李氏朝鮮の王子・王女

普城大君は李氏朝鮮の王族。後に王になって「中宗」と呼ばれます。

普城大君は王妃から産まれた嫡流の血筋でしたが、普城大君が産まれたときには既に世子として燕山君がいたので王になるはずではありませんでした。

ところが ...

李氏朝鮮の重臣

任士洪(イム・サホン)は成宗や燕山君に仕えた重臣。
とくに燕山君にうまく取り入って権力を手にした人物として描かれることが多いです。

ドラマでは悪役のような任士洪(イム・サホン)ですが、彼自身も士林との対立や燕山君の ...

李氏朝鮮の妃・側室

張緑水(チャン・ノクス)は10代国王・燕山君の側室。

朝鮮三大悪女のひとりです。

奴婢の身分から王の側室になり。王室の財産を私物化したりやりたい放題でした。そのせいで民衆や役人たちから恨まれてしまいます。

李氏朝鮮の重臣

慎守勤(シン・スグン)は燕山君の義理の兄で、中宗の義理の父です。

妹が燕山君と結婚して王妃になったおかげで慎守勤は高い地位を得ました。
娘も王族の普城大君(後の中宗)に嫁がせるなどこのまま一族の栄華が続くかに思われ ...

李氏朝鮮の妃・側室

端敬王后 慎氏は李氏朝鮮王朝・第11第国王中宗の最初の妃です。

王妃になってわずか7日で位を奪われてしまいました。朝鮮史上もっとも在位期間の短い王妃です。

廃妃になったとはいえ慎氏はなにも悪いことはしていません ...

PAGE TOP