華政の登場人物紹介とネタバレ

1 ドラマ紹介

韓国ドラマ「華政(ファジョン)」は李氏朝鮮を舞台にした時代劇。

14代朝鮮王・宣祖の死の直前から、17代朝鮮王・孝宗が即位するまでの長い期間が舞台のドラマです。

主人公は実在した王女・貞明公主。

主な登場人物とモデルになった実在の人物を紹介します。一部ネタバレ要素があるのでご注意ください。

華政とは

番組タイトルの「華政」は歴史上の貞明公主が毛筆で書いた文字から。

意味は「華麗な政治」。理想の政治を意味します。派閥争いや戦争の時代を生き抜いた貞明公主の願いが込められているとも。

番組タイトルに使われているロゴも貞明公主の書いた文字をもとにデザインされています。

スポンサーリンク

主要人物

貞明公主(チョンミョンコンジュ)

 演:イ・ヨニ(李沇熹)
 声:生天目仁美(なばため ひとみ)

宣祖の娘。ナムサゴの予言のため。光海君の即位後、大北派に命を狙われます。漂流していた所を奴隷船に拾われ日本の硫黄鉱山で働くことに。日本に戻ってきたあと王女に復帰。光海君から仁祖の時代を生き抜きます。

最終回。即位した孝宗に番組タイトルにもなった「華政」と書いた書を贈り、あとの政治を託します。

ドラマは17代孝宗が即位したところで終わりますが、歴史上は19代粛宗が即位したころまで生きていました。朝鮮史上もっとも長生きした王女。

ドラマでは日本に行ってますが。史実では日本には来ていません。光海君即位後から仁祖即位までは 母・仁穆大妃と一緒に西宮に軟禁状態でした。

・貞明公主の詳しい説明はこちら

洪柱元(ホン・ジュウォン)

 演:ソ・ガンジュン(徐康俊)
 声:濱野大輝(はまの だいき)

名家、豊山ホン氏の一族。ホン・ヨンの長男。貞明公主の夫になります。光海君を憎んでいましたが、光海君の理想を知り協力することに。その後、貞明公主とともに理想の政治を目指して昭顕世子に協力します。正祖(イサン)の母・恵慶宮洪氏の祖先。

・洪柱元の詳しい説明はこちら

光海君(クァンヘグン)

 演:チャ・スンウォン(車勝元)
 声:神奈延年(かんな のぶとし)

第15代朝鮮王
本名:李琿(イ・ホン)
朝鮮王・宣祖の庶子で次男。李爾瞻(イ・イチョム)や金介屎(キム・ゲシ)の暗躍を認めながらも理想の政治を目指します。綾陽君に反乱をおこされ失脚。

・光海君の詳しい説明はこちら。

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖

 演:キム・ジェウォン(金載沅)
 声:鳥海浩輔(とりうみ こうすけ)
のちの第16代朝鮮王・仁祖
本名:李倧(イ・ジョン)

宣祖の五男・定遠君の長男。光海君の甥。光海君を憎しみ倒そうとします。反乱を起こして光海君を王座から引きずり下ろし自分が王になります。

・仁祖(綾陽君)の詳しい説明はこちら

姜仁祐(カン・イヌ)

 演:ハン・ジュワン(韓周完)
 声:西谷修一(にしたに しゅういち)

カン・ジュソンの庶子。貞明公主が好きでしたが、洪柱元(ホン・ジュウォン)に奪われ彼らと対立することに。でも悪にもなりきれず最後は姜周愃(カン・ジュソン)を追い詰める側にまわります。

姜周愃(カン・ジュソン)

演:チョ・ソンハ(趙成夏)
声:広瀬彰勇(ひろせ あきお)

漢城判尹。朝鮮の大富豪で広い人脈を持っています。君主や派閥が変わっても常に裏から朝廷を影で操ろうとしています。最後は姜仁祐(カン・イヌ)の裏切りにあい、貞明公主たちに破れて命を落とします。

朝鮮王族

宣祖

演:パク・ヨンギュ(朴英奎)

第14代朝鮮王。

・宣祖の詳しい説明はこちら

仁穆大妃(インモクテビ)

演:シン・ウンジョン(申恩廷)

宣祖の繼妃。貞明公主・永昌大君の生母。

・仁穆大妃の詳しい説明はこちら。

永昌大君(ヨンチャンテグン)

演:チョン・ジンソ(全真㥠)

貞明公主の弟。大北派に囚われ殺害されます。

・永昌大君の詳しい説明はこちら。

臨海君(イムヘグン)

演:チェ・ジョンファン(崔鐘煥)

宣祖の長男。光海君の同母兄

素行のあまりよくない王子。大北派重臣の李爾瞻(イ・イチョム)によって殺害されます。

・臨海君の詳しい説明はこちら。

定遠君(チョンウォングン)

演:チャン・スンジョ(張勝祖)

綾陽君の父親
光海君の異母弟

仁烈王后(インリョルワンフ)

演:イ・スンテ(李承雅)

仁祖の正室。
昭顕世子と鳳林大君の母親。

荘烈王后(チャンリョルワンフ)

演:キム・チェビン(金彩彬)

仁祖の継妃。

・荘烈王后の詳しい説明はこちら。

昭顕世子(ソヒョンセジャ)

演:ペク・ソンヒョン(白成鉉)

仁祖の長男

清に人質に行っていた王子。貞明公主や洪株元とともに正しい政治を行おうとしますが志半ばで死亡。

・昭顕世子の詳しい説明はこちら。

鳳林大君(ポンリムテグン)/孝宗

演:イ・ミンホ(李敏豪)

仁祖の次男。昭顕世子の弟。
後の第17代朝鮮王・孝宗

・鳳林大君(孝宗)の詳しい説明はこちら。

世子嬪 姜氏

演:キム・ヒジョン(金希庭)

昭顕世子の正室。

・世子嬪 姜氏の詳しい説明はこちら。

朝鮮臣下とその家族

洪霙(ホン・ヨン)

演:オム・ヒョソプ(嚴孝燮)

洪柱元(ホン・ジュオン)の父親。

李徳馨(イ・ドッキョン)

演:イ・ソンミン(李聖旻)

号は 漢陰(ハヌム)
光海君時代の領議政。
ナムサゴ(南古師)の預言を知る人物。光海君を正しい方向に導こうとしますが殺害されます。

・李徳馨の詳しい説明はこちら。

金介屎(キム・ゲシ)

演:キム・ヨジン(金麗珍)

宣祖と光海君に仕えた承恩尚宮。
宣祖を毒殺後、光海君に仕えます。光海君のために暗躍。

・金介屎の詳しい説明はこちら。

李爾瞻(イ・イチョム)

演:チョン・ウンイン(鄭雄仁)

光海君を擁立した大北派の首領。
様々な人物の殺害に関わります。

・李爾瞻の詳しい説明はこちら。

趙汝貞(チョ・ヨジョン)/昭容 趙氏

演:キム・ミンソ(金旼序)

金自點(キム・ジャジョム)の計画で綾陽君(ヌンヤングン)に近づきます。後に仁祖の後宮に貞明公主と対立。昭顯世子夫婦と陥れます。最後は毒を飲んで死亡。歴史上は貴人に出世後、処刑。

・貴人 趙氏の詳しい説明はこちら。

金自點(キム・ジャジョム)

演:チョ・ミンギ(趙敏基)

仁祖反正(綾陽君が起こした反乱)を成功させた功西派の首領。
仁祖時代の朝廷を牛耳った重臣。

・金自點の詳しい説明はこちら。

李元翼(イ・ウォニク)

演:キム・チャンワン(金昌完)

号:梧里。
宣祖、光海君に仕えた重臣。

・李元翼の詳しい説明はこちら。

許筠(ホ・ギュン)

演:アン・ネサン(安内相)

号:蛟山。

表向きは光海君に忠誠を尽くすふりをしています。姜周愃(カン・ジュソン)と手を組んで暗躍。かつて命を失った仲間の仇をとるため光海君を討とうとします。

尹(ユン)氏夫人

演:カン・ムニョン(姜文英)

姜周愃(カン・ジュソン)の正妻。庶子の姜仁祐(カン・イヌ)を快く思っていません。

洪萬容(ホン・マンヨン)

演:パク・ミンス(朴民洙)

洪株元と貞明公主の次男。
正祖(イサン)の母・恵慶宮洪氏の祖先。

 火器都監(ファギトガム)

火薬の製造を行う部署。

ジャギョン(慈勁)

演:コン・ミョン(孔明)

貞明公主が日本の硫黄鉱山で出会った少年。朝鮮に帰国後、貞明公主の護衛になります。

チャン・ボンス(張峰首)

演:パク・ウォンサン(朴元相)

火器都監の焰硝職人

ヨン・プ(栄富)

演:キム・グァンギュ(金光奎)

火器都監の硫黄職人

オクチュ(玉珠)

演:ファン・ヨンヒ(黄英熙)

火器都監の炊事係。

ウンソル(銀雪)

演:ヒョン・スンミン(玄升玟)

オクチュの娘。後に貞明公主の付き人になります。

後金・清

ホンタイジ(皇太極)

演:チョン・ソンウン(鄭成雲)

清の皇帝。
愛新覚羅(アイシンギョロ)氏

ヨンゴルテ(英俄尔岱)

演:キム・ジュンベ(金泰漢)

本名は イングルタイ。
劇中の呼称 ヨンゴルテは韓国式発音。

清の将軍。
他塔喇(タタラ)氏

オボイ(鰲拝)

演:キム・サンイル

清の重臣。
瓜尔佳(グワルギャ)氏

鄭命壽(チョン・ミョンス)

後金・清の通訳。元朝鮮人。

その他

南師古(ナムサゴ)

演:チョン・ムソン(全茂松)

預言者。
この物語の原因を作った人。

丸野(まるの)

演:チャン・ヒョクジン(張赫振)

貞明公主が送られた硫黄鉱山の主人。元朝鮮人。

伊達(イダチ)

演:大谷亮平(おおたに りょうへい)

洪柱元(ホン・ジュウォン)が江戸で出会った硫黄商人。後にホン・ジュウォンとは朝鮮で再開。後金との戦争が迫っていることを伝えます。

名字は伊達(だて)。でも朝鮮人からは「イダチ」と呼ばれています。

演じているのは、現在は日本で活動している日本人俳優の大谷亮平。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました