「ノクドゥ伝」チョン・ノクドゥのネタバレ。モデルはいるの?

ノクドゥ伝2 ドラマ人物

韓国ドラマ「ノクドゥ伝」は17世紀の李氏朝鮮の光海君の時代を舞台にした時代劇です。

チャン・ドンユン演じるチョン・ノクドゥはドラマの主人公。

ノクドゥはドラマの中で光海君の息子だと明かされます。王座を脅かす存在として始末されてようとしていたのでした。

光海君の息子といえば、史実では廃世子 李祬(イ・ジ)。

たしかにノクドゥが島暮らしをしている所や、反乱のあと母とともに島で暮らすところなどは李祬(イ・ジ)とそっくりです。

でもそれだけではないようです。ある隠れた人物がモデルになってます。

ドラマのチョン・ノクドゥの紹介と。

歴史上 チョン・ノクドゥのモデルになった人はどんな人だったのか紹介します。

 

スポンサーリンク

ドラマ「ノクドゥ伝」の ノクドゥとは

 

チョン・ノクドウ(全綠豆)/李祬(イ・ジ)

 演:チャン・ドンユン、子役:キム・ジウ

ノクドゥの本当の父は光海君。母は王妃柳氏。予言のため、光海君の王位を脅かす人物とされたので捨てられました。光海君は部下に命令して殺させたと思っているようですが、密かに匿われて島で暮らしていました。

ノクドゥ本人はそのことを知らずい育ちました。物心をついてからは島を出たことがありません。ところが家を武装集団に襲われてしいまいます。刺客を追ってたどり着いたのが男子禁制の未亡人村。

村に潜入したノクドゥは、見習い妓生のトンジュと一緒に暮らすことになります。ところがそのトンジュは街で王を暗殺しようとしていた女でした。トンジュはノクドゥを追い出そうとするのですが仕方なく一緒に暮らすことになります。ノクドゥとトンジュは何かと衝突するものの次第に惹かれ合います。

やがて男だとばれてしまいますが未亡人村で一緒に暮らします。

ところがあるとき兄のファンテから自分が朝鮮の王子だと聞かされます。自分の出生の秘密を探るため、ヨンス(延秀)と名乗り捕盜局の役人に変装して宮中に潜入。国王・光海君と出会います。

光海君の信頼を得て王の護衛になります。ところが綾陽君の反乱計画を知り、自分も殺そうとしていることを知って驚きます。

そして調査を進めていくとトンジュの正体は領議政 柳永慶の娘・柳恩瑞だったことがわかりました。柳永慶は先代の宣祖から昌大君を次の王にするよう密命を受けていました。ところが光海君派に処刑されてしまいます。両班としての地位を失ったトンジュはユルムとの婚約も破棄になって今の生活を送るようになったのです。

ノクドゥが光海君と外出したとき、綾陽君が挙兵。ノクドゥは戻って反乱を止めようと綾陽君と戦います。綾陽君を殺しそうになりましたが、そこに光海君が戻りノクドゥが謀反人と間違われます。光海君はノクドゥの逮捕を命じました。

ノクドゥは王妃に助けられトンジュともに都を脱出。小島に逃げてトンジュと結婚して暮らします。

トンジュとノクドゥは小島で結婚。その後は島で暮らしました。

母の柳氏も仁祖の反乱で死んだことにされ島にやってきます。

ノクドゥ=緑豆

名前にもなっている「ノクドゥ」とは緑豆(青あずき)のこと。

グリーンピースではありません。グリーンピースはエンドウ豆です。

インド原産。インドや東アジア、アフリカでよく食べられる豆です。緑豆デンプンは韓国冷麺のつなぎやチヂミの原料に使ったり、韓国ではよく食べられる食材です。日本では主にもやしの原料。豆を食べることはほとんどありません。

まさかこんな名前のついてる人が王子とは誰も思わないでしょう。

チョン・ノクドゥのモデルは?

光海君と柳氏の息子は公式には李祬(イ・ジ)だけ。

光海君に謎の王子がいた?

ところが宣祖に仕える文官の鄭琢の書いた書物には1592年に世子嬪が出産したと書かれています。壬辰戦争(文禄・慶長の役)で宣祖や光海君が都から逃亡した時、妃嬪たちも一緒に避難しました。その途中で世子品が出産したというのです。

残念ながらその子は死産だったのか、幼くして死亡したのかわかりませんが。朝鮮の公式な記録には載っていません。

ノクドゥ伝はヘ・ジニャンか描いたウェブ漫画が原作ですが。作者ははわずか1行の記録から想像を膨らましてノクドゥ伝を作ったということです。

でもノクドゥ伝には世子の李祬が出てきません。

歴史上の李祬の立場もノクドゥが兼ねることになります。

史実の光海君の息子は王世子・李祬

本名は李祬(イ・ジ)。光海君と王妃 柳氏の息子。

公式には1598年(宣祖31)に生まれた李脩(イ・ス)が光海君の長男です。後に李祬(イ・ジ)に改名します。

1608年。父・光海君が国王に即位すると李祬(イ・ジ)は元子(ウォンジャ)になりました。王室内では事実上の跡継ぎと決まりました。

8月17日。元子の名を「脩」の字で書く問題を大臣に尋ねたところ、問題ないという答えでした。

1610年。13歳のとき。世子になりました。

1611年。14歳のとき。朴自興(パク・ジャヒョン)の娘と結婚。

1614年(光海君6年)7月5日。17歳のとき。世子嬪の産室設置の命令が出ました。

ところが世子の期間は長くはありません。

1623年(仁祖1)3月14日。25歳のとき。綾陽君が反乱を起こしました。

光海君は王を廃され。李祬も世子を廃されました。

3月23日。父·光海君や母・柳氏、妻の朴氏とともに江華島に移されました。

李祬と朴氏は断食したり喉を縛ったりして自ら死のうとしました。でも死にきれません。逃げることを選択します。やがて幽閉先でトンネルを掘って逃げようとしました。ところが見つかって逮捕、処刑されます。

母の廃嬪 朴氏は自決しました。

 ・廃世子・李祬の詳しい説明はこちら

 

ノクドゥ伝のアイデアの元になった、実在したかどうかはわからない記録に残っていない王子。

公式な記録に残り、最後は両親とともに島に流されて島で暮らし。逃げようとして処刑された李祬(イ・ジ)。

ノクドゥは光海君の二人の子供の人生を足し合わせたようなキャラクターです。光海君の二人の子供はどちらも恵まれない人生でした。

そして島で暮らすことになっても最後は死なずに平凡な人生を生きた。

そういうささやかなハッピーエンドにしたのがノクドゥなのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました