ミーユエ・登場人物紹介とネタバレ

6.1 ドラマ人物紹介

中国ドラマ「ミーユエ・王朝を照らす月」は古代中国の春秋戦国時代を舞台にした時代劇。

主人公は羋 月(ミー・ユエ)。歴史上は秦の宣太后と呼ばれる人物です。

宣太后は秦の昭襄王の母、始皇帝の高祖母。「コウラン伝」よりも前の世代を描いています。

若い昭襄王の母として大きな権力を持っていたといわれます。

主な登場人物とモデルになった実在の人物を紹介します。一部ネタバレ要素があるのでご注意ください。

「ミーユエ・王朝を照らす月」の主要キャストを紹介します。

時代背景

ミーユエの舞台になった時代。紀元前300年ころの中国はこのようなかんじで。主要な国だけでもこのよう別れていました。実際には小さな国は他にもありました。

ドラマの羋月(ミー・ユエ)が生まれたのは楚国。やがて秦に嫁ぎます。

紀元前300年ころの中華

羋月が生まれた当時、楚の国は大国でした。やがて秦の国が強くなります。秦の国を春秋戦国時代最強の国に育てたのが宣太后(羋月)の息子・昭襄王です。古代中国は後に秦の始皇帝が統一します。その基礎を作ったのが昭襄王です。

主要人物

羋 月(び・げつ/ミー・ユエ)

 演:孫 儷 (スン・リー)

秦の宣太后(せんたいこう)

楚威王と向氏の娘。月公主と呼ばれます。予言のために幼い頃から王妃(威后)から嫌われていました。羋姝や黄歇とともに秦国に行きます。秦では恵文王に嫁ぎ8人の子を生みました。恵文王の死後、燕国に人質に出されます。秦武王の死後、義渠王と再婚。息子の嬴稷が王になりました。宣太后とよばれます。

・宣太后の詳しい説明はこちら

羋 姝(び・まい)

演:劉濤(リウ・タオ)

モデルは 恵文后。

楚威王の娘。楚国にいるときは優しい娘でユエをかばっていました。秦国の恵文王と結婚。嬴蕩を生みますが、自分の言動がもとで恵文王から寵愛を失っていきます。さらに嬴蕩を守ろうとしてユエとも仲が悪くなっていきます。恵文王の死後、ユエを燕国に人質に送り殺害を試みますが失敗。嬴蕩の死後、嬴壮を王にしようとしますがユエの子・嬴稷が王になります。最後は清涼殿に軟禁されて余生を送ることになります。

・恵文后の詳しい説明はこちら

黄 歇(こう・あつ)

演:黄 軒(ホアン・シュアン)

楚公子 春申君(しんしゅんくん)
ユエの幼馴染で恋人。ユエと一緒に逃げようとしましたが崖からおちて記憶喪失になりますが後に記憶を取り戻してユエを助けます。

戦国四君の一人。実在の黄歇は宣太后より一世代あとの人物。時期的には「コウラン伝」の時代に楚国で宰相をしていた人物。強大になった秦国に対抗。趙国の宰相・平原君たちと協力して邯鄲開放を実現した一人。歴史上の黄歇は宣太后とは全く関わりありません。

・黄歇(春申君)の詳しい説明はこちら。

翟驪(たく・れい)

演:高雲翔(ガオ・ユンシャン)

義渠(ぎきょ)は秦よりも西の地域にいた騎馬遊牧民。

翟驪は義渠王でした。秦に降伏後は義渠君と改称。羋月の再婚相手。羋月を愛していますが、羋月の息子・嬴稷からは嫌われています。義渠と秦の関係は悪化して翟驪は秦の宮殿を去ります。弟分の虎威が死んだことをきっかけに秦軍と戦い蒙驁将軍の矢を受けて戦死。

歴史上の義渠王の名前は記録に残っていません。義渠王は宣太后と愛人関係になり、二人の子供が生まれたといいます。秦の策略で滅ぼされました。

楚国

ドラマ前半の舞台になる国。羋月や羋姝の出身国。

楚威王/羋商(び・しょう)

演:趙文瑄(ウィンストン・チャオ)

羋月や羋姝の父。ドラマ序盤で死亡。

楚威后

演:姜宏波(チアン・ホンボー)

楚威王の妻。楚威王の死後、息子の楚懷王が即位。「威后」と呼ばれます。羋姝の生母。南后とは仲がよくありません。羋姝が嬴蕩を出産した後に病死。

楚懷王/羋槐(び・かい)

演:曹征(ツァオ・ジョン)

本名は羋槐。楚威王と楚威后の息子。

南后/鄭袖

演:袁志博(ユエン・ジーポー)

本名は鄭袖。楚懷王の寵姫。威后とは仲が悪いです。威后がユエを嫌っていることを知り、ユエを助けたこともあります。

歴史上は南后と鄭袖は別人。鄭袖は嫉妬深く、側室たちを陥れていた人物とされます。ドラマでは南后の本名が鄭袖ということになってます。

・南后・鄭袖の詳しい説明はこちら

秦国

羋月や羋姝が嫁ぐ国。ドラマ中盤と最後で舞台になります。

嬴駟(えい・し)

演:方 中信(アレックス・フォン)

秦王→秦恵文王
天下統一を目指しています。先見性と思いやりのある王。
羋月を愛していました。嬴稷、嬴蕩、嬴華の父親。

魏 琰(ぎ・たん)

演:馬 蘇(マー・スー)

魏夫人。恵文王の側室。
魏国出身。恵文王の最初の王妃の妹。自分も王妃になりたいと考えています。羋姝と羋月をライバル視しています。最後は病気のため雍城で死亡。

架空の人物。歴史上の「魏夫人」は恵文后が王妃になる前の称号でした。恵文后の人生を二人に分けたのが 魏 琰と羋 姝になります。

公孫衍(こうそん・えん)

演:曹衛宇(ツァオ・ウェイユイ)

恵文王の参謀。張儀とは対立しています。義渠と協力して花嫁行列を乗っ取ろうとしましたが、王にバレて魏に逃亡しました。

歴史上も最初は秦に仕え後に魏に仕えた策士。

樊長使(はん・ちょうし)

演:斕曦(ラン・シー)

樊国出身。公子・通の母。臆病な性格。

長使・少使は低いランクの側室。

燕国

羋月が人質に出される国。

孟嬴(もう・えい)

演:毛俊杰(マオ・ジュンジエ)

燕易王后。秦恵文王の娘。太子時代の燕易王と結婚。
羋月のことを快く思っていません。

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました