PR

鈕祜祿 甄嬛のモデル 孝聖憲皇后 ニオフル氏 [宮廷の諍い女]

宮廷の諍い女 1.2 清の皇后妃嬪皇太后

「宮廷の諍い女」鈕祜祿(ニオフル)甄嬛(しんけい)にはモデルがいます。

大清帝国の第5代皇帝・雍正帝の側室で、6代皇帝 乾隆帝の生母・孝聖憲皇后(こうせいけんこうごう)鈕祜祿(ニオフル)氏です。

孝聖憲皇后の若い時代を描いたTVドラマが「宮廷の諍(いさかい)い女」。劇中ではヒロインの甄嬛(しんけい)という名前で登場します。

続編の「如懿傳」にも登場します。

甄嬛と史実の孝聖憲皇后には違うところもあります。

ドラマの甄嬛の紹介と史実の孝聖憲皇后を紹介します。

PR

ドラマの 甄嬛

甄嬛(しん・けい)は漢軍正藍旗(漢人の貴族)出身。

父は大理寺の少卿をしている 甄遠道

異母妹に浣碧がいます。

子供:朧月公主、第六皇子・弘曕、霊犀公主。
養子:第四皇子 弘曆(名義上は生母)

 

秀女(皇后側室候補)選びで宮中に入ります。容貌や性格がすでに亡くなった純元皇后に似ていたので雍正から注目されました。

沈眉莊とは親友。淳常在、敬妃、端妃、欣嬪、寧嬪とも親しい仲です。選秀で知り合った安陵容とも親しくしていました。

宮中に入ってすぐ、華妃の妨害を受けていました。その後、雍正帝の寵愛を受け貴人に昇格。沈眉莊や安陵容と協力して麗嬪を陥れ、華妃派に打撃を加えます。

初めて妊娠したときには莞嬪の地位に昇格。しかし流産してしまいます。その後、寵愛を取り戻して華妃に対抗しました。

甄嬛は最初は雍正帝を愛していましたが、皇后によって陥れられ、雍正帝の怒りをかってしまいます。そこで自分が純元皇后の身代わりとしか見られていないことを知り絶望。出家しました。

出家先でも虐待を受けましたが、果郡王が自分を守ってくれたこと心をうたれ。二人はお互いに惹かれるようになります。

その後。宮中に戻ろうと決意。雍正帝から「鈕祜祿」の姓与えられ、満洲鑲黄旗に昇格。第四皇子の生母・鈕祜祿氏として宮中に戻ることになりました。その後は、皇后派に寝返った安陵容と、皇后に復習します。

 

孝聖憲皇后の史実

甄嬛のモデルになったのが乾隆帝の生母・鈕祜禄(ニオフル)氏です。

孝聖憲皇后(こうせいけんこうごう)の称号がありますが、生前に皇后になったことはありません。死後に与えられた称号です。

ニオフル氏は満洲鑲黄旗の鈕祜禄(ニオフル)氏出身。
1692年に生まれました。

鈕祜禄(ニオフル)氏は満州族の名門でしたが、父の凌柱(りょうちゅう)は四品典儀官。中堅クラスの役人です。あまり身分が高くありませんでした。

1705年(康煕44年)。康煕帝の第四皇子 胤禛(いんしん:後の雍正帝)の格格(側室)になりました。

このころ胤禛には正室の烏喇那拉(ウラナラ)氏、側室の年氏、李氏がいました。

鈕祜禄(ニオフル)氏は病気になった胤禛を献身的に看病して胤禛の寵愛を受けるようになりました。

1711年(康煕50年)。鈕祜禄氏は胤禛の四男・弘暦(後の乾隆帝)を出産。

1722年(康煕61年)。康煕帝が死去。胤禛が皇帝(雍正帝)になりました。

雍正帝の時代

鈕祜禄(ニオフル)氏は皇帝の側室・熹妃(きひ)になりました。

後宮での序列は孝敬憲皇后 烏喇那拉が一番上。
その次が年貴妃、斉妃。熹妃は4番めでした。

1725年(雍正3年)。敦粛皇貴妃 年氏の病死後は熹妃 鈕祜禄がもっとも寵愛を受け、熹貴妃になりました。

孝敬憲皇后が病のため死亡。熹貴妃が宮中を仕切りました。

1735年(雍正13年)。雍正帝が病死。息子の弘暦が皇帝に即位します。

乾隆帝の時代

息子が皇帝(乾隆帝けんりゅうてい)になったので、熹貴妃は皇太后になりました。

乾隆帝は母の皇太后 鈕祜禄氏を非情に大切にしました。皇太后が人生の節目を迎えるたびに、乾隆帝が国家の行事として盛大に祝いました。

1777年(乾隆42年)。慈寧宮で死去。享年86。

 鈕祜禄氏は乾隆帝から大切にされ、最高の人生を歩んだ女性と言われました。後の皇太后にとっても崇慶皇太后は憧れの女性でした。西太后も崇慶皇太后に憧れたといいます。

 

ドラマの甄嬛と史実の孝聖憲皇后ニオフル氏の違い。

本当のニオフル氏は満洲人

ドラマの甄嬛は漢人で、漢軍正藍旗の出身の設定。

清朝建国に協力した漢人で清朝によって旗人(貴族)に取り立てられた一族。満洲人ではありません。

でも実際の孝聖憲皇后 鈕祜禄(ニオフル)氏は正真正銘の満洲人です。

ドラマでは漢人の甄嬛(しん・けい)を満洲旗人の鈕祜禄氏にするため。一度は宮殿から出た甄嬛が皇帝の許可で宮中に戻り、皇帝から「鈕祜禄」の姓をもらい満洲鑲黄旗に移籍。鈕祜禄 甄嬛と名乗るというかなり強引な展開になってます。

 

乾隆帝はニオフル氏の実の子

史実では第四皇子 弘暦(乾隆帝)は 鈕祜禄(ニオフル)氏の実の子です。

でもドラマでは弘暦は別の側室が産んだ子。

甄嬛の実の子は朧月公主、第六皇子・弘曕、霊犀公主になってます。
いずれも架空の人物です。

でも甄嬛が宮中に戻るときに弘暦の母という地位をもらって戻ってきました。

これは
「乾隆帝は満洲人の子ではなく漢人だ」
「乾隆帝が満洲人のはずがない」
という中国人の偏見や都市伝説の影響です。

なぜそんな都市伝説があるのかこちらで詳しく説明しています。

・なぜ中国ドラマでは乾隆帝の生母が皇太后・鈕祜祿氏ではないの?

この設定は続編の「如懿伝」でも引き継がれました。

「如懿伝」では主人公がライバル烏喇那拉 皇后の姪・如懿に変わり。設定も一部変わっていますが。「乾隆帝は鈕祜禄の子ではない」という設定は変わりません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました