李氏朝鮮の妃・側室

韓流時代劇「オクニョ」では文定大妃が奉恩寺(ポンウンサ)を改築すると言い出して、その資金を巡って問題がおこります。明宗の反対にも関わらず文定大妃は寺の改築を強行しようとします。それだけ文定大妃にとって奉恩寺は大切な寺でした。

李氏朝鮮の妃・側室

廃妃尹氏(ペビ・ユン氏)は李氏朝鮮史上初めて廃妃になった王妃です。嫉妬深い女性と伝わっています。成宗が女好きだったこともあり、嫉妬はたえなかったのでしょうが。王妃は嫉妬を見せてはいけませんでした。尹氏は廃妃になり、毒薬を飲むことになり ...

李氏朝鮮の妃・側室

仁穆王后(インモク王妃)は李氏朝鮮 第14代国王・宣祖の2番めの妃。

宣祖との間に息子が生まれました。しかしそれが不幸の始まりでした。息子と父は光海君と大北派によって廃され、殺害されてしまいました。自身も大妃の身分を奪われ ...

李氏朝鮮の妃・側室

懿仁王后(ウィイン王妃)は李氏朝鮮14代宣祖の王妃。宣祖の王妃というと2人めの仁穆王后(インモク王妃)が有名です。一人目の懿仁王后は子供がなかったため。宣祖からは冷たくされていました。

史実の懿仁王后(ウィイン王妃)はどん ...

李氏朝鮮の妃・側室

仁嬪金氏(インビン・キム氏)は李氏朝鮮14代国王・宣祖の側室です。

ドラマでは貴人金氏(クィイン・キム氏)と呼ぶこともあります。キム氏の息子を王の後継者にしようと活発に活動していた時期が貴人のころだったからです。

李氏朝鮮の妃・側室

 

李氏朝鮮16代国王・仁祖の後宮(側室)といえば、貴人趙氏が有名です。

しかし仁祖には他にも側室がいました。貴人張氏、淑儀朴氏、尚宮李氏などです。貴人趙氏が仁祖の寵愛を集めたことと、行いが派手だった ...

李氏朝鮮の妃・側室

仁元王后(イヌォン王妃)は粛宗の3人目の妃です。

16歳で王妃になりました。厳格な性格で強い意志の女性だったといいます。

淑嬪崔氏とも親しくし、延礽君(ヨニングン・後の英祖)の保護者となりました。

...

李氏朝鮮の妃・側室

壮烈王后(チャンニョル王妃)は仁祖の妃。

でも仁祖の寵愛を集めていた貴人趙氏のかげにかくれてあまり目立たない存在です。仁祖とはあまり仲はよくありませんでした。若くして未亡人になります。その後も粛宗の時代まで生きました。

李氏朝鮮の妃・側室

恵嬪楊氏(ヘビンヤン氏)は朝鮮4代国王・世宗の側室。6代国王・端宗の乳母となり育てた人物です。

首陽大君が権力を持つと端宗を守ろうとしましたが、首陽大君派によって処刑されてしまいます。

史実の恵嬪楊氏(ヘビンヤ ...

李氏朝鮮の妃・側室

貞熹王后(チョンヒワンフ)は李氏朝鮮7代国王世祖の正室。ドラマでは脇役として登場することが多く。あまり印象にないかもしれません。

貞熹王后は李氏朝鮮で初めて垂簾聴政を行った人物で。初めて大王大妃になった人なんです。 ...

PAGE TOP