孝懿王后(ヒョイ王妃) 金氏・正祖(イサン)の正室は優等生

正祖の王妃側室2 李氏朝鮮の妃・側室

 

孝懿(ヒョウィ、ヒョイとも)王后 金(キム)氏は李氏朝鮮の王妃。

第22代国王・正祖の正室です。

頭のよい女性だったと言われ、儒教社会では模範的な妻とされました。

その一方では個人的は幸せだったとはいえないエピソードもあります。

史実の孝懿(ヒョウィ)王后 金(キム)氏どんな人物だったのか紹介します。

 

スポンサーリンク

孝懿王后 金氏の史実

いつの時代の人?

生年月日:1754年1月5日(乾隆18年12月13日)
没年月日:1821年4月10日(道光元年3月9日)

姓:金(キム/きん)
名:不明
本貫:清風金氏
称号:孝懿王后(ヒョウィワンフ/こういおうこう)
父:金時黙
母:唐城府夫人洪氏
夫:正祖

子供:なし

彼は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の主に22代正祖の時代です。

日本では江戸時代の人になります。

おいたち

1754年に産まれました。

父は金時黙。

18代顕宗の妃・明聖王后(粛宗の母)の親戚でした。

英祖が「清風金氏からぜひ世孫の妻を」と希望。金氏が王世孫・李祘の正室になって離宮に入りました。

ところが天然痘になってしまいました。病気の回復を待ちました。

世孫嬪になる

1762年(英祖29年)。10歳のとき、王世孫・李祘と結婚。世孫嬪になりました。

その年。壬午禍変(じんごかへん)が起こりました。老論との対立がもとで思悼世子が米櫃に入れられて死亡した事件です。

英祖は恵慶宮洪氏と世孫嬪金氏に実家に戻るように言いました。ところが世孫嬪金氏は実家には戻らず義母と一緒に居たいといいました。英祖は世孫嬪が恵慶宮洪氏の実家に行くことを許可しました。

その後、英祖から王宮に戻るように言われたので2人は王宮に戻りました。

幼い世孫嬪は世孫の父・思悼世子が死亡したときには王宮にいなかったのです。英祖の思いとしては。当時は王宮が騒がしい時期でしたし、義父が死亡する所を見せてくなかったのでしょう。

また幼い世孫嬪が義母と一緒にいると言ったことに英祖は感動しました。儒教社会では模範的な行動でした。両班の子供は幼い頃から儒教を叩き込まれていました。教育のおかげがあったにしろ世孫嬪金氏は非常にもの物分りのいい子供だったようです。

世孫嬪金氏は「模範的な嫁」として英祖からの評判は非常に高かったようです。

ところが肝心の王世孫との仲はあまり良くありませんでした。

恵慶宮洪氏の書いた「恨中録」によると

若い頃の王世孫は淡白な性格だったようで、世孫嬪に興味を持たなかったようです。

英祖は2人が仲良くなって子供が産まれることを願っていました。英祖は世孫には世孫嬪と仲良くするようにと言っていたといいます。

でも、世孫としてはそう言われるとますます反発したくなったのかもしれません。

また”和緩翁主(ファワンオンジュ)が「世孫は子供ができない病気でいらっしゃる」と言いふらし、人びとを惑わしている。意地悪で凶悪な女だ”と書いています。

その英祖が1776年(英祖32年)に他界しました。

 

王妃になる

1776年。夫の李祘が即位しました。22代国王・正祖です。

金氏は王妃(孝懿王后)になりました。当時22歳。

正祖が即位後。孝懿王后と正祖の仲は徐々に良くなっていきました。周囲の様々な人間関係が2人の仲に影響していたようです。

孝懿王后と正祖は仲睦まじい夫婦になったといわれます。

1787年(正祖11年)。孝懿王后が妊娠したと発表になりました。ところが1788年(正祖12年)。想像妊娠だったことがわかりました。

他の側室も想像妊娠になった記録があります。当時はそういうことが何度かおきていたようです。

正祖と孝懿王后の間には子供はいませんでした。そこで綏嬪朴氏が産んだ李玜(後の純祖)養子にしました。

1796年(正祖20年)。「蛔気」という病気になり。非常な心配性になり、不安と苛立ちがなかなか収まらなかったようです。このとき42歳。更年期症状かもしれません。

1799年(正祖23年)。元嬪洪氏が死亡したときには、洪国栄から疑われました。

1800年(正祖24年)。正祖が死去。王大妃になりました。

1821年。死去。享年61。

テレビドラマ

イサン 2007 演:朴 恩恵(パク・ウネ)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました