PR

大宋宮詞(だいそうぐうし)あらすじ全話一覧

大宋宮詞 f あらすじ

中国ドラマ「大宋宮詞(だいそうきゅうし) ~愛と策謀の宮廷絵巻~」のあらすじ全話一覧紹介記事です。

主人公は10世紀の宋の時代に実在した章献明粛皇后 劉娥(りゅう・が)。

庶民として生まれ育った劉娥は皇子の趙元侃と出会い。趙元侃が真宗皇帝になると後宮入して側室から皇后になり。真宗皇帝の死後は幼い仁宗皇帝の代わりに摂政皇太后になって国の政治を行いました。

章献明粛皇后は唐の武則天、漢の呂皇后と比較される中国三大女主。悪女として語られがちな彼女を新たな視点で描いた時代劇です。

西暦976年。北宋では第2代皇帝 太宗(たいそう)趙光義(ちょう・こうぎ)が即位しました。太宗は燕雲十六州の奪回を目指して何度も遠征するも失敗。さらに戦場で怪我をしていました。

自分の命が残り少ないと感じた太宗は皇太子を決めることにしました。でも太宗は自分の子供にあとを継がせたいと思っていました。

皇太子になったのは第3皇子 趙元侃(趙恒に改名)。趙元侃と劉娥の関係に反対する太宗ですが、劉娥の生んだ皇子・吉を抱くと大喜び。

やがて太宗が崩御。趙恒が第4代皇帝 真宗になります。

劉娥は息子の趙吉とともにひっそりと暮らしていましたが。やがて宋と遼の間に戦争が起きて親子は戦争に巻き込まれます。

 

 

PR

番組情報

原題:大宋宮詞
英語:Palace of Devotion
2021、中国
全61話

キャスト

劉娥(りゅう・が)/章献明粛皇后
演:劉濤(リウ・タオ)

趙恒(ちょう・こう)/真宗
演:周渝民(ヴィック・チョウ)

郭清漪(かく・せいい)
演:斉溪(チー・シー)

李婉児(り・えんじ)
演:劉聰(リウ・ツォン)

寇準(こう・じゅん)
演:梁冠華(リャン・グァンホア)

蘇義簡(そ・ぎかん)
演:曹磊(ツァオ・レイ)

 

大宋宮詞 全話一覧リスト

 

→1・2・3・4話を見る

劉娥と第3皇子、襄王・趙元侃の出会い。
劉娥が秦王府に潜入。
秦王が謀反。
治水に派遣される皇子たち。

→5・6・7・8話を見る

被災地で疫病が蔓延。
趙元侃と劉娥が戻ってくる。
太宗皇帝の崩御。真宗 趙恒が即位。
趙吉が遼に人質に。

 

→9・10・11・12話を見る

遼から来た耶律康を教育する劉娥
タングートと褆摩に頭を悩ます真宗
耶律康の亡骸と文伽凌が到着。
劉娥が遼に向かう。

→13・14・15・16話を見る

遼の蕭皇太后から和睦の提案。
遼が進軍開始。
講和の使者・曹利用が味方に足止め。
貴妃懐妊に真宗 趙恒が激怒。

→17・18・19・20話を見る

澶淵に真宗到着。
劉娥が宋に戻る。
帰国した趙吉が死亡。
宋と遼が和睦(澶淵の盟)。

 

→21・22・23・24話を見る

皇陵に向かう劉娥と李婉児
疱瘡が蔓延して劉娥に会いに行こうとする真宗
宮中で疱瘡が流行、劉娥が密かに戻る。
佑皇子死亡。

 

→25・26・27・28を見る

劉娥が徳妃になる。
遼から使者がやってくる。
宮中で山猫騒ぎ。
李婉児が側室になる。

 

→29・30・31・32話を見る

真宗の病気を隠す劉娥に大臣が批判。
劉娥は5日で鳳袍を仕立てるため奔走。
王欽若の企みと鳳袍の完成。
劉娥を皇后にという話が出る。

 

→33・34・35・36話を見る

李婉児が懐妊。宸妃に昇格。
劉娥が皇后になる。
劉娥の子の性別が問題に。
劉娥が腹痛に襲われる。

 

→37・38・39・40話を見る

劉娥が流産。真宗は李婉児の子を劉娥に育てさせることに。
李婉児は火事の中、男子を出産。
息子を奪われた李婉児。口を閉ざす真宗。
実の子と知らずに皇子に接する李婉児

→41・42・43・44話を見る

潘家の没落。
10年経過。皇太子 受益は無事成長。
真宗が病に、劉娥が朝議に参加。
遼から皇子・耶律宗願がやってくる。

→45・46・47・48話を見る

建築ラッシュに劉娥反発。
真宗は封禅を決定。
皇太子・趙禎は冷宮で李婉児に会う。
真宗が泰山で崩御。そのとき劉娥は。

 

→49・50・51・52話を見る

真宗無言の帰京。李婉児も他界。
仁宗 趙禎の補佐で皇太后劉娥が朝議に参加。
仁宗 趙禎は曹汝を好きに。
王欽若の提案で陵墓の工事。

→53・54・55・56話を見る

真宗 趙恒の埋葬が完了。
劉娥の垂簾聴政が正式にスタート。
皇后に郭清悟が決定。でも仁宗は反発。
仁宗は曹汝とともに家出。

 

随時更新予定

57・58・59・60・61話(最終回)

出生の秘密を知った仁宗。
曹鑑たちは劉娥に政権返上を訴えるが。
仁宗が探していた真相が明らかに。
仁宗は劉娥と和解。郭清悟が皇后、曹汝が貴妃になる。
死期を悟った劉娥の最後の願いとは。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました