金自點(キム・ジャジョム)・仁祖を王にして仁祖とともに終わった重臣

2017年9月9日

ギム・ジャジョムは実在する李氏朝鮮王朝の重臣。花の戦い宮廷残酷史、華政に登場する悪役として知られています。

仁祖のクーデターに参加し、重臣として取り立てられました。親族の貴人趙氏とともに昭顕世子一家に罪をなすりつけ殺害しました。

虎のようだと恐れられながらも仁祖のもとでは権力を振るったギム・ジャジョム。史実のキム・ジャジョムはどんな人物だったのか紹介します。

 

金自點(キム・ジャジョム)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1588年
没年月日:1651年12月17日

名前:金自點(ギム・ジャジョム)
父:キム・タック(金琢)
母:ユ氏
子供:
キム・イク
キム・シク

彼が生きたのは1588年~1551年。朝鮮王朝(李氏朝鮮)の主に15代光海君~17代孝宗の時代です。

日本では江戸時代の人になります。

 

キム・ジャジョムの生涯

 おいたち

1588年。全羅道 楽安で産まれます。

幼いころより記憶力がよく暗記が得意でした。士林派の儒学者成婚の門下生となりました。

朝廷の役人となり、兵曹佐郎になります。

光海君の時代、仁穆大妃(インモクテビ)の廃妃に反対して光海君の支持勢力・大北派(テブクパ)に立ち向かいますが、争いに負けて追放されます。

仁祖反正

崔鳴吉(チェ・ミョンギル)、植栽員とともに反乱を計画。親戚の李貴(イ・グィ)をとりこみます。

1622(光海君14年)。金瑬(キム・リュ)、申景禛(シン・ギョンジン)らを仲間にして光海君追放を計画します。綾陽君(ヌンヤングン)を担ぐことで意見がまとまります。

明と親しく後金と対抗しようとする西人派は、明と後金に対して中立を保とうとする光海君に対して不満を持っていました。仁穆王后の廃妃とその息子・永昌大君の殺害したことも口実となりました。

1623年4月11日(光海君15年)。綾陽君を中心にした西人派の勢力はクーデターを起こしました。2000人の兵士を率いて城壁の門を壊して突入。予め味方にしていた訓練隊長が宮殿の門を開けたので王宮を占領できました。光海君は王位を奪われて”君”の身分に落とされます。光海君を支持する李爾瞻(イ・イチョム)ら40人あまりを処刑、200人あまりを処罰しました。朝鮮王朝のクーデターの中でもとくに処刑された人の多いクーデターとなりました。

クーデターのあと、綾陽君が即位して仁祖となりました。ジャジョムはイ・グィが権力を手にするのに協力しジャジョムは人事権を得ました。

その後、功績が認められて都元帥になります。手柄だけではなく宮廷内で影響力のあった金尚宮に賄賂を渡したから、との噂もあります。

イ・グィとキム・リュが対立するとキム・リュに味方します。

 

李适(イ・グァル)の反乱

624年(仁祖2)。反乱に参加して手柄をたてたものの待遇に不満をもっていた李适(イ・グァル)が平安道で反乱を起こしました。漢城(ソウル)を占領しました。

ジャジョムは仁祖と共にソウルから逃げました。このときジャジョムは万が一にそなえて監獄にいた40人の牢人を処刑しました。

イ・グァルの反乱が鎮圧されると仁祖と共に漢城に戻りました。

承旨に昇進します。

1625年。世子の后に尹毅立(ユン・ウイリプ)が選ばれるとジャジョムは反対します。ユン・ウイリプがイ・グァルの親戚だという理由でした。しかし、世子の后選びに口を出したことで仁祖の怒りをかって一時降格されましたが、後に右議政になりました。

 

丁卯胡乱(丁卯の役)

ジャジョムらの西人派は国際情勢に疎く、後金が力をつけていたにもかかわらず後金と敵対し明に服従していました。国内に明の軍隊を置くのを認め、明の軍隊は朝鮮国内から後金を攻撃しました。

後金は明との戦いで挟み撃ちにされるのを嫌いました。また、イ・グァルの乱で生き残った者たちが後金に逃げて助けを求めました。

そこで後金のホンタイジは朝鮮攻撃を決定しました。

1627年1月。後金は3万の兵で攻めてきました。

仁祖は漢城を脱出し江華島に逃げます。ジャジョムは仁祖の逃亡を助けました。後金は朝鮮と和平をむすびました。後金と朝鮮は兄弟の関係となりました。兄弟と言っても日本のようなゆるい関係ではありません。儒教の世界では弟は兄に逆らってはいけません。上下関係は絶対なのです。

この戦いを韓国では「丁卯胡乱」といいます。日本では「丁卯の役」といいます。

ジャジョムは正一位に昇進しました。

1633年。朝鮮軍都元帥(都元帥・軍の最高司令官)となりました。他にも幾つもの役職を兼務していました。

1633年7月。激務が続いたため、一部の役職を解任するように訴えましたが受け入れられませんでした。

後金は大清帝国(清)と名を変え、朝鮮に臣下になることを要求しました。

1636年。清が攻めてくるかもしれないと予想されたので、迎え撃つために平安道に派遣されました。ジャジョムは北方の守りを担当しました。

 

丙子胡乱(丙子の役)

1636年。清のホンタイジは10万の兵で朝鮮に攻めてきました。

朝鮮は兵の多い清との戦いはできるだけ避けて長期戦に持ち込む作戦でした。

ジャジョムは兎山の戦いで大敗。敗北の責任を問われて官職を奪われました。

清との戦いのあと、重臣や儒学者から非難が殺到。敗戦の責任を取らされて島流しになります。

1639年。仁祖によって釈放されましたが、政界復帰はできません。故郷に戻ったジャジョムは地元で治水工事を行い人工湖を作ります。その水のお陰で干ばつがおきても被害が少なくなりました。20世紀に入っても活用されたということです。

 

政治に復帰

1640年。政治の場に復帰します。司憲府が反対しましたが仁祖は反対意見を無視しました。

孫のキム・セリョンが貴人趙氏の娘・ヒョンミョン翁主と結婚。宮中での発言力を高めていきます。

キム・リュと結託し政治を行います。

1642年。兵曹判書になりました。

1643年1月。辞職しました。しかし3ヶ月後に復帰、議政府右議政などを歴任して清に派遣されました。

仁祖のクーデターに参加した元斗杓(ウォン・ヅピョ)と対立します。

1644年。兵曹判書。そのご、議政府左議政になりました。

清の通訳官・鄭命壽(ジョン・ミョンス)と結託して力を付けていきます。

キム・リュ、崔鳴吉(チェ・ミョンギル)、李時白(イ・シベク)らと対立するようになります。

1645年。昭顕世子、嬪宮姜氏が清から帰国しました。

 

昭顕世子一家殺害

親戚筋に当たる貴人趙氏は昭顕世子、嬪宮姜氏と対立していました。

仁祖は昭顕世子を快く思っておらず、ジャジョムは貴人趙氏とともに昭顕世子の殺害に加担したといいます。

さらに仁祖が嬪宮姜氏を快く思ってないことを知り。仁祖の食前に毒を入れ、その罪を嬪宮姜氏の侍女にかぶせました。それを口実に嬪宮姜氏を処刑、世子の息子3人を済州島に流します。嬪宮姜氏の兄弟も処刑しました。

キム・リュはこの処分に反対しましたが、仁祖の怒りを買って領議政の座を奪われました。その後、ジャジョムが領議政になりました。

1646年。清で捕虜になっていた林慶業(イム・ギョンオプ)が帰国しました。拷問にかけて死亡させます。ジャジョムは丙子胡乱のとき、清の援軍として派遣されたイム・ギョンオプが明に投降するのを助けました。それが口外されるのを恐れたためと言われます。

1646年。仁祖が死亡し、鳳林大君が即位して孝宗になりました。

 

孝宗時代

孝宗が即位すると司憲府と司諫院から激しい非難がおこるようになりました。

孝宗はギムジプ、宋時烈、ソン・ジュンギル、グォンシ、キム・サンホン、イユテなどを頼るようになりました。孝宗はジャジョムが嬪宮姜氏の罪を捏造したと考えており、ジャジョムは遠ざけられるようになりました。

ジャジョムは孝宗の考える北伐(清を成敗すること)に反対しました。そのことでさらに非難を浴びます。

1650年。ジャジョムは冠位を剥奪されて江原道 洪川に流されました。

1651年。流刑先では清に内通しました。朝鮮が北伐を計画していることなどを知らせました。しかし孝宗にばれてしまい全羅南道 光陽に流刑になります。

その後、息子キム・シクが謀反を起こそうとしたことがばれてしまいました。ジャジョムとキム・シクは処刑されました。息子のキム・リョンは拷問の最中に死亡しました。

貴人趙氏は莊烈王后趙氏と孝宗を呪った罪で毒を飲む死罪になりました。孫夫人ヒョンミョン翁主は島に流され、孫のキム・セリョンは処刑されました。

 

頭はいいけど血の気の多い仁祖の腹心

キム・ジャジョム頭が良い反面、せっかちで完璧主義者だったと言われます。血の気が多く「虎のようだ」とも言われました。しかし政治の能力もあったので仁祖に重用されました。しかし権力の乱用も多く非難も浴びます。

現実主義者のいち面もあります。清が統一後は、とても抵抗できるものではないから清に従わなければならないと考えていました。清に抵抗を主張する者たちからは疎まれることになります。

ジャジョムの後ろ盾となった仁祖がいなくなると不満を持っていたものたちから攻撃されます。政界から追われて処刑されることになるのです。

 

テレビドラマ

大明 KBS、1981年〜1981年、俳優:ギムスンチョル
南漢山城 MBC、1986年〜1987年、俳優:バクジョングァン
ハローイルジメ MBC、1995年、俳優:ベイルジプ
帰ってきたイルジメ MBC、2009年、俳優:パク・グニョン
馬医 MBC、2012年、演:グォンテウォン
宮廷残酷史-花たちの戦い JTBC、2013年、演:チョン・ソンモ
三銃士 tvN、2014年、演:パク・ヨンギュ
華政 MBC、2015年、演:チョ・ミンギ


PAGE TOP