史実の許浚はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

許浚(ホ・ジュン)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1539年
没年月日:1615年10月9日

名前:許浚(ホ・ジュン)
父:許碖(ホ・ロン)
母:霊光金氏
妻:安東金氏

子供:許謙(ホ・ギョム)

彼が活躍したのは主に朝鮮王朝(李氏朝鮮)の14代宣祖の時代です。

日本では戦国時代の人になります。

おいたち

1539年。許碖(ホ・ロン)の庶子として産まれました。

出身地は諸説あってよくわかっていません。
現在の韓国では京畿道 長湍郡(京畿道 坡州市)で産まれたとの説が有力です。
幼少期は平安龍川や京畿道陽川で暮らしたとされ、京畿道坡州と京畿道漣川でも暮らしたと言われます。

父・許碖と祖父・許琨はともに武官でした。

ドラマなどでは若い頃にユ・ウィテ(柳義泰)に医術を学んだとされています。しかし、柳義泰は19代粛宗時代の人物といわれます。許浚と柳義泰は出会ったことすらありません。

1569年(宣祖3年)。副提学(正3品)柳希春の夫人を治療しました。柳希春は許浚を 吏曹判書(正2品)弘譚(ホン・ダム)に紹介。弘譚の推薦で内医院に入りました。

ドラマでは医科を受験して内医院に入ったことになっていますが、当時の合格者名簿には許浚の名はありません。実際には推薦で入ったようです。

宮廷医官になり王族の治療で功績をあげる

医官となった許浚は高官の治療で功績をあげました。試験で合格はしていませんが医術の腕は確かだったようです。

1571年(宣祖5年)。内医院で従4品だったことが知られ、1573年には正3品になりました。

1587年(宣祖11年)。病気になった宣祖を治療して許浚と内医院の関係者は表彰されました。このとき、許浚は楊禮壽(ヤン・イェス)、安徳秀(アン・ドクス)と一緒に褒美として鹿革を受け取りました。

その後、恭嬪金氏(ゴンビン・キムシ)の弟の治療も行って全快させました。その功績で功堂上官の地位を与えられましたが、許浚は医官として当然のことをしたので辞退しますと王に訴えましたが、聞き入られませんでした。

1592年(宣祖25年)。壬辰倭乱(朝鮮出兵・文禄の役)が起きると、宣祖の逃避行に同行。義州(現在の北朝鮮と中国の境)まで行きました。後に逃避期間中に王を支えたことが功臣として評価されます。

1596年(宣祖29年)。王世子の光海君の病気を治療。正2品に昇進しました。

このころから宣祖の命令で医学書の編集が始まります。

1600年(宣祖33年)。内医院で最高の地位にあった楊禮壽が死亡。許浚が内医院の最高位につきました。

1604年。忠勤貞亮扈聖功臣3等の表彰をうけました。

1606年。正1品楊平府院君になりましたが、重臣たちから反対意見が起こり従1品楊平郡(陽平君)に降格になりました。

1608年。宣祖の病状が悪化して死亡しました。重臣たちから責任を追求され、地方に流刑になりました。光海君は許浚を早く復帰させようとしましたが、三司の反対で失敗しました。

このような状態でも許浚は1596年から行っていた医学書の執筆を続けました。

1609年(光海君1年)。光海君の釈放命令がでて内医院に復帰しました。許浚は医学書の編纂と後身の育成を行いました。

1610年。「東医宝鑑」を完成させました。当時の医学知識を集めた医学辞典です。

1615年。死去。輔国崇禄大夫(正一品相当)の位を与えられました。

東医宝鑑とは

東医宝鑑は朝鮮だけでなく清や日本でも発行されるほど評価の高いものでした。当時の朝鮮では明の医学が輸入されていました。薬までも明からの輸入に頼っており朝鮮の環境や体質には会わない部分もありました。

宣祖の時代、後金や日本との戦争もあり、薬の輸入が難しくなったので古くからある朝鮮の薬を見直そうということで宣祖の命令で朝鮮古来の薬の復活が求められました。

1596年。内医院で許浚・楊礼寿・李命源・鄭碏・金応鐸・鄭礼男らが医学書の編纂にとりかかりましたが、日本との戦争などで中断。その後、許浚が生涯のテーマとして執筆を続け14後の1610年に完成しました。

内容的には明の医学を基本としながらも朝鮮古来の医学も取り込んだ内容です。理屈よりも実用性を重視した医学書です。

テレビドラマ

東医宝鑑 MBC 1991年 演:ソ・インソク
許浚・宮廷医官への道 MBC 1999年 演:チョン・グァンリョル
王の女 SBS、2003年 演:チェ・ビョンハク
香壇前 MBC 2007年 演:イム・ヒョンシク
許浚・伝説の心医 MBC 2013年 演:キム・ジュヒョク
星から来た君 SBS、2013年 演:パク・ヨンギュ
魔女宝鑑 JTBC 2016年 演:ユン・シユン、キム・ガプス
名不虚伝  tvN 2017年 演:オム・ヒョソプ

コメント

  1. BIG-BIRD より:

    2019年末から2020年にかけて「ホ・ジュン~伝説の心医」を見ました。心を洗ってもらえるような感動的なドラマでした。たまたま友人に小説もあるよと教えてもらい図書館で借りてきて読み始めました。ドラマでは少年時代から始まったのですが、小説では少年時代は全く書かれていませんし、内医院に入門した時点で、ユドジは妻帯者でありジュンにも子供が二人いてドラマとは全く違っているので驚いています。
    加えてこの「ホ・ジュンの史実」を読んで更に驚いています。ジュンは、内医院には推薦で入学したとのこと、科挙の雑科を首席で合格したというのは全くのフィクションだったのかとびっくりです。そして、二代も続く武官の家に生まれた彼がどうやって鍼の技術を会得したのか不思議に思います。庶子ということで武官への道を諦めて医術の方に進路を決めたのでしょうか。それは本人に聞かないとわからないことですね。

    ところで質問と要望があります。
    質問
    朝鮮王朝実録【改訂版】291~293ページには、1546年、金浦で武人の家の子として生まれ・・・1615年11月に69歳で世を去ったという記事を見ました。1539年生まれの根拠はあるのでしょうか。亡くなった年がはっきりしていて逆算すると1539年説になるのでしょうか。
    要望
    李朝時代の陸路に関して知りたいです。日本のような東海道・中山道というような街道はあったのでしょうか。山陰から漢城へ陸路で向かうとすれば何街道なのでしょうか。海上交通のみで陸路は利用しなかったのでしょうか。

    • Fumiya より:

      BIG-BIRDさんこんにちは。
      許浚がどうやって医術を身に着けたのかは謎ですね。李氏朝鮮では武官は文官よりも地位が低くさらに庶子ともなると文官で出世するのは絶望的だと思います。朝鮮では医師は文官以下、庶民以上の地位だったので、選択肢のひとつに医師があったのかもしれません。だれかに弟子入りしたか、親戚や母方に医師がいたのかもしれませんね。

      確かに朝鮮王朝実録をもとにすると1546年になります。
      内医院の記録には中宗34年(1539年)産まれとあるようで韓国ではこちらの説が主流なので採用しました。
      朝鮮の陸路についてのご質問ですが、残念ながらわかりません。調べておきますね。

  2. BIG-BIRD より:

    早速の回答有難うございます。
    一点疑問に思ったのは、彼の誕生は、内医院の記録には中宗34年(1538年)生まれとあるとの説明ですが、1539年の誤りではありませんか。おいたちの説明でも、1539年と書かれているので誤りだと思うのですが。

タイトルとURLをコピーしました