楊禮壽(ヤン・イェス)、御医をつとめた許浚(ホ・ジュン)の上司

楊禮壽(ヤン・イェス)は李氏朝鮮時代の医者。

ドラマでは許浚(ホ・ジュン)の上司として出てくることが多いです。

明宗、宣祖の信頼も厚く御医をつとめました。

許浚の著作として有名な「東医宝鑑」は最初は楊禮壽を中心としたプロジェクトチームで作られはじめたものです。

史実の楊禮壽はどんな人物だったのか紹介します。

楊禮壽(ヤン・イェス)の史実

いつの時代の人?

生年月日:不明
没年月日:1597年

名前:楊禮壽(ヤン・イェス)
本貫:河陰
父:不明
母:不明
妻:不明

彼が活躍したのは主に朝鮮王朝(李氏朝鮮)の13代明宗~14代宣祖の時代です。

日本では戦国時代の人になります。

おいたち

生年・出身地共に不明。

13代明宗の時代には医官となり王族の治療を行っていました。

内医院の主簿

1563年(明宗18年)。順懷世子の治療を行いました。しかし順懷世子が死亡したため、重臣たちの追求にあって責任を取らされて投獄されました。

しかし明宗の信頼は厚かったようです。その年のうちに復帰しました。

1564年(明宗19年)。禮賓寺判官に抜擢されました。
1565年(明宗20年)。内医院の御医になります。

1567年(明宗22年)。明宗が死去すると、再び重臣たちから責任を追求され他の医官とともに投獄されました。しかしすぐに復帰しました。王族が死亡した特に医官が責任を追求されるのは朝鮮の伝統のようです。

14代宣祖時代も内医院では中心的な地位にいました。

1587年(宣祖11年)。病気になった宣祖を治療しました。許浚(ホ・ジュン)の功績のようにいわれますが、このときの責任者は楊禮壽です。

王を治療した功績が認められ治療にあたった内医院の関係者は表彰されました。このとき楊禮壽は、許浚、安徳秀(アン・ドクス)と一緒に褒美として鹿革を受け取りました。

1595年(宣祖28年)。同志中枢社になりました。

1596年(宣祖29年)。宣祖の命令で医学書の編纂にとりかかります。内医院にプロジェクトチームが作られ、で楊禮壽は許浚・楊礼寿・李命源・鄭碏・金応鐸・鄭礼男らとともに医学書の編纂にとりかかりました。しかし日本との戦争が始まり中断します。後に許浚が編纂を再開させ完成させます。それが「東医宝鑑」です。

この時代に宣祖が医学書の編纂を命じたのは理由があります。当時の朝鮮では明の医学が輸入されていました。薬までも明からの輸入に頼っていました。ところが、後金や日本との戦争もあり、薬の輸入が難しくなり薬が足りなくなります。そこで古くからある朝鮮の薬を復活させようということになりました。そのとりくみの一つとして医学書の編纂も命じたのです。

また、朴世擧、孫士銘などと共に「醫林撮要」も編纂しました。

1600年(宣祖33年)。内医院で最高の地位にあった楊禮壽が死亡。

その後、許浚が内医院の最高位につきました。

テレビドラマ

許浚・宮廷医官への道 MBC 1999年 演:チョ・ギョンファン
許浚・伝説の心医 MBC 2013年 演:チェ・ジョンファン


PAGE TOP