スポンサーリンク

耶律喜隠(やりつ きいん)反乱を繰り返す契丹の皇族

契丹9 その他の国や民族

耶律喜隠(やりつ・きいん)は10世紀の契丹(遼)の皇族。

遼太祖 耶律 阿保機(やりつ・あぼき)の孫。

耶律 李胡(やりつ・りこ)の長男です。遼太祖の三男・李胡はかつて兄弟と争い皇帝の座を狙ったこともありました。でも皇帝にはなれませんでした。

喜隠は父を皇帝にしようと謀反を計画しますが失敗。そのときは李胡が死亡したので若かった喜隠は釈放されました。

ところがその後も何度か謀反を計画、そのたびに投獄されては釈放を繰り返します。

しかし謀反を繰り返す景宗に我慢の限界が来て幽閉されてしまいます。そこに宋兵の反乱も加わり担がれそうになったので処刑されました。

耶律喜隠とはどのような人物だったのか紹介します。

 

スポンサーリンク

耶律喜隠 の史実

生年月日:不明
没年月日:982年

姓名:耶律喜隠(やりつ・きいん)
字:完徳

国:大契丹国(遼)
称号:趙王、宋王

父: 耶律李胡(やりつ・りこ)
母:懐節蕭皇后
妻:蕭氏

子供:耶律留禮壽

契丹家系図

彼は大契丹国(遼)の第4穆宗~5代景宗の時代です。

日本では平安時代になります。

おいたち

耶律喜隠(やりつ・きいん)の生年は不明。

父は耶律李胡(やりつ・りこ)

李胡は遼の建国者・太祖 耶律阿保機(やりつ あぼき)の三男。
太祖の三人の息子のうちの末っ子。
李胡は 太祖の正室 述律皇后から最も可愛がられ。述律皇后は李胡を次の皇帝にしようと考えていました。述律皇后の野望は実現しませんでしたが、李胡やその息子の喜隠は皇帝の座に対する野望を持ち続けることになりました。

母は不明。

喜隠の体格は大きく立派でした。

遊牧民らしく騎射が得意でした。

時期は不明ですが「趙王」になりました。

穆宗の時代

960年(応暦10年10月)。穆宗は反乱を計画。父の李胡を皇帝にしようとしましたところが計画はばれてしまい逮捕されました。

いとこで皇帝の穆宗が直々に尋問。父の耶律李胡が関わっていることがわかり、李胡も逮捕されました。李胡は獄中で死亡します。

穆宗は李胡が獄中で死亡したという報告を聞くと、喜隠がまだ若くて皇族のいち員ということもありそれ以上罰しようとはしませんでした。

961年(応暦11年2月)。穆宗は喜隠を釈放しました。

喜隠は根気がなく少し成功すると満足して慢心してしまうところがありました。

ところが喜隠はその後も反乱を起こして再び投獄されてしまいます。

 

景宗の時代

969年(応暦19年)。穆宗が暗殺され。景宗が即位しました。皇帝が変わったので大赦が行われ軽犯罪者が釈放されました。

喜隠も釈放されました。喜んだ喜隠は皇帝になった景宗のところに挨拶に行きました。衛兵達は誰も喜隠を止めようとはしませんでした。

ところが景宗は喜隠がやってくると「お前は罪人だ。よくも勝手に牢から出て宮中に来たな」と言って喜隠を再び投獄。喜隠を釈放した牢番を処刑しました。

蕭皇后の姉と結婚

その年。遼宗は「保寧」に改元。

景宗にどういう心境の変化があったのかはわかりませんが。喜隠を釈放しました。周囲の者が説得したのかもしれません。

景宗は喜隠に新しく「宋王」の称号を与え、蕭皇后の姉の蕭氏と結婚させました。

あるとき皇帝が喜隠を呼び出しました。ところが喜隠はなかなか現れません。遅れてやってきた喜隠に対して皇帝は喜隠をムチ打ちにしました。怒った喜隠は反乱を計画しました。

974年(保寧6年)。喜隠の計画はバレて投獄されました。でも景宗は許して釈放しました。

景宗に忠告

釈放された喜隠は景宗に会いに行きました。

ちょうど景宗は従属国の北漢の皇帝・劉継元に送る信書を書いているところでした。景宗は丁寧な言葉使いで書いていました。

それに気がついた喜隠は景宗に「我が国は北漢の宗主国です。そんな書き方をしたら国の体面に傷が付きます」と忠告しました。景宗はその意見を聞いてすぐに信書を書き直しました。

また反乱計画で幽閉

977年(保寧9年6月)。喜隠は景宗から南西方面招討使に任命されました。

977年(保寧9年11月)。河東の吐谷渾(とよくこん、鮮卑系の遊牧民)の民400軒ほどが反乱を起こし太原に侵入しました。喜隠は彼らを捕まえて元いた土地に帰しました。

980年(乾亨2年6月)。複数の者にそそのかされて反乱を計画しました。その計画も景宗にバレて喜隠は逮捕されました。喜隠は手足を拘束され、祖州の土牢に幽閉されました。

宋の投降兵の反乱に巻き込まれる

981年(乾亨3年5月)。北宋から投降した兵200人あまりが反乱を起こしました。兵たちは喜隠をさらって皇帝に担ごうとしていました。

でも祖州の城は守りが堅く200人の兵では突破できませんでした。そこで反乱軍は喜隠の子の耶律留礼寿を担いで王にしたと宣言しました。上京留守が反乱軍を撃破して留礼寿は捕らえました。さらに喜隠が幽閉されていた土牢は撤去されました。

7月に留礼寿は処刑。喜隠は賜死になりました。

 

ドラマ

燕雲台 2020年、中国 演:季晨

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました