和嬪 尹氏・跡継ぎ誕生のプレッシャーのなかで想像妊娠した正祖の側室

正祖の王妃側室2 李氏朝鮮の妃・側室

和嬪(ファビン) 尹(ユン)氏は李氏朝鮮の22代国王・正祖の側室。

正祖には子がいなかったので、跡継ぎを期待されて側室になりました。

側室になってまもなく、子供を身ごもったことがわかり。出産のための準備が進められました。ところが1年以上たっても子供は産まれませんでした。

さらに子供を産んだ宜嬪·成氏を呪ったと言います。

史実の和嬪 尹氏はどんな人物だったのか紹介します。

 

スポンサーリンク

和嬪 尹氏 の史実

いつの時代の人?

生年月日:1765年4月11日
没年月日:1824年1月14日

姓:尹氏
父:尹昌胤(ユン・チャンユン)
母:碧珍 李氏
夫:正祖

子供

彼女は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の主に22代正祖の時代です。

日本では江戸時代の人になります。

おいたち

1765年に生まれました。父は判官 尹昌胤(ユン·チャンユン)です。

1780年(正祖4年)2月21日。貞純大妃 金氏は正祖の側室を選ぶことにしました。

というのも、正祖の正室・孝義王后 金氏には子供がなく。最初の側室 元嬪 洪氏も側室になって1年足らずで急に亡くなってしまったからです。

そこで王室の跡継ぎのため、側室選びが始まりました。

最初は側室になる条件は16歳から18歳でした。ところが対象者が非常に少なかったので、15歳から19歳に広げてふたたび側室選びが行われました。

1780年(正祖4年)3月10日。尹氏は16歳の若さで側室に選ばれました。

「和嬪」の称号と、「慶寿宮」を与えられました。

想像妊娠

1780年(正祖4年)旧暦12月8日の記録には。「和嬪·尹氏が妊娠した。明るく微笑んでいる。1月に産室庁が設置される予定。2月に赤ちゃんに会える予定だ」と書かれています。

おなじ時期に内人(宮中の位の高い人に仕える侍女・後の宜嬪·成氏と思われます)が妊娠中だったことも記録されています。

年があけて、1781年(正祖5年)旧暦1月17日。予定通り産室庁が設置されました。

出産予定は2月でしたが、2月をすぎても出産の記録はありません。

1781年(正祖5年)旧暦11月2日。和嬪·尹氏の産室庁は解散しました。和嬪·尹氏が出産したという記録はありません。流産したという記録もありません。

1782年(正祖6年)旧暦9月7日。宜嬪·成氏が男子(文孝世子)を出産。

このとき正祖は「初めて父と呼ばれるようになった。」と書かれているので。和嬪·尹氏は子供を産んでいないようです。

正祖は生涯の間で2男2女の子がいました。でもその中には和嬪·尹氏の子はいません。

そのような理由で、和嬪·尹氏は想像妊娠したと考えられています。

また。1787年(正祖11年)に、孝義王后が想像妊娠した時も1年以上産室庁が設けられましたあと、解散しました。出産予定日が過ぎても何ヶ月も産室庁があるときは想像妊娠の可能性が高そうです。

正祖は、和嬪の親戚の 趙思偉 と 李文徳 を流刑にしました。

王妃が出産間近になると産室庁が設置されます。出産をサポートするためのチームが編成されるのです。側室の場合は規模は小さいですが似たような出産体制が編成されます。

和嬪は側室ですが、跡継ぎを期待されて名家から側室になったので特別に王妃と同じ待遇の出産のためのサポートチームが編成されました。

ところが和嬪の場合は産室庁が編成されて30ヶ月たっても子供が生まれなかったので正祖は非常に失望したようです。

その後、側室が懐妊した場合「出産が確実」と思える日になるまで産室庁は設置しませんでした。出産当日になってやっと出産体制が整えられることもありました。

王妃や側室には跡継ぎを産むという期待やプレッシャーが大きいせいか。李氏朝鮮では想像妊娠になる妃嬪が何人もいます。

 

王妃に嫉妬して、宜嬪·成氏を呪った?

朝鮮の公式記録ではありませんが、「頤斎乱稿」にはこのような内容が書かれています。

「頤斎乱稿」は正祖時代の文官・黃胤錫 (ファン・ユンソク)が書いた日記や集めた資料をまとめたものです。

「尹昌胤の娘が側室になった。昨年の洪嬪のときには 大明集の皇貴妃の例を真似て行った。今回は朝鮮の規則に従って「内命婦一品嬪」の礼法で任命が行われた。」

「和嬪尹氏の産室は30ヶ月たっても子供が産まれなかった。」

ここまでは公式記録と内容は同じ。

この後が問題です。

「和嬪尹氏は中宮(王妃)に過剰に嫉妬し、宜嬪·成氏を大声で叫んで呪いをかけた。こういうことがあったので人々は相談して宮殿に閉じ込めた。」

と書かれています。

どうやら王子を産んだ宜嬪·成氏を恨んでいたようです。期待されている自分が産めないのに、もともと侍女だった成氏が男子を産んだのでよけいに悔しかったのでしょう。

その後も宮中で暮らしたようです。

慶壽宮 和嬪尹氏は自分に合うときの礼儀作法をまとめた本を書いています。身分の高い家の出身らしく礼儀作法にはうるさかったようです。

1824年(純祖24年)。旧暦1月14日 和嬪尹氏はなくなりました。享年60。

 

テレビドラマ

イ・サン 2016年、MBC 演:ユ・ヨンジ
赤い袖口? 2021年、MBC 演:

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました