漢王 朱高煦 は皇帝の座を狙った乱暴者

明2 明・宋

漢王 朱高煦(しゅ こうく)は明朝の4代皇帝 永楽帝の次男です。

永楽帝に似て武勇に優れた人物でした。長男の皇太子 朱高熾は太っていて脚が不自由、性格も大人しく戦いには向いていません。

朱高煦を皇太子にしてはという意見あったのですが。

朱高煦は性格は乱暴で短気だったので大臣たちには人気がなく、永楽帝も問題だと想っていました。

結局、兄の朱高煦が皇帝になります。

兄の死後。甥の宣徳帝があとを継ぐと反乱を起こしました。

ところが宣徳帝に捉えられてしまいます。捉えられても宣徳帝に逆らいましたが、最後は処刑されました。

史実の漢王 朱高煦(しゅ こうく)はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

漢王 朱高煦(しゅ こうく)の史実

いつの時代の人?

生年月日:洪武13年12月4日(1380年12月30日)
没年月日: 宣徳元年9月6日(1426年10月6日))

姓 :朱(しゅ)
名称:高煦(こうく)

国:明
地位:
称号:漢王

父:永楽帝
母:仁孝文皇后 徐氏
正室:韋妃

子供:11人

日本では室町時代になります。

洪武13年(1380年)に生まれました。

父は燕王 朱棣(後の永楽帝)
母は正妻の徐氏(後の仁孝文皇后)。

燕王 朱棣の次男です。

燕王 朱棣の長男・朱高熾は、太っていて脚が不自由でした。

それに対して朱高煦の清朝は7尺以上、2メートルを超える大男でした。腕力もあり、乗馬と弓が得意でした。永楽帝によく似ていました。父とともにモンゴルと戦い功績をあげていました。

1399年(建文元年)。父の燕王 朱棣が建文帝に反乱を起こしました(靖難の変)。その戦いでは大将になって靖難軍を率いました。建文帝側が優位nなって武将たちが和平しようと言い出したときには、諸将を恫喝。戦いを続けるよう父を説得して、勝利に貢献したといいます。

永楽帝の時代

反乱の成功後。

父が皇帝(永楽帝)になりました。

永楽帝や武官たちは、朱高煦を皇太子にしようとしました。でも性格が乱暴で短気な朱高煦は文官たちに嫌われていました。永楽帝も朱高煦の性格は問題だと考えていました。永楽帝は朱高熾が大人しくて武勇にかけることはわかっていましたが、孫の朱瞻基が優秀だったので気に入っていました。結局武官たちも将来は朱瞻基が皇帝になることで妥協しました。

朱高熾が皇太子になりました。

朱高熾は脚が不自由だったので宦官に支えられて歩いていました。朱高熾は太っていたので彼を支える宦官も支えきれずに転んでいました。

そんなとき朱高煦は後ろから「前の人は転ぶから、後ろの者は気をつけないとな」と言って嫌味を言っていました。

朱高煦は高陽王になりました。でも「私に何の罪があるのだ。なぜあんなに遠くに行かなければいけないのか?」と言って赴任先には行かず都に残り、父の遠征に同行していました。

やがて朱高煦は漢王になりました。でも「私に何の罪があるのだ。なぜあんな田舎に行かなければいけないのか?」と赴任先には行かずに都にとどまりました。

1424年(永楽22年)に永楽帝が死去。

兄の朱高熾が即位ししました(洪熙帝)。

ところが洪熙帝は在位8カ月で死去。

その知らせを聞いた皇太子の朱瞻基が南京から北京に向いました。朱高煦は朱瞻基を暗殺しようとしましたが失敗します。

1424年(洪熙元年6月12日)。朱瞻基が即位しました(宣徳帝)。

漢王 朱高煦の反乱

朱瞻基の暗殺に失敗したは漢王 朱高煦は兵を集め挙兵しようとしました。

首謀者の漢王 朱高煦は戦場では永楽帝譲りの才能を発揮した人でした。永楽帝が反乱をおこして建文帝から皇帝の座を奪ったように、自分も甥から皇帝の座を奪おうとしました。

ところが情報が漏れてしまい宣徳帝に兵を集めていることが知られてしまいます。

建文帝は判断が遅く燕王に情けをかけたので負けました。でも宣徳帝は違います。

宣徳帝はすぐに漢王討伐の軍を出しました。宣徳帝は自ら兵を率いて漢王討伐に向かいました。

漢王 朱高煦は本拠地・楽安を攻められて降伏に追い込まれます。

宣徳帝は朱高煦を捉えて紫禁城に監禁しました。妻と子も幽閉されました。宣徳帝は朱高煦の命だけは助けようと考えました。ところが朱高煦は無罪を主張。支持者たちと連絡を取ろうとしました。

しばらくして宣徳帝は監禁中の朱高煦に会いに来ました。ところが朱高煦は宣徳帝を蹴りつけてしまいます。

怒った宣徳帝は死刑を命令。

宣徳帝は最初、朱高煦を重さ300斤(約180kg)以上の銅釜に閉じ込めました。ところが朱高煦が蓋を動かして出ようとしました。そこで宣徳帝は銅釜の周りに木炭を積み上げて燃やしました。燃え上がった木炭の炎によって銅釜は焼けただれ、中にいる朱高煦は焼死しました。享年47。

朱高煦の家族も皆、処刑されました。

宣徳帝は永楽帝から期待されていただけあって、容赦ないです。意外と残酷です。朱高煦は甥だと思って甘くみていたかもしれません。宣徳帝は洪熙帝の息子でも父ほど優しくはなかった。というところでしょうか。

テレビドラマの 漢王 朱高煦

錦衣夜行 2015年、中国 演:曲哲明
极品家丁 2016年、中国 演:朱泳騰
山河月明 2018年、中国 演:王旭東

大明皇妃 2019年、中国 演:俞灝明
 「大明皇妃」では兄が即位した後に反乱を起こしていますが。史実では兄が生きている間は反乱を起こしていません。反乱を起こすのは兄の死後です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました