仁穆王后(インモク王妃)息子と父を光海君と大北派に殺され復讐を願いつつ生きた

2017年10月4日

仁穆王后(インモク王妃)は李氏朝鮮 第14代国王・宣祖の2番めの妃。

宣祖との間に息子が生まれました。しかしそれが不幸の始まりでした。息子と父は光海君と大北派によって廃され、殺害されてしまいました。自身も大妃の身分を奪われ幽閉されてしまいます。そのご身分は回復しましたが、光海君の死を願いながら生きる恨みだけが残る人生でした。

史実の仁穆王后(インモク王妃)どんな人物だったのか紹介します。

仁穆王后(インモクワンフ)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1584年12月15日
没年月日:1645年5月21日

名前:金氏(キム氏)名は不明
称号:仁穆王后(インモクワンフ)、昭聖王后、昭聖大妃、明烈大王大妃
父:金悌男
母:光州盧氏
夫:宣祖

子供
長女:貞明公主
次女:死産
長男:永昌大君

彼は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の主に14大宣祖の妃です。

日本では江戸時代の人になります。

おいたち

1584年。吏曹正郞・金悌男(キム・ジェナム)の次女として産まれました。

1600年。宣祖の妃・懿仁王后が亡くなったあと。3年の喪が開けた1602年に王妃になりました。18歳でした。

当時・宣祖の年齢は48歳でした。年齢が開いているように思えますが、王の年齢に関係なく王妃は十代の娘が選ばれました。むしろ18歳なら歳をとっていた方になります。

1603年。貞明公主が産まれました。
1606年。長男の李㼁(永昌大君)が産まれました。

宣祖は喜び李㼁を世子にしようとしました。しかし既に光海君を世子に決めたあとだったので、重臣から反対されます。李㼁を世子にできないまま宣祖は死亡しました。

息子と父親が殺害される

1608年。光海君が即位しました。

光海君の妃・朴氏とは仲が悪かったといいます。朴氏は義理の娘になりますが、懿仁王后の方が8歳年下でした。

1611年(光海君3年)。長男の李㼁が永昌大君の称号を与えられました。

光海君時代に朝廷で力のあった大北派は永昌大君は光海君を脅かす存在になると考えました。

1613年。「金悌男が永昌大君を王にしようとした」と李爾瞻(イ・イチョム)が主張。金悌男は毒薬を飲まされ自害に追い込まれました。金悌男の家族は済州島に流刑になりました。

永昌大君は、位を奪われ庶民にされ江華島に流刑になりました。

大妃の身分を奪われ幽閉生活

仁穆大妃と娘の貞明公主は西宮に幽閉になりました。

大北派はその後、永昌大君の死罪を要求しましたが光海君は断りました。

1614年。李爾瞻らが勝手に暗殺者を送り永昌大君の住む家に放火して殺害しました。

李爾瞻は永昌大君は病死したと報告しましたが、仁穆大妃が信じるはずがありません。

息子は殺され実家が没落してしまいました。

しかも、仁穆大妃は位を奪われ廃妃になってしまいました。李氏朝鮮の歴史でも生存中の大妃を廃妃した王はいません。太祖が父の継妃・神徳王后を廃妃にしたことはありますが、神徳王后本人は既に亡くなっていました。

大妃の廃妃は燕山君すらやっていない暴挙だったのです。このことが光海君が長い間、暴君といわれた理由の一つになります。

仁穆大妃は生きる気力を亡くしそうになりながら幽閉生活を送りました。娘の貞明公主が書道で母を慰めたといいます。娘の書は夫・宣祖の筆跡によく似ていたのです。

幽閉生活を耐え忍ぶ、仁穆大妃に朗報が届きました。

1623年。綾陽君と西人派が反乱を起こしました。光海君は捕らえられ流刑になりました。

仁祖の時代

仁穆大妃は開放され、大王大妃になりました。

大王大妃になって最初の仕事は綾陽君を王に指名することでした。綾陽君は即位して仁祖になりました。

庶民に落とされていた永昌大君も身分を回復しました。既に生きてはいませんが名誉が回復したのはせめてもの救いでした。

しかしそれでも仁穆大妃の気持ちは晴れません。息子と父の仇がまだ生きているからです。仁穆大妃は仁祖に光海君の死罪を主張しました。

しかし仁祖は光海君を処刑しようとはしませんでした。王を殺すと悪評がたつのではないかと心配して生かしたままにしていたのです。

仁穆大妃の要求は聞き入れられませんでした。仁祖にとっては仁穆大妃の存在は、光海君を倒すための大義名分に過ぎません。仁穆大妃はとくに大切にされるわけでもなく、息子の冥福を祈りつつ静かに余生を送りました。

いつまでたっても光海君が死んだという報告は届きません。

1632年。亡くなりました。享年49歳。

光海君が死んだのはそれから9年後の1641年でした。

仁穆大妃としてはなんともやりきれない後半生だったことでしょう。

仁穆王后の呼び名

一般には仁穆王后と呼ばれていますが、仁穆は死後付けられた名前。
王妃時代は昭聖王后。
光海君の時代は貞懿王大妃。
仁祖の時代は明烈大王大妃。と呼ばれていました。

でもややこしいので、仁穆王后、仁穆大妃と呼ばれることが多いです。

テレビドラマ

宮廷女官キム尚宮 KBS 1995年 演:イ・ボヒ
許浚 MBC 1999年 演:ホン・ウニ
雷鳴 KBS 2000年 演:イ・ヒョンギョン
王の女 SBS 2003年 演:ホン・スヒョン
許浚・伝説の心医 MBC 2013年 演:ソ・イアン
王の顔 KBS 2015年 演:コ・ウォニ
華政 MBC 2015年 演:シン・ウンジョン

 


PAGE TOP