スポンサーリンク

孝恭章皇后孫氏(孫皇后)オイラトの捕虜になった朱祁鎮(英宗)の母

明 4.6 明

孫皇后(皇太后)は、中国ドラマ「女医明妃伝~雪の日の誓い~」、「大明皇妃」にも登場する明時代の皇后(皇太后)

孝恭章皇后(こうきょうしょうこうごう)とよばれます。

史実の孫皇后はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

孝恭章皇后孫氏の史実

いつの時代の人?

生年月日:1399年
没年月日:1462年

姓:孫氏
名:不明
称号:孝恭章皇后(こうきょうしょうこうごう)
父:孫愚
母:董氏
夫:宣徳帝

子供:常徳公主、朱祁鎮(英宗)

彼女は明王朝の第5代皇帝・宣徳帝の側室→正室

第6代正統帝の母親です。

日本では室町時代になります。

おいたち

鄒平出身(現在の中国・山東省)

父は役人・孫愚。孝恭章皇后は四女でした。

1410年。10代のころ。孫氏は太子妃張氏(後の誠孝皇后)の母の勧めで朱高熾しゅ こうし(後の洪熙帝)の屋敷で働き始めます。

朱高熾の息子・朱瞻基しゅ せんき(後の宣徳帝)と知り合い親しくなります。お互いに惹かれ合う関係でした。

孫氏は美人だったので朱瞻基しゅ せんきに見初められたのでしょう。

1417年。胡善祥こ ぜんしょうが朱瞻基の正室になりました。朱瞻基の祖父・永楽帝の決定です。孫氏は側室になりました。

しかし朱瞻基しゅ せんきは祖父の決めた正室があまり好きになれません。美人の孫氏を寵愛しました。

1424年。朱高熾しゅ こうし(洪熙帝)が即位。朱瞻基しゅ せんきが皇太子になりました。

娘の常徳公主が生まれます。

孫氏は皇太子嬪になります。(皇太子妃ではない)

しかし病弱な洪熙帝は即位してわずか1年で死亡。

1425年。朱瞻基しゅ せんき(宣徳帝)が即位しました。

孫氏は貴妃になります。側室で最高位です。

皇后には胡善祥こ ぜんしょうがなりました。

皇后になる

1428年。孫貴妃が息子を出産しました。その男子が朱祁鎮しゅ きちん(後の正統帝・英宗)です。

すると宣徳帝は大喜び。長男の朱祁鎮しゅ きちんを皇太子にしたいと思うようになります。

そこで胡善祥こ ぜんしょうを「病気で男子がない」という理由で廃位させたうえに出家させて道教の司祭(道士)にします。

孫貴妃を皇后にしました。

父の孫愚は孫忠と名前を変えて会昌伯になりました。

孫皇太后の時代

1435年。夫の宣徳帝が死去。息子の朱祁鎮しゅ きちん(正統帝)が即位しました。

孫皇后は皇太后になりました。

1449年。明とオイラトの戦争が始まります。土木の変で正統帝がオイラトの捕虜になりました。オイラトは身代金を要求しました。

孫皇太后と錢皇后(正統帝の正室)は身代金を払おうとします。しかし重臣たちは反対。朱祁鈺しゅ きぎょく(景泰帝)を擁立しました。重臣たちは孫皇太后と錢皇后に皇帝になるのを認めるように要求しました。

孫皇太后と錢皇后は仕方なく認めます。

孫皇太后は上聖皇太后と呼ばれました。

その後、正統帝は釈放され明に返ってきますが景泰帝に幽閉されてしまいます。孫皇太后は幽閉された朱祁鎮しゅ きちんが寒さで凍えないように綿の服を何度も送りました。

1457年。重臣たちが反乱を起こして幽閉されていた朱祁鎮しゅ きちんが救出されました。

孫皇太后はた朱祁鎮しゅ きちんを再び皇帝に任命。二度目の即位では天順帝と呼ばれます。皇帝の呼び方が2つもあるのは煩わしいので廟号の「英宗」で呼ばれることもあります。

1462年。死去。「孝恭懿憲慈仁荘烈斉天配聖章皇后」の諡(おくりな)が与えられました。

省略して孝恭章皇后と呼ばれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました