3.3 新羅

ドラマ「善徳女王」で生まれたばかりのトンマン王女と次女のソファを逃したのがムンノ。

ムンノは実在したのでしょうか?

ムンノ(文努)は「花郎世紀」という書物に登場する花郎のリーダーです。ドラマのオリジナルではあり ...

3.3 新羅

閼川(アルチョン)はドラマ「善徳女王」でトンマンと最初は対立しながらもやがて仲間になる花郎です。

アルチョンは実在した新羅の貴族でした。花郎出身で数々の手柄をたてています。

史実の閼川(アルチョン)はどんな人物 ...

3.3 新羅

善徳女王などに登場する毗曇(ピダム)は新羅の貴族。真骨貴族といわれたので、王族かそれに近い身分の人だったようです。

善徳女王に使えましたが最終的には「女が女王では国は治められない」という理由で反乱を起こし鎮圧されました。

3.3 新羅

真平王(しんぺい王・チンピョンワン)は新羅の26代国王です。

善徳女王の父親としても知られています。

真平王の時代は新羅、高句麗、百済が激しく戦っていた時代でした。

一方で、拡大した領土を治めるため ...

3.3 新羅

新羅に併合された金官伽耶の王族の子孫。

真平王、善徳女王、武烈王など多くの王に仕え、長い間新羅を支える重臣として君臨しました。新羅の朝鮮半島統一に大きく貢献したのが金庾信です。

その功績は大きく評価され。王族で ...

3.3 新羅

チョンミョン王女はドラマ「善徳女王」に登場する新羅の王女。善徳女王の姉になります。

天明公主(チョンミョン王女)は実在の人物です。新羅の武烈王の母として名が知られています。

武烈王(金春秋)は善徳女王を支え、後 ...

3.3 新羅

韓国ドラマ「善徳女王」に登場するミシル(美室)は、朝鮮半島の歴史を書いた「三国史記」などの文献には登場しません。「花郞世記」という本にのみ登場する人物です。

「花郎世記」によると新羅時代に存在した女性だと言われます。3人の ...

3.3 新羅

 

真興王(チヌン王、しんこうおう)は新羅の王様。

新羅の領土を拡張し高句麗、百済とともに三国時代を作りました。

真興王の時代は大陸の進んだ文化や仏教を積極的に取り入れ、新羅が発展しました ...

3.3 新羅

花郞(ファラン・かろう)は新羅の国にいた青年集団。

王族や貴族の子弟が集まり、国や一族に貢献するために修練をつみました。

韓国時代劇「花郞(ファラン)」ではイケメン集団の親衛隊と描かれています。現代的の学園ドラ ...

PAGE TOP