スポンサーリンク

孝儀純皇后(令皇貴妃):瓔珞(エイラク)のモデルになった清の皇后

4.6 清・金

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」で魏瓔珞(ぎえいらく)のモデルになったのは清朝の孝儀純皇后(こうぎじゅん こうごう) 魏佳氏です。

 魏佳氏は第6代皇帝・乾隆帝の妃です。令妃・令貴妃・令皇貴妃などと呼ばれました。

孝儀純皇后 魏佳氏の本名はわかっていません。ドラマでは魏瓔珞(ぎえいらく)となっています。

史実の孝儀純皇后 魏佳氏(こうぎじゅん こうごう)はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

孝儀純皇后の史実

いつの時代の人?

生年月日:1727年10月23日
没年月日:1775年2月28日
享年:47

国:清朝
姓:魏佳氏
名:本名は不明
称号:孝儀純皇后(こうぎじゅん こうごう)
地位:魏貴人→令嬪→令妃→令貴妃→令皇貴妃→皇后(追尊)
父:魏清泰
母:楊氏
夫:乾隆帝(清朝・第6代皇帝)

子供:
長女:固倫和靜公主
長男:永璐
次女:和碩和恪公主
次男:永琰 ・嘉慶帝(清朝・第7代皇帝)
三男:永璘

彼は清朝の第6代皇帝・乾隆帝の妃です。
後に息子が皇帝になったので「孝儀純皇后」の諡(おくりな)を贈られました。

日本では江戸時代になります。

おいたち

父・清泰(せいたい)の祖先は正黄旗の包衣出身。包衣とは満洲貴族に仕える奉公人です。

満洲族が領土にした土地に住む漢人・モンゴル人・朝鮮人がなることが多かったようです。奴隷と訳されることもありますが。中国王朝の奴婢とは違う制度です。包衣にも様々な役目の人がいました。魏清泰は満洲貴族に仕える使用人でした。

満州人は8つの集団でなりたっていました。正黄旗はそのひとつです。清朝では建国時代は包衣制度がありました。6代・乾隆帝のころまでにはほぼ廃止されます。

孝儀純皇后が産まれたとき、父・魏清泰(せいたい)は皇室に仕える中級の役人でした。資材の調達を担当する部署で働いていました。

後宮に入る

孝儀純皇后が後宮に入た時期はわかりません。

乾隆帝が即位して早い時期に孝賢純皇后 富察氏(こうけんじゅんこうごう・ふさつし、皇后フチャ氏)のもとで側室としての教育を受け側室の「貴人」になりました。このころ彼女は「魏貴人」と呼ばれます。

1745年(乾隆10年)までには「貴人」になっていたようです。

1745年1月には「令嬪」になりました。「令嬪」とは「聡明で賢い人」という意味です。

1748年(乾隆13年)。孝賢純皇后 富察氏(こうけんじゅんこうごう・ふさつし)が死去。

輝発那拉(きはつなら、ホイファナラ)氏が新しい皇后になりました。

令嬪の父・魏清泰(ぎせいたい)が仕事で失敗。2階級格下げになってしまいました。

1749年(乾隆14年)には「令妃(れいひ)」になりました。

1756年(乾隆21年)。初めて出産。乾隆帝の七女・固倫和靜公主が産まれました。

1757年(乾隆22年)。第十五皇子・永璐を出産。

魏佳氏は「貴妃」になりました。

1760年(乾隆25年)。皇后の輝発那拉(きはつなら、ホイファナラ)氏が廃妃になりました。しかし乾隆帝は新しい皇后を決めませんでした。

後宮のトップになる

魏佳氏は「皇貴妃」になりました。

皇后がいないので令皇貴妃魏氏が後宮のトップです。事実上の皇后として後宮を仕切りました。

皇貴妃は皇后の内定者に一時的に与えられる称号です。ところが乾隆帝が皇后にするのをことわったために魏佳氏はずっと令皇貴妃の身分のままでした。

乾隆帝は孝賢純皇后 富察氏のことが忘れられなかったようです。

1767年(乾隆32年)。次男・永琰(乾隆帝の十七男)を出産。後の7代皇帝嘉慶帝です

1771年(乾隆36年)。乾隆帝が泰山に旅行したときには令皇貴妃も同行しています。

1774年(乾隆39年)の終わりごろ。乾隆帝とともに麗河から戻った後、病気になりました。

1775年(乾隆40年)。死去。乾隆帝は「令懿皇貴妃」の諡を与えました。

死後、息子が皇帝になって皇后に追尊

1795年(乾隆60年)。乾隆帝が退位。息子の嘉慶帝が即位しました。しかし乾隆帝は太上皇帝になって実権を握っていました。

魏佳氏は皇帝の母になったので「皇后」の地位が与えられることになりました。乾隆帝は魏佳氏に「孝儀皇后」の諡を贈りました。

1797年(嘉慶2年)。乾隆帝が死去。嘉慶帝は母に「孝儀純皇后」の諡を贈りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました