4.7 清・金

スポンサーリンク
4.7 清・金

栄純親王 永琪|乾隆帝が最も愛した皇子は25歳の若さで死亡

永琪は清朝の第6代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの第五皇子。 子供のころから勉強熱心で 乾隆帝が最も高く評価していた皇子でした。 しかし骨結核という難病にかかり25歳でこの世を去ってしまいます。 長生きしていれば次の皇帝になったかもしれ...
4.7 清・金

純懿皇貴妃 耿氏(裕太妃)96歳まで生きたご長寿妃の処世術

純懿皇貴妃は清朝の第代皇帝・雍正ようせいていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では裕太妃として登場します。  和親王・弘昼の生母です。 ドラマでは善人を装いならが裏で悪事を働く黒幕敵存在と描かれることもありますが。歴史上は実の子の弘昼だけ...
4.7 清・金

和親王・弘昼|ドラマの悪役は「デタラメ爺さん」と呼ばれる変人だった

愛新覚羅・弘昼は清朝の第5代皇帝・雍正帝ようせいていの皇子。 酒好きで、性格は短気だったともいわれます。歴史書には「自分の葬式を行って楽しむ」という奇行が書かれれています。 そのせいかドラマでは悪役にされることも多いです。 「瓔珞<エ...
スポンサーリンク
4.7 清・金

海蘭察 戦いに生きたエヴェンキの将軍

海蘭察(ハイランチャ)は清朝の乾隆帝時代に活躍した将軍です。 勇猛果敢なエヴェンキ族の多拉爾(ドラル)氏出身。海蘭察(ハイランチャ)は、乾隆帝が命じた数々の戦いに参戦、多くの手柄をたてました。 ドラマ「瓔珞」でも富察傅恒の友人として登場...
4.7 清・金

清朝皇帝 初代ヌルハチからラストエンペラーまで全12人を紹介

瓔珞、如懿伝、宮廷の諍い女など。清王朝が舞台のドラマが日本でも見られるようになりました。でも清王朝ってあまりなじみありませんよね。 そこで清王朝の12人の皇帝を初代ヌルハチからラスト・エンペラー・溥儀まで紹介します。 清にはどんな皇帝が...
4.7 清・金

舒妃 葉赫那拉(納蘭)氏・名家出身のお嬢様妃は乾隆帝の寵愛が薄かった?

 舒妃(じょひ)葉赫那拉氏は清朝の第6代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では 舒妃(じょひ) 納蘭·淳雪(のうらん・じゅんせつ) 「如懿傳」では  舒妃 葉赫那拉·意歡(イェヘナラ)として登場します。 史実の...
4.7 清・金

愉貴妃・珂里葉特氏 乾隆帝と最も長く連れ添った妃

愉貴妃は清朝の第6代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では 愉妃ゆひ・珂里葉特ケリュテ・阿妍  「如懿傳」では 愉妃ゆひ・珂里葉特ケリュテ・海蘭ハイランとして登場します。 モンゴル人貴族の父をもつ妃です。 愉...
4.7 清・金

純恵皇貴妃 蘇氏|母子そろって結核に苦しんだ妃

純恵皇貴妃じゅんけいこうきひ 蘇佳スギャ氏は清朝の第6代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では純妃・蘇靜好そじょうこう。 「如懿傳」では 純妃・蘇緑筠そりょくりん、として登場します。 史実の純恵皇貴妃 蘇佳氏は...
4.7 清・金

淑嘉皇貴妃 金氏 ドラマの悪女は意外とおとなしかった?

淑嘉皇貴妃 金氏は清朝の第6代皇帝・乾隆帝の側室。 「瓔珞<エイラク>」では嘉貴人金氏と小嘉嬪。 「如懿傳」では 嘉貴妃・金玉妍として登場します。 なぜか「瓔珞」では嘉嬪金氏が若くして死亡した後に、双子の妹・小嘉嬪が後宮入りすること...
4.7 清・金

年羹堯|雍正帝によって自害に追い込まれた清の将軍

年羹堯(ねん・こうぎょう)は清朝(正式名は大清国:ダイチングルン)の軍人。 妹は第4皇子胤禛(いん・しん、後の雍正帝)の側室。チベット遠征でジュンガル軍と戦い功績をあげました。 雍正帝の即位にも協力したといわれます。 年羹堯自身は有能...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました