スポンサーリンク

淑嘉皇貴妃 金氏 ドラマの悪女は意外とおとなしかった?

4.7 清・金

淑嘉皇貴妃 金氏は清朝の第6代皇帝・乾隆帝の側室。

「瓔珞<エイラク>」では嘉貴人金氏と小嘉嬪。
「如懿傳」では 嘉貴妃・金玉妍として登場します。

なぜか「瓔珞」では嘉嬪金氏が若くして死亡した後に、双子の妹・小嘉嬪が後宮入りすることになっています。でも歴史上は妹は後宮入りはしていません。二人で一人分の人生と考えてください。

ドラマ「如懿傳」では自分で陰謀をはたらき後宮内の対立を煽る存在。ドラマ「瓔珞」では高貴妃の手下になって陰謀をはたらく役どころでした。

ドラマではあんまりよい描かれた方をすることがない淑嘉皇貴妃 金氏ですが、実際にはどうだったのでしょうか?

史実の淑嘉皇貴妃 金氏はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

淑嘉皇貴妃 金氏の史実

いつの時代の人?

生年月日:1713年9月14日
没年月日:1755年12月17日

姓:金(ジン)氏(金佳(ギンギヤ)氏)
称号:淑嘉皇貴妃 
地位:金格格→金貴人→嘉嬪→嘉妃→嘉貴妃→淑嘉皇貴妃
父:金三保(ジン・サンバオ)
母:
夫:乾隆帝(かんりゅうてい)

子供
皇四子 履端親王 永珹
皇八子 儀慎親王 永璇
皇九子(早殤)
皇十一子 成哲親王 永瑆

彼は清王朝の第6代皇帝・乾隆帝の時代です。

日本では江戸時代になります。

おいたち

 淑嘉皇貴妃 金氏の祖先は朝鮮人でした。
1627年。祖先の金三達理(キム・サンダリ)は後金と李朝朝鮮との間で行われた丁卯戦争で捕虜になりました。金三達理は満州貴族に仕える 包衣人(使用人)になりました。

淑嘉皇貴妃は、康熙52年(1713年)に生まれました。父は金三達理のひ孫・金三保(ジン・サンバオ)。

1727年(雍正5年)。第四皇子・弘曆の格格(側女)になりました。

1735年(雍正13年)。雍正帝が死去。弘曆が即位しました(乾隆帝)。
金氏は「貴人」の地位を与えられます。

1737年(乾隆2年)5月11日。乾隆帝は金氏を「嬪」にしようと考えました。重臣たちは側室にふさわしい文字として「令、婉、嘉、粹」を提案します。乾隆帝はその中から「嘉」を選びました。

12月に正式に「嘉嬪」になりました。

1739年。第4皇子の永珹が生まれました。

正三位・武備院卿の地位にあった父の金三保は「嘉嬪冊封」のお礼を述べます。

乾隆帝は金氏を「嘉妃」にしました。

1745年(乾隆10年)。貴妃高氏が死去。葬儀の場所に皇后や妃嬪たちは牛車ででかけました。第一牛車は皇后。第ニ牛車に翊坤宮・嫻貴妃と長春宮・嘉妃が乗ったと記録されています。長春宮は紫禁城内にある后妃の暮らす宮殿です。後に皇后が暮らす場所になりますが、このときは嘉妃金氏が暮らしていたことになります。側室としては優遇されていたようです。

1746年(乾隆11年)。第8皇子の永璇が生まれました。

1748年7月1日。乾隆帝は出産を控えた金氏を「貴妃」にしようと考えました。

7月9日。第九皇子が生まれました。しかし若くして死亡します。

12月。正式に「嘉貴妃」になりました。

1752年2月(乾隆17年)。第11皇子の永瑆が生まれました。

7月。乾隆帝は嘉貴妃金氏に褒美の品81点を授けました。

1755年2月(乾隆20年)。嘉貴妃金氏が病死。43歳でした。

乾隆帝は葬儀の場で金氏に「淑嘉皇貴妃」の称号を与えました。このとき、皇后輝發那拉氏は出席していませんでした。妊娠中だったためです。彼女の棺はしばらくの間、賓宮に安置されていました。

ドラマで嘉貴妃 金氏と嫻妃 輝發那拉氏が敵対関係になるのはこのエピソードが元になっているのかもしれません。

清朝の記録では「温和な妃だった」と記されています。

ただし乾隆帝は何人かの側室・子どもたちに「温和」という言葉を使っています。乾隆帝の「穏やかで平和であってほしい」という願いが込められていたのかもしれません。

1757年10月(乾隆22年)。淑嘉皇貴妃の金の棺は埋葬されました。

その後。乾隆帝は淑嘉皇貴妃の実家・金氏に金佳(ギンギャ)という満州姓を与えました。金氏は満州貴族の使用人の家系ではなくなりました。貴族の家柄になったのです。

淑嘉皇貴妃の息子・永珹・永璇・永瑆の外戚を貴族扱いにするための措置でした。彼女の息子が後継者候補になっていたからだと考えられています。実際に次の皇帝になったのは皇貴妃魏氏(儀純皇后に追尊)の息子・永琰(嘉慶帝)でした。

テレビドラマ

瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜 2018、中国
 役名:嘉嬪金氏、小嘉嬪金氏  演:(パン・シーチー)

第4皇子の母。高貴妃の手下。後宮内で生き延びるために高貴妃の陰謀の手先となって働きます。ところが高貴妃のライバル・嫻妃に首を締められ死亡。その後、双子の妹が後宮に入り瓔珞に敵意を持ちます。ドラマでは姉妹になってますが、歴史上は一人の人物です。

如懿傳〜紫禁城に散る宿命の王妃~ 2018、中国
 役名:嘉貴妃・金玉妍  演:辛芷蕾(ジン・ジレイ)

朝鮮の大臣に引き取られて育ったという過去を持ちます。おいたちのせいで朝鮮のために働こうとする意思が強く、清の王室内で人々の対立を煽る黒幕的存在として描かれます。

祖先は朝鮮出身ですが、歴史上の彼女本人は朝鮮との関わりはなさそうです。でも中国ドラマの題材としては悪役にしやすいのかもしれませんね。

自ら陰謀を働くか、他の妃嬪の手下になるかはドラマによって違いますが。どのドラマでも主人公の敵として出てくるのが淑嘉皇貴妃 金氏。

ところが歴史上の金氏には意外なほどエピソードがありません。とくに波乱もなく子供にも恵まれ平穏な人生だったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました